ヨダログ

囲碁棋士 依田紀基のブログ

中学生は働いてはいけない?

2017-06-16 | 日記

将棋藤井聡太四段がテレビで出ない日はないのだと将棋好きの友人が教えてくれた。ワイドショーのような番組にも取り上げられるのだという。

僕の家にはテレビを置いていないので、そこまでのフィーバーとは知らなかった。

坂田栄男先生が全盛時代の頃は負ける事がニュースになったけど、藤井四段は負かした相手の名前が有名になるのだからねえ。大したもんだ。

僕の家にはテレビはないけど、ネットや新聞でニュースを見る。ネットで「14歳深夜対局問題ない?」という見出しを見た時すぐ35年前の事を思い出した。僕が入段してプロ棋士になったころ、少年少女囲碁名人戦がスタートした。

確か、第一回の優勝者は小学生は関西棋院の現横田九段で中学生は現青木紳一九段だった。青木君と僕は同い年である。

数学の授業中に数学の教師が僕に言った。「中学の部で優勝した青木君は俺の家の近所に住んでいる。大会の表を見ても依田の名前がなかった。どうせ予選で負けたんだろ?」と。僕は「僕はプロだからアマチュアの大会には出られません」と答えると、

「それは嘘だ。国の法律で中学生は働いてはいけないことになっている」と数学教師はクラスの生徒全員の前で言った。

僕は「そんなこと言われても、現に僕はプロです」と言っても、数学教師は僕の言うことを嘘と決めつけて聞かなかった。

まず、生徒の言うことを信じるところからスタートしてはどうかと思う。人のいう事を嘘と決めつけて話をするような人間は社会に出て相手にされないだろう。教師が本当に生徒に教えなければならないことはこういう事だと思うがどうだろうか。

僕の通っていた中学校はこの教師でもまだマシな方でもっとひどい暴力教師もいた。ちょっと昔を思い出してしまった。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 突っぱねることが出来ない責任 | トップ | 人間の器と膀胱の因果関係 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む