ヨダログ

囲碁棋士 依田紀基のブログ

教師のレベル低下は国力の低下

2017-05-17 | 日記

ネットで信じられないニュースを見た。大阪市の小学校の教師が酒に酔った状態で担任する男児の自宅を訪れて、

男児に暴行を加えていた疑いがあるとのことだった。こんな教師が今でもいるのかと愕然とした。

そして、40年近い昔の悪夢が思い起こされた。

特に中学校では僕に辛く当たる教師が多かった。僕が学校の勉強が出来なかったからである。

自慢ではないが、僕の中学3年の通知表はほぼオール1である。

2学期と3学期は完璧なオール1であったが、1学期は社会科だけどういうわけか、2だった。

ただし、×がついていた。2×ということは1に近い2ということである。どうせなら全ての学期をオール1にして欲しかった。

それはともかくとして、僕が安藤武夫先生の内弟子になり、渋谷区の中学校に通うことになったが、

この中学校の教師はろくでもない人間が多かった。暴力教師が2人もいた。最悪だったのは英語教師だった。

この英語教師は放課後に僕を一人教室に残してアルファベットの書き取りを命じて来た。今考えてもこの英語教師の頭の構造を疑う。

生徒を教室に一人残して、アルファベットの書き取りをさせて英語力が上がるとでもいうのか?

しかもこの教師が付き添って指導するわけでもない。僕は二度目に放課後の居残りを命じられた時に、

当然のことながら、あまりの馬鹿馬鹿しさに安藤家に帰って碁の勉強をしていた。

そしたら安藤家に英語教師から電話がかかってきた。

学校に来いという。僕が学校に行くと、英語教師と体育教師が待ち構えていて、僕はこの2人の教師に顔が変形するまで殴られた。

僕は生まれてから幸いと言うべきかケンカというものをしたことはない。だから他人から殴られたという経験はこの時以外にはない。

僕が殴り合いのケンカをしたことがないというのは、多分、碁の影響だと思う。

相手によって打つ手を変えてはならないという考えからである。

例えば、自分が勝てそうだと思う人間にはケンカを吹っ掛けるけれども、

勝てないと思う人間には尾っぽを丸めるというのでは人間のクズだと考える。

ボクシングの世界チャンピオン相手でも、小学生相手でも同じように対応しなくてはいけないと思う。

少なくとも僕はそう考えているし、他の棋士も同じ感覚だろうと思う。

だから、棋士がケンカをするというのは少ないのでないかな。

僕が暴力教師から呼び出されて殴られて安藤家に帰ってきて僕の顔を見た師匠の奥さんは「教育委員会に訴える」と叫んだ。

当然の反応だろう。しかし、僕は教師の報復を恐れて、「いいから」と、お母さん(師匠の奥さん)を押しとどめた。

今思えば教師が生徒に報復するなど有り得ない。

今僕がこんな教師がいることを知ったなら、あらゆる所に働きかけてこの教師の教員免許を剥奪させようとするだろう。

子供は国の宝である。教育は国づくりの根幹である。教師のレベルが下がることは日本の国力が下がるということである。

こんな教師がいるということは日本のためにならないからである。

つい昔を思い出してしまったが、大阪の田中小学校の事件が事実であれば即教員免許を剥奪してもらいたい。

 


この記事をはてなブックマークに追加