ヨダログ

囲碁棋士 依田紀基のブログ

文字詰碁のまとめ

2010-03-25 | 日記
でもこんな狭い世界でこれだけのドラマがあるってすごいことだと思いませんか?

文字詰碁を作ることは割と簡単です。

僕の20歳ほど上の碁を知らない友人が教えてくれたことがあります。

その友人が言うには、人生は、逆算して考えたら良いというのです。

詰碁創りも同じで、文字の形を息子たちに作ってもらってから、

取り掛かれば簡単にできます。

詰碁としての出来の問題はあるでしょうが。

でも出題して、印象に残ってくれたら良いのではないかと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

文字詰碁「C」解答

2010-03-23 | 日記
問題Cはいかがでしたか?

この問題は僕が作った26のアルファベットの文字詰碁の中で最高傑作だと思います。

(他が大したことがないのがばれるけど)

特に黒7がビューテフォーだと僕は思います。

この手をお見せしたくてこの問題を出しているようなものです。

ただし、この問題の欠点は黒3で4のところに打っても劫になることです。

だから白が2で4のところに打つとこの変化になるよりありません。

この記事をはてなブックマークに追加

文字詰碁「B」解答

2010-03-23 | 日記
問題Bはいかがでしたか?

要はいかに、下方で捨石を使って先手一眼を確保するかという問題です。

この問題は詰碁というよりは力仕事で読みの鍛錬をするという感じですかね。

いちおう20手近く読まなくてはならないし。

でも、この解答図では虫眼鏡を使わないと見えないのじゃないですかね?

とにかく捨石を使って利きを作る問題です。続いて問題Cの解答です。

この記事をはてなブックマークに追加

文字詰碁「A」解答

2010-03-23 | 日記
いかがでしたか?みなさんできましたか?

このくらいのレベルだと詰碁と呼ぶにはかなり苦しいと思います。

基本死活というべきでしょうね。

でも、実戦に出てきたらアマ初段くらいの人でも出来るかどうかわからないのではないか?と思います。

問題として出されたら、答えが必ずあるということですからね。

左右同型中央に手ありの格言通り、白1のツケが正解です。

白3と5は逆の手順でも正解です。出来上がりの形も左右同型になりました。

Aは割りと問題がつくりやすいですね。

初級編や入門編の問題も作ったので、教室の子供たちに出題しようと思っています。


昨日は棋院で合同表彰式がありました。

その後に、新入段者に棋士会長として話をしてもらいたいと言われていたのをすっかり忘れておりました。

11時位に、名古屋のHさんから電話がかかってきて、総務の電話番号を聞かれる。

教えて、電話を切ってしばらくすると、又Hさんからかかってきて、

総務が電話に出ないという。

それで、僕がかけてみると言って、総務にかけてもやっぱり出ないので、

渉外部にかけたらSさんが出て、「総務が電話に出ないんだけど」といったら、

Sさんが合同表彰式に出払っていると教えてくれた。

「え、今日合同表彰式だったの?」「今始まったところです」とSさん。

家内に言っても、

「自分で棋院から送ってきた書類を管理しないからである。私の与り知るところではない。」と言う。

僕はあわてて支度をして棋院に行った。最後の瞬間だけ出席することが出来た。

何と言っても新入段者の諸君が初々しい。僕がちょうど30年前に辿った道である。

その後に棋院の会議室に場所を移して、僕は新入段の諸君を前に話をした。

「入段おめでとう。まずは、先輩の棋士として話をしようと思う。

みんなこれから前途洋々です。辛いことも嬉しいこともたくさん経験すると思う。

すごくうれしいことがあるということは、すごく辛いことも経験すると言う事です。

是非たくさん挫折を経験してもらいたいと思う。またそうでなくてはならない。

そしてそれを乗り越えて行ってもらいたい。

そのときに、強くなり人間が磨かれると思います。」という内容の話をした。


その後に棋士会の役割などの説明をした。

僕も30年前はこんな風に初々しかったのかな?と感慨深かった。

もっともそのころの僕より現在の新入段のほうがはるかに礼儀正しいと思う。

僕も入段が決まったときは、

周りの景色も白黒からカラーに変わったように感じたものである。

新入段の諸君改めておめでとう。

この記事をはてなブックマークに追加

文字詰碁「C」出題

2010-03-23 | 日記
問題Cです。

家内と息子たちはCではないというのだが、僕にはCに見える。

インターネット事業部の人たちもCに見えると言ってくれたので出題することにした。

三問の中で一番難しいと思われる。

ただし、白の受け方によっては、2通りの道があるので、

詰碁にやかましい(麻生さんによると九州ではこういうふうに言うらしい)人からは、

失題に近いと言われるかも知れないが、

最後の形がビューテフォーなので、埋もれさせるのは忍びない。

その筋とはなにか?という推理もしていただきたいと思う。

この記事をはてなブックマークに追加