アウトドアライフの記録

四季それぞれに あちこちの山に登ったり、桜や紅葉の写真、および南の島の記録を写真とともに整理して、ブログにまとめました。

信州山旅2016年秋 1 浅間山 2016年10月19日 その3

2016-11-02 18:00:54 | 信州山旅
1.浅間山
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
浅間山 その3 鋸岳からJバンドで賽の河原へ降りてお鉢の底を縦断
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二人のおっちゃんたちと分かれて さらに縦走を続けます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小さなアップダウンを繰り返しながら 次第に高度を下げて行きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

嬬恋村の先に 雲に隠れた山は やはり明日登る予定の四阿山でした。
先ほどの二人連れのおっちゃんたちが教えてくれました。
ちなみに嬬恋村は おっちゃんたちによるとキャベツの生産地で有名らしいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この岩場を回りこむと絶景が待っていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前掛け山の斜面と お鉢の底に唐松の黄葉が光を浴びて 光り輝いていました。
これはもう絶対にあそこを歩かないといけません。
生きているうちに今度何時あそこを歩けるのか分かりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とりあえず先を急いで 鋸岳へ向います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お鉢の底が次第に良く見えるようになり、沢山の人が歩いているのが見えます。
あの人たちは 私と反対周りに歩いているようです。
※ この写真は望遠で撮っていて、実際は歩いている人は 蟻のように見えてはっきりとは見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後の岩峰鋸岳直下です。見えているコルから右へ降りる道があるようです。
とりあえずは直進して登頂したあと 引き返してお鉢へ降りるようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このあたり一帯は黄色い黄葉ですが、所々にナナカマドの赤い色があり、とても目立ちます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目印どおりに進みます。上から降りてきた人は お鉢の底から登って来たそうです。
お鉢の底は 唐松の黄葉で 絶景だったと感激してらっしゃいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鋸岳到着。2254mと今回の縦走では一番低い山ですが、それでも2千メートルあります。
今までの山頂標識は しっかりした標識でしたが、なぜかここの山は 手作り感溢れる
ほのぼのとした標識でした。
正面に見えるのが前掛け山で、その奥に浅間山が見えます。噴煙は見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

早くお鉢の底に下りたいので 直ちに引き返します。正面のピークが先ほど二人連れの
おっちゃんがお弁当を食べながら お鉢に降りずに引き返すよう勧めてくれていた 仙人岳です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このコルから お鉢へ降りる道がJバンドというルートです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沢山の人が登ってきますが、登るのは普通に登れますが 降りるのは怖くて 慎重になります。
滑りやすいので、一歩ずつ慎重に降ります。滑落したら助からないでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

降りながらも ついつい絶景に目が行きます。あのおっちゃんたちの言う事を聞かずに
降りてきて本当に正解でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次第に高度を下げます。見上げると縦走して来た岩尾根が聳え立っています。
凄いところを縦走してきたものです。斜面の黄葉や紅葉のグラデーションもきれいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

終にお鉢の底に降り立ちました。標高は約2100メートル。Jバンドで100mしか降りていません。
緊張したので もっと降りたような気がしたのですが。
浅間山はほとんど前掛け山に隠れそうです。見事な黄葉に見とれてしまいました。
前掛け山の斜面に幾筋も切れ込みが見えますが水ミチなのでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いよいよお鉢の底の縦断です。景色に見とれながらキョロキョロして歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上の尾根から見下ろしていたら見えにくかったのですが、踏跡がしっかり付いているので
迷う事はありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

噴火で こんな巨大な岩が飛んで来たのでしょう。すごいエネルギーですねえ。
御嶽山の噴火を思い出しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雲はどんどん飛んで行き 岩峰と黄葉がはっきりと見えます。
あのおっちゃんたちのアドバイスを聞かなくて本当に良かったなあと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やがて路は 黄葉した唐松の森へ入って行きます。落ちた唐松の葉が敷き詰められて
そのふかふかの上を歩くのも気持ち良い感触です。秋の信州山歩きでこんな唐松の落葉絨毯の上を
歩いた記憶があるのですが、どこの山だったのか思い出せません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浅間山の噴火警戒レベルが1から2へ引き上げられてから ここから先の前掛け山へは入れなくなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

唐松でも背が低かったり、日当たりの悪い場所の木は あまり黄葉していません。
お鉢の縦断を始めてから 次第に高度を下げて もう100mも降りたようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

湯の平分岐に来ました。ここをまっすぐ行けば 天狗温泉浅間山荘に行きますが
今日は右へ分岐して いよいよ草滑りに挑戦です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さあ登るぞオー。正面やや左の一番高い岩峰が トーミの頭のはずであれを越えなければ帰れません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

黄葉した唐松の森を進みます。行く手の難所「草滑り」がどんな急登なのか ドキドキします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その4へ続く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信州山旅2016年秋 1 浅間山... | トップ | 信州山旅2016年秋 1 浅間山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

信州山旅」カテゴリの最新記事