アウトドアライフの記録

四季それぞれに あちこちの山に登ったり、桜や紅葉の写真、および南の島の記録を写真とともに整理して、ブログにまとめました。

世界遺産大峯奥駆道を歩く 清浄大橋から大峰山へ向いましたが、雪と氷に痛めつけられて惨敗しました。2017年3月10日 その4

2017-03-30 08:59:50 | 世界遺産大峰奥駈道
雪と氷の大峯山 その4
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さあここからが迷い道です。右の奥駆はトレースが全く無くて 真ん中の尾根へ進みますが
来るときに迷った道です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来るときにつけたテープが役に立ちました。GPSで確認しながら引き返します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やれやれ無事に洞辻小屋に戻れました。3人のジーちゃんたちはお食事中でした。
午後2時です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無事に戻れたことを行者堂にお参りしてふと見ると 蜻蛉が飛んでいてびっくり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おべんとうを食べ始めると ジーちゃんたちはお先にと言いながら降りていきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気をつけてね というと アリガトウと言いながら3人で降りていきました。
どうせ追いつきそうだから お弁当をゆっくり食べて コーヒーも飲みました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食事後の後片付けをしていると 汗で濡れた鉢巻タオルが 凍っていたのでびっくりです。
そういえばスタートがマイナス1度で GPSを見るとここは600mちかく登ってきています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆっくり食事して さあ私も出発です。2時30分です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

振り返ると 積雪が多いので 小屋の屋根の上も見えてその向こうに大峰山も見えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しばらく止んでいた雪がまた降り出しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下りは快調に飛ばします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あっという間に お助け水を通過。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

凍った急斜面だけは慎重に進みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あの大きなツララを右側をジーちゃんたちが 叩き落していました。
中の祠の上で ツララの破片がバラバラに散っていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一本松茶屋通過。もう少しで清浄大橋です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

途中からジーちゃんたちの声が聞こえてきましたが、ゆっくりと降ります。
女人結界門帰着です。下りは洞辻小屋から1時間で降りてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少し回り道して お不動様たちに無事下山のお礼を言いました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駐車場から振り向くと 大峰山が見えます。いつの間にか雪は止んだようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

望遠で見ると 西の覗きと日本岩の間のように見えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日もお世話になった ワコールのスポーツタイツ、ナンバーの足底サポート靴下、
モンベルの登山用靴下、イタリアのシリオ社製の冬用登山靴。

やはりインチキミズノ靴下や 朝鮮半島のトレクスタ靴では無事に戻れなかったなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新しいトイレが出来ていました。恐らく今は閉まっているものと思われますが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

母公堂に立ち寄って 役行者御母堂に無事のお礼を申し上げました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

洞川温泉街は もう朝のアイスバーンは消えていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実際に歩いた記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩行距離は11キロ、標高差は約650mでした。
9時45分スタート、3時30分帰着、30分の休憩で 5時間15分の歩行でしたが
2度も道迷いをしたから30分くらいはロスしたかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
奥駈道トップはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/okugake/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界遺産大峯奥駆道を歩く ... | トップ | 山用品の不良品について 年間... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界遺産大峰奥駈道」カテゴリの最新記事