葛城経塚二十八宿再訪

大阪、奈良、和歌山県境の金剛紀泉の山中に修験者たちにより 納められた二十八箇所の経塚を 再び訪ね歩きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はじめに

2017-07-27 23:46:01 | 葛城経塚二十八宿を訪ねて

葛城経塚二十八宿を訪ね歩き終えてから、早4年が過ぎた。

その後 「世界遺産大嶺奥駈道」を歩くようになったが、世界遺産の道といえも、次第に廃れていってる。

そのなかで、「新宮山彦ぐるーぷ」というボランティアの団体が私財を投げ打って、山道の整備、熊笹狩りと山小屋のメンテナンスに尽力されている。

一方私が時々掃除している、葛城経塚二十八宿「第十五番経塚岩湧寺」も尋ねてくる人もほとんいなく、さびしい限りだ。

今のままでは近い将来、葛城経塚は歴史の波に消え去るだろう。

そこで 機会を見つけて千年以上続くこの歴史遺産を尋ね直し、葛城経塚をもっとたくさんの方に知っていただこうと、案内標識を整備していこうと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Photo

葛城経塚二十八宿概要図     ※「山と渓谷社 金剛山」より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回訪ね歩いた記録はこちら。

http://yochanh.sakura.ne.jp/kyouzuka/katsuragi1.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「山岳修験の道を歩く」トップページはこちら。

http://yochanh.sakura.ne.jp/okugake/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夏の二上山 第二十六番経塚 2017年7月25日 その1

2017-07-27 23:45:11 | 葛城経塚二十八宿を訪ねて
葛城経塚二十八宿第二十六番「二上山(ふたかみやま)」の様子をミニ 久しぶりに出かけました。
経塚の清掃をする場合に備えて一応、ゴミ袋、剪定バサミ、針金を持ちました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第二十六番「二上山」 その1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

万葉の森駐車場に着いたのが 11時半です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

真夏の山歩きの支度をして トイレ前をスタートしたのが 11時50分です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お地蔵さんにご挨拶して 山道へ入ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登山口から山道へ入った途端 アセが噴出しました。森の中で風が無く、温度湿度が高いのです。
駐車場出は32度ありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

良く整備された山道を進みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

展望台に立ち寄ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

風が無いのでここでも暑いだけです。曇り空で大阪は霞んでいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

阿倍野ハルカスのシルエットが見えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鹿谷寺(ろくたんじ)跡を横切ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

千年以上前の磨崖仏は 今でもよく識別できます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石材を飛鳥へ切り出した石切り場の跡のような岩山を歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイトレに出ました。左が屯鶴峰、右が葛城山です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この分岐でダイトレと別れます。左のダイトレは ダイトレスタート地点の屯鶴峰(どんづるぼう)へ行きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飯子菜(ままこな)が咲いています。「ままこ」とは米粒のことです。
種子が米粒のようだとか、花びらの中の突起が米粒のようだとか言われています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

馬の背に到着しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

売店前に鬼百合が咲いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯の付け根に黒いムカゴがあるのが鬼百合で 無いのが小鬼百合です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そのままあるいて 雄岳山頂に到着です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

温度は22度です。駐車場より10度低いので かなり楽になりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

葛城二上神社に参拝します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中を覗くと 本殿はありません。火災で焼失したそうで その後榊が植えられたそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第二十六番「二上山」 その2へ続く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夏の二上山 第二十六番経塚 2017年7月25日 その2

2017-07-27 23:45:08 | 葛城経塚二十八宿を訪ねて
真夏の二上山 第二十六番経塚 その2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて今回の目的の経塚に参拝します。神社の直ぐ右隣です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゴミは散乱していませんでした。少し枝が伸びていたので枝払いをしてすっきりさせました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて大津の皇子の御陵に詣でます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さすがに 宮内庁の管理です。何時来てもきれいにされています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

箒目も清清しく清められています。
かわいそうに大津の皇子は あの強欲な持統女帝に謀反の罪を着せられて 死罪を賜りました。
持統女帝は不比等に命じて 記紀を編纂させて、日本の歴史を私利私欲のために書き換えさせた張本人です。

和国最古の王国、出雲王朝など無かった事にして、血で血を洗う王朝の交代など無かった事にし、自分達こそ
秦国人徐福の血を引く渡来人王朝の癖に 天から降りてきたなどとほざいているのです。

※詳しくはブログ「古代出雲王朝ゆかりの地を尋ねて」をごらんくだされませ。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雄岳山頂直下の休憩スペースに立ち寄りました。見るたびに進化しているこのスペースも 更に進化していました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あちこちの椅子やテーブルにペンキが塗られて とてもきれいになっています。
常連のボランティアさんたちの仕事でしょう。感謝して休憩させていただきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

馬の背から今度は 雌岳へ登ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雌岳山頂到着です。時刻は13時30分、歩き出して1時間40分です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今にも雨が降りそうな天気なので 日時計は時間を示していません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大和盆地は霞んでいてほとんど見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイトレの峰々です。眼前の岩橋山の先に 大和葛城山の鉄塔が見えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

休憩スペースで 雄岳を見ながら お昼ご飯にします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食事を終えて 下山しますが ダイトレの展望所に立ち寄りました。やはり大阪方面は何も見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンクリート製の展望タワーにも登りますが、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雨雲は去って 日差しが回復しているのに 相変わらず大阪方面はほとんど見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

古代池を過ぎて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝粥広場に立ち寄りました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

莫山先生の書がある広場です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎月第一日曜日の午前6時から登山して 下山してここで 皆さんで朝粥を頂くのだそうです。
詳しくは河南町にお尋ねくだされませ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駐車場近くの蓮池には きれいなハスの花が沢山咲いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経塚のトップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/okugake/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第八番経塚 犬鳴山経塚権現山 2016年7月22日 その1

2016-07-24 16:53:30 | 葛城経塚二十八宿を訪ねて
梅雨明けして暑い日が続くある日、犬鳴き山へ行こうと思い立った。
七宝瀧寺は犬鳴き川の渓流沿いに在り、とても景色の良いところである。
それと山から下りた後、行者の滝へ行くと 水しぶきで少しは涼しいと思われる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第八番経塚の位置を示す地図です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ピンクのラインが往路、グリーンのラインが復路です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

七宝瀧寺の境内に入ると、案内看板があります。境内はとても広いのですがとりあえず
燈明が岳、経塚権現山、天狗岳、大天井ヶ岳を目指します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駐車場ですが、「参拝者用」とは書いてありません。「一日修験者用」と書いてあります。
入山する人は皆、「一日修験者」なのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず観音堂にお参りします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この鳥居を潜ると参道です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参道を進みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参道脇には お堂や沢山の石仏が安置されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高城山分岐です。時間があれば高城山にも行く予定なのですが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やがて川を跨ぐように建つ建物が見えてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

川の上に立つ 不動広場と建物です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山門を潜ると巨大な「身代わり不動尊」がおたちです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その脇の「役行者(えんのぎょうじゃ)」様の背後に登山口があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが登山口標識ですが この鉄山先生の標識が無いと全く分かりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

険しい山道のジグザグの急登が始まります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登山道の一丁ごとに童子像が設置されています。まさに修験の道です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登山道分岐です。ここは右の経塚方面へ。帰路では左の大天井ヶ岳から降りてくる予定です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらにいくつかの童子像を過ぎます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

尾根道に着いたころに鳥居が見えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

燈明が岳に到着です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

裏に回ってみると石碑があるので確認できます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

残念ながら 空しか見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そこから暫く歩くと経塚があります。
金剛葛城、和泉山中の峰々に28巻の法華経の経典を埋めて世の中の平和と幸せを祈って山岳修験者たちが造った
28箇所の「葛城経塚二十八宿」のうち 第八番経塚です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

経塚にお参りしてから、暫く山道を進みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

分岐があります。天狗岳、大天井ヶ岳分岐です。ここは天狗岳へ。
鉄山先生の標識が無ければ どうすれば良いのか全く分かりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

暫く進むと急登が始まります。真新しいロープがフィックスされていました。助かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天狗岳到着です。天狗様がお出迎えです。その横に鉄山先生の書かれた説明文によると
この天狗様は「葛城高天坊」と称されるという事です。

畿内にはこのほか今年の冬に私が歩いた京都清滝の愛宕山の「太郎坊」や奥駈道前鬼山の「前鬼坊」
など畿内七天狗がいらっしゃるそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ 鉄山先生は 聞くところによると元岸和田の高等学校の先生だそうで、七宝瀧寺の修験者です。
二十八宿を絶えずまわっておられ、各所に経塚案内標識を設置しておられます。
今はかなりご高齢とお聞きしました。実際にお会いした事はありませんが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その2へ続く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第八番経塚 犬鳴山経塚権現山 2016年7月22日 その2

2016-07-24 15:58:37 | 葛城経塚二十八宿を訪ねて
犬鳴山 その2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天狗岳から直ちに引き返して 先ほどの「天狗岳大天井ヶ岳分岐」まで降りてそこから 「大天井ヶ岳」
を目指して進みます。するとまたしても分岐があり、この分岐を下山すると 登り路の分岐点に出る表示があります。
鉄山先生の標識が無かったら全く手も足も出ません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登り路に差し掛かると、この道は見覚えがあります。大天井ヶ岳への登り路です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

道は不明瞭ですが、赤いテープが案内標識です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂近くになると 急坂にロープが設置してありました。これも以前はありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂らしき広場に出ました。残念ながら眺望は全くありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

周りを見渡すと 数年前に私が取り付けた山頂標識がまだ残っていました。かまぼこの板に書いたものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そこから暫く進みましたが、踏跡はほとんど不明瞭になりました。
林道の「オオタワ」へ出れるはずですが、そこで引き返しました。タワとは峠の古語です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大天井ヶ岳へ引き返すと時刻は12時半です。ここでお弁当にします。
残念ながら360度樹木に囲まれています。小鳥のさえずりと蝉の声を聞きながらお昼にしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食後に下山開始しました。あの下山分岐から不明瞭な道を急降下すると 登り路の分岐に出ました。
右へ進むと身代わり不動尊です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下山途中で行場の一つ「蛇腹」に立ち寄ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恐ろしげなガレ場を進むと石碑がありました。
ここも記憶にありますが、以前は祠があったように思いますが今はありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登山道に戻り さらに急降下を続けると滝の音が聞こえて、お寺の屋根が見えてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やれやれ生還できました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お不動様にお礼を申し上げた後、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで少し休憩です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一休みの後七福神堂にお参りしてから 行者の瀧へ向います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥居をいくつか潜り、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石段を登ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鎮守堂を過ぎると、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ようやく本堂です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本堂の中を進みます。土足のままでオーケーです。どこかの家族が 本堂でお祓いを受けていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらに石段を進むと、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ようやく行者の瀧が見えてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

瀧に向かって一心にお祈りする人が居ました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

行者の瀧です。鎖がいくつか垂れているので 登って行をするのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引き返して再び本堂を通り抜けます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石段を暫く降りると、左手に身代わり不動尊広場が見えてきました。
時刻はもう2時半を回り3時前なので 高城山へ行くのはやめました。往復2時間では五時過ぎになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駐車場に戻ると 経塚権現山らしき山が見えていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実際に歩いた記録です。山地図と少し違いますが経塚山はたぶんこの位置だと思われます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高度と距離の記録です。歩行時間は休憩時間を除いて約4時間弱でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
葛城経塚二十八宿再訪トップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/okugake/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加