はじめてのやさいづくりyodaaaa

畑での野菜づくりメモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フィレンツェなす発芽

2017-04-25 | なす

トマトと同時に発芽を試みるも全く反応なく

発芽適温が20から30度も必要ということを後で知る

殻が硬そうなのもよくなかったのかなと思い

ナイフの刃先で殻を少しだけキズをいれてみる。

小皿の中に湿らせたキッチンペーパーを敷いて

ラップをして空気穴も作り、黒布で包んで

LED照明の上にのせて加温。

すると2日ほどで根っこが伸び始める。

ラップが曇るほどにあったかくなったのがよかったらしい。

ただし12粒中2で発芽率17%

さらに、トマトと同じ状態で日数が経ってしまったので

なすにしてみれば、「湿気がちで低温状態」が続いたのがいけなかったのでしょう

3粒ほどで白カビが発生

 

本来は2月中~3月中旬にトンネルでも発芽させることができるらしい。

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ミニトマト収穫11月 | トップ | アロイトマト・サンマルツァ... »

なす」カテゴリの最新記事