ヨダログ

囲碁棋士 依田紀基のブログ

友人T君の話

2016-11-06 | 日記

最近24歳差の芸能人夫婦が離婚したことが話題になっている。

 

これ自体僕は、古今東西、人間のやることは変わらないと思っているので、誰と誰がくっつこうが、別れようが、あまり興味はない。

 

しかし、娘思いのこの男性は、娘と会うことができず、年2回写真を送ってくるだけなのだという。

 

ネットで調べると、娘さんが父親と会いたくないから、ということらしい。この男性はつらいだろうな、と思う。

 

僕の友人のT君は48歳で、1年前に離婚して、13歳と11歳の息子さんがいる。

 

T君は自分の息子と会うために、家庭裁判所に面会交流請求を起こし、

 

調停の末、月一回の面会交流を裁判所で調書に書いた。

 

調書とは、調停で決めたことを約束として紙に書くことらしい。

 

息子さんとの面会交流は夕食を共にしながら、和気あいあいと、とても楽しい時間だったとT君は言っていた。

 

ところが、3回目の面会交流以降、子供の名前で、

 

「これからは面会交流は僕達も忙しいのでできない」とT君にメールを送ってきたのだそうだ。

 

元奥さんが子供の名前でメールを書いているのか、子供が母親に書かされているのか、子供が自主的に書いているのかは、

 

わからないとT君は言っていた。T君は調書に書いたことを履行してもらうために、家庭裁判所に連絡した。

 

T君は調査員に事情を話した。調査員は元奥さんからも話を聞き、その内容を調査員から聞いた。

 

「元妻の言い分は偽りが含まれているんですよね。そして自分に都合の悪いことは言わない。」と、T君はさびしそうに言った。

 

「だだ、一つ言えることは、子供は圧倒的に同居している親の影響を受けるということ。

同居している親の顔色を伺いながら子供は生活している。」と、T君は話している。

 

「僕は嘘は言わないんですけどね。嘘を言うくらいなら黙っている。依田さん、人生は辛いですね」とT君が言うので、

「そのうちきっと息子さんもわかるときがくるよ。僕も辛いことはたくさんあるけど、

できるだけ楽しいこと見つけて笑って生きていきたいと思うよ。そうしないとストレスで病気になっちゃうからね。」とT君に言った。

(以上のことはT君の許可を得て書いてます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加