アウトドアライフの記録

四季それぞれに あちこちの山に登ったり、桜や紅葉の写真、および南の島の記録を写真とともに整理して、ブログにまとめました。

桜訪ねて2017年  その5  京都府長岡京市の桜 

2017-05-15 18:57:16 | 桜の風景
2017桜 その5 京都府長岡京市の桜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
京都府長岡京市の光明寺は 紅葉の名所として有名で、紅葉シーズンには全国から大型観光バスがやってきます。
門前駐車場も普段は無料ですが、(がめつい京都観光寺にしては、珍しく良心的です。)
紅葉シーズンは1000円取られますが、それでも駐車スペースが足りなくて 臨時駐車場があちこちに出来ます。

家族が長岡京市に住んでいるので、この寺へ良く行くのですが桜もなかなか見事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

門前の桜です。地面に垂れてなかなか見事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山門から中を覗くと 桜が満開なのが見えました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山門を潜ると石段が続きます。この石段の両側は紅葉がきれいですが、何本か桜の大木もあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石段は踊り場を経てさらに続きます。その上も桜が満開です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石段を登ると 正面に本堂が見えますが、その両側の桜も満開できれいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桜の大木には 竹の支え木がしてあります。このあたりは竹林が多く、長岡京は竹の子の名産地です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奥の講堂へ進む道にも桜がたくさんあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この建物の前には枝垂桜が飢えてありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桜の下で一心に祈る人。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大きな寺なので 出入りの植木屋さんがいて、いつも植木の手入れをしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長岡天神の桜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長岡天神のさくらです。境内にはあまり桜の木はありません。この神社の名物は何と言っても
キリシマツツジです。ツツジの最盛期には 参道の両側が燃え上がるように真っ赤になります。
この日は 願掛け絵馬の奥に桜が咲いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

道真公といえば何故か牛が出てきます。牛の上の桜も満開です。
みんなが牛を触るので 牛はツルツルと光っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は南河内の桜です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜訪ねて2017年 越中富山の... | トップ | 桜訪ねて2017年  その6  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。