世界遺産大峯奥駆道を歩く その2

世界文化遺産大峯奥駆道を歩いた記録です。

五番関から大天井岳と大峰山(山上ヶ岳)へそれぞれ往復 2016年10月14日その1

2016-10-18 19:17:44 | 世界文化遺産大峯奥駈道を歩く
このところ急に冷え込んだので、我が家の裏山の岩湧山を歩いてもかなり寒い。
もっと標高の高い「世界遺産大峯奥駈道」は紅葉が始まっているかもしれない。
そこで今回は 久しぶりに五番関から大天井岳と大峰山を往復する事にしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大天井と大峰山往復 その1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の計画図です。駐車場から五番関へ上がり まず大天井岳へ。
引き返して奥駈道を歩いて大峰山へ。そして引き返して駐車場へ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天川村から吉野町へ抜ける林道の峠付近に駐車場と登山口があります。
ここは既に標高1100mです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩き始めたのは8時45分です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いきなり急登が始まります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

渓筋のゴロタ石が積み重なった 急登は続きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

所々にロープがフィックスされているので助かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう峠が見えてきました。あの尾根が奥駈道です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

五番関到着です。こんなに簡単に奥駈道へ出られる登山道は 少ないのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このあたりの奥駈道は 「旧道」と「新道」があり ややこしいのです。
とりあえず大天井へ進みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

所々に見晴らしポイントがあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紀伊山地の山々が折り重なってとてもきれいです。思わず見とれてしまいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

急登の始まりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大きなウンチが落ちているので緊張。でも熊野ウンチはもっと大きいですねえ。猪かなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あれがピークかなあと近づくと、次のピークが見えてきます。その繰り返しです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

道が分かりにくいところもあります。落ち葉で 踏跡が隠れるのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この分岐で道間違えしました。
私は左へ行ったのですが、奥駈は右です。かなり迷ってもまた合流します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうやら山頂のようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大天井岳(おおてんじょうがたけ)到着です。10時丁度。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイヤモンドトレイルの金剛山(左)と大和葛城山(右)です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイヤモンドトレイル起点付近のツインピークスの二上山です。
その右は生駒山で その間に大和川が流れていますが 見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弘法大師空海もこの道を歩いたそうです。ホンマかいな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

周りの木々の先端が少し色づき始めています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

直ちに引き返します。間違えないように、慎重に。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中央奥に大峰山が頭を出しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

望遠で覗くと 宿坊群の屋根が見えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

五番関に戻ってきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここから先へは 女人禁制です。大きな「女人結界門」が経っています。
しかしその門の文字や 説明看板(日本語と英語)の女の文字がすべて削り取られていて
「人立ち入り禁止」や「man」の立ち入りは出来ないと違う意味になっていて笑います。

日本中の霊場や参詣道のほとんどの「修験道の道」は昔は女人禁制でした。高野山もそうでした。
しかし今は大峰山以外はすべて女人大歓迎です。当たり前ですよねえ。
役行者も空海も みな女性が創ったのですから。女性は偉い。


今頃女人禁制なんていってたら世界中の笑いものになりますよ。
世界文化遺産があきれます。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この先は二手に分かれます。私は左の巻道しか歩いたことがありません。右は旧道で荒れているはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大天井、大峯山 その2へ続く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五番関から大天井岳と大峰山... | トップ | 和佐又から大普賢を経て伯母... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。