古代出雲王朝ゆかりの地や神話を尋ねて

紀元前4世紀から十七代続いた古代出雲王朝ゆかりの地や神話を尋ねます。

58.出雲族の移住した葛城地方を尋ねて その1 長柄神社、大倉姫神社、市杵島姫神社  2017年6月6日

2017年06月11日 23時40分33秒 | 古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて
今回は 金剛山塊東側の御所市を尋ねました。御所市とその北側の葛城市をあわせた
葛城地方へ、出雲王家の皇子達が移住して 葛城地方の開発を行いました。

紀元前三世紀末に 石見の国「五十猛海岸」に大勢の海童(青年男女)や
技術者を引き連れて上陸した 秦国人徐福は 事前に部下の穂日(今の出雲大社
宮司の祖先)を出雲王国に遣わして 上陸の許可を取り付けていました。

しかしその上陸後 徐福や穂日は 海童達と共に出雲で大暴れして 第八代主王(役職名は大名持ち)
の八千矛と副王(役職名は少彦)の八重波津身を相次いで幽閉殺害します。

※殺害場所の 猪目洞窟と志都の岩屋訪問記は当ブログ「古代出雲王朝ゆかりの地を尋ねて」
の2013年3月18日の記事に載せています。

出雲王国は大打撃を受けますが、幽閉殺害された八重波津身(記紀では事代主)と鳥耳姫との皇子
鳥鳴海が第9代大名持ちとして即位します。古代出雲王国では 西王家神門臣家と東王家向家とが
交互に主王と副王を立てていました。

八千矛王(記紀では大国主)と宗像三姉妹の真ん中の多岐津姫との皇子、味鋤高彦や、八重波津身と
摂津三島の活玉依り姫との皇子、奇日方たちは 出雲族を引き連れて葛城へ移住します。

今回の葛城地方の神社訪問は 出雲族の建てた大和葛城地域の神社訪問記です。

出雲族の葛城移住に付いては もう少し詳しく「その2」で述べます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の訪問神社の地図です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下照姫について

まず下照姫が祀られている長柄神社と大倉姫神社へ行きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出雲王家の系図と下照姫の位置関係です。

下照姫は 殺された大国主と八上姫との間の皇女です。
矢上姫は因幡の国から 大国主へ嫁がれて今の出雲市斐川町 直江 御井神社あたりに宮殿があったといわれています。

また神社の近くに「生井(いくい)」、「福井(さくい)」、「綱長井(つながい)」と呼ばれる3つの井戸があり、
八上比売が出産の時に産湯を使ったという伝承があります。
元来この3つの井戸に対する信仰が神社に発展したものとも考えられています。

斐川町 直江の少し東、斐川町学頭に 湯の川温泉があり、八上姫が浸かったといわれ美人の湯と呼ばれています。
温泉街の中にも 八上姫神社があります。

大国主の死が出雲族の葛城移住のきっかけとなったので 王の娘の下照姫が あちこちに祀られたのでしょう。

比売許曽神社 大阪市東成区東小橋    売豆紀神社、売布神社(いずれも松江市)、倭文神社(鳥取)
乙見神社(出雲市)、下照姫神社(福岡市博多区祇園) などなどです。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名柄集落の中を進みます。名柄地区は出雲式銅鐸が発掘された場所でも有名です。
名柄は 金剛山と大和葛城山の間の水越峠を大和平野へ下りた直ぐの所です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

集落の外れの森が 神社です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こじんまりとした神社でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥居を潜り境内に進みます。正面が拝殿です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿の奥が 本殿ですが、拝殿からは見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社の由緒書きですが、正面には立てないので横からしか写せません。

長江(長く続く金剛葛城の尾根)が長柄(急斜面の下の扇状地)になり、「ナガラ」になり、名柄の地名になった
と書いてあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿ですが良く見えません。大社造に似せてあります。千木は出雲式の竪削ぎで、妻入りですが柱は9本なのか
4本なのか良く見えません。妻側へ入る階の上の屋根はありますが屋根の形が大社造りとは違います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境内には末社がありますが 表示が何も無く誰を祭っているのか分かりませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長柄神社は名柄公民館のまん前にありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大倉姫神社

奈良県内の神社を調べていると 「下照姫は別名を大倉姫という」というのが散見されます。
記紀では下照姫を木股比売と言っているので 大倉姫というのは初めて聞きましたが
調べてみると 比較的近くにあるので バイクで行ってみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近鉄電車吉野線吉野口駅の直ぐ近くでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小さなお社です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

線路脇の小さな神社で 謂れの説明も看板も何も無く 主祭神 のヒントになるものはありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
市杵島姫神社

最初に揚げた出雲王家の系図を見ていただくとお分かりですが 市杵島姫は大和朝廷成立に大きなウエートを
占めています。徐福が 最初に来日して出雲王家の高照姫との間の長男「五十猛」と 二度目の来日で九州の
宗像家(出雲王家の分家)の宗像三姉妹の末娘 市杵島姫との間の 穂屋姫との間の 天の村雲が初代大和大王になり、
市杵島姫の生んだ徐福の次男 穂穂出見こそ九州物部家の祖であります。

物部家の第一次東征で 物部の稲飯と三毛入が 登美家当主、加茂建津之身(ヤタガラス)の導きで大和入りするも
出雲王家の山と分家の磯城家に飲み込まれてしまいます。

二度目の東征で大和入りした 物部イクメが名実共に大和の大王となりますが 物部王家は3代で消えます。

つまり市杵島姫は 初代大王の天の村雲にとり、祖母であると同時に 物部イクメ大王の祖先でもあるので
出雲族にも祀られますが それよりも秦族からの支持が多いのです。京都の松尾大社、祇園の八坂神社の主祭神 は
徐福と同時に市杵島姫です。

長柄神社の直ぐ近くに地図で見つけた 市杵島姫神社を訪ねました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

御所市池ノ内にありました。回りは昔ながらの小さな集落です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥居を潜って境内に入ると 閑散としていました。建物は拝殿らしきものがポツンと立っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿の中には入れません。鍵が掛かっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿は近寄れないので良く見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿のガラス越しに見ると 出雲式の竪削ぎ千木に 妻入りのお社だと分かります。
しかし説明の看板もなにもありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境内には なんか謂れのありそうな井戸のような会所枡のようなものが網で囲ってありましたがこれも説明看板はありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
葛城地方の神社を訪ねてその2へ続く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

59.出雲族の移住した葛城地方を尋ねて その2 大穴持神社、御歳神社、高鴨神社  2017年6月6日

2017年06月10日 19時16分05秒 | 古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて
葛城地方の神社を訪ねてその2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

葛城地方へ移住した出雲族と渡来系の人々の住み分け図です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八千矛王(記紀では大国主)と宗像三姉妹の真ん中の多岐津姫との皇子、味鋤高彦は西出雲王家の人々を引き連れて
葛城南部へ移住し、高鴨家を名乗り 「高鴨神社」、「御歳神社」を建て 父親の八千矛(大国主)を祀ります。

東出雲王家の向家では 皇子の鳥鳴海が 出雲王国第九代大名持ちに就任します。そして事代主の后の沼川姫は 
皇子の建御名方をつれて実家の越の国に帰ります。そして建御名方は 出雲族や越の人々を引き連れて
諏訪地方に移住し 開拓に努めて成功します。諏訪大社の上社二箇所、下社二箇所ある四箇所の建物
すべてが建御名方と母親の沼川姫が主祭神 です。

一方活玉依り姫は皇子の奇日方を連れて 実家の摂津の国三島に帰りますが、娘の美保須須美比売は美保関宮殿
に残り 父親の八重波津身を祭り、美保神社となります。記紀で八重波津身は事代主と書かれ 後に恵比寿さん
とされるので 美保神社は 全国の恵比寿神社の総本社となります。

また奇日方たちは 摂津の人々や出雲族を引き連れて葛城中部へ移住し 鴨津波神社や一言主神社を建て父親の
事代主を祀ります。

徐福の息子「五十猛」は 大勢の海童たちや技術者をつれて 出雲から丹波へ移住します。
丹波では 五十猛は「香語山」と名乗ります。

しかし出雲族が葛城地方へ移住して 開拓しているのを見て 香語山たちも遅れて葛城北部へ移住してきます。
しかし彼らは先住の出雲族を圧倒する人数でしたから、出雲族も彼らの勢いを認め、奇日方の妹の踏鞴五十鈴比売
(たたらいすずひめ)が香語山の息子天の村雲に嫁ぎ、出雲族も天の村雲を王と認めたので ここに
初代大和大王「天の村雲」が誕生します。

天の村雲の宮殿は 「笛吹きの地」と呼ばれます。海童達は ふるさとをしのび 陶塤(とうけん、土笛の一種)を
吹いていたからですが もうこの頃には陶塤ではなく竹笛をふいていたといわれます。またそのあたりは
高尾張邑でしたから 彼らは「尾張家」、「海部家」を名乗ります。尾張家は後の笛吹きの連と同属です。

天の村雲は 笛吹の地に「葛城坐火雷神社」を建てて父親の香語山を祀りました。また後に大和平野の
香具山にも香語山が祀られました。

火雷(ほのイカヅチ)とは踏鞴(たたら)、つまり金属精錬の神様で、
穴師(金属精錬技術者)たちに信仰されたと言いますが 後に 雷神にもなりました。

また初代大和大王に 出雲王家本家からお祝いとして送られた剣が 「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)
で 後に記紀により「草薙の剣」と名前を変えられました。現在では 尾張族(海部族)が建てた
熱田神宮の奥に保管されているという事ですが、出雲王家古老の話では「出雲型銅剣」だという事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて大穴持ち神社

大穴持ち神社は 大名持ちを祀る神社です。つまり大黒さんこと大国主を役職名でよぶ珍しい神社で 以前も奈良県吉野町にも
訪ねました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

御所市南部古瀬の集落を進みます。このあたりはもともと巨勢(こせ)と表記されていたところで 出雲王家の血を引く
武内宿禰の五人の息子の一人「巨勢の臣小柄」に始まる 巨勢氏の地盤だったところです。

散歩中のマダムに神社を聞くと「ガードレールの切れ目に小さな標識があるけど見つけにくいからゆっくり進んでね」
といわれました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

教えられたとおりに ガーとレールの切れ目にありました。湖の狭い道をバイクで降りて 左下に見えている
農作業中の方に聞くと 「バイクでは 行けないよ。歩くしか行けない」と言われたので
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここにバイクを止めて歩き始めました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここから山道が始まります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

急勾配の山道で しかも表面が砂で覆われています。トレッキングシューズをはいてきましたが滑りながら
急登します。スニーカーではとても無理な道です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ずるずる滑りながらようやく神社に到着です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朱塗りの鳥居を潜ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

早速大名持ちを祀る本殿に御参りします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿横に末社が並んでいたので見ていくと、「高照姫」、「八重事代主」、「味鋤高彦」などおなじみの出雲王家の
王族が祀られていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下りは一段と恐怖です。急斜面に砂がまいたような道なので ずるずる滑りながら降ります。
沢山あちこちの山歩きをしてきましたが、今まで出一番手強い道です。バイクなんてとんでもない道です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は 高鴨神社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

立派な鳥居です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社前に掲げられている由緒書きです。
この神社は 西出雲王家神門臣家から分家した味鋤高彦とその子孫達が立てたので 主祭神 は当然味鋤高彦と
下照姫およびその旦那の天稚彦(建葉槌)で 八重事代主も 祀られています。味鋤速雄と言うのが分かりませんが
この神社の古文書によると 味鋤高彦の息子が味鋤速雄だと書かれているらしいということです。

しかし味鋤高彦の子供は 塩冶彦、田儀津彦、大屋姫の三人ですけどなあ。まあ別のお后の子供かもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥居を潜ると直ぐに大きな池があり 舞舞台があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広く清潔なけいだいには 去年の今頃は「日本桜草」の展示会が開かれていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参道を進むと石段があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石段を登ると拝殿です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿の奥に本殿がありますが 大社造りではなく、春日造りのように見えます。
まあ千年以上の時の流れで いろいろとあったのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は最後に 御歳神社です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

御歳神社境内を進むと石段があります。周りは滴るような新緑の世界です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石段の先に大きな拝殿があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿の奥に本殿が見えていますが 近くで見ることは出来ません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿の千木は出雲式の縦削ぎで、妻入りの建物のようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

由緒書きを読むと少し不思議です。
御歳とは歳神様で 出雲地方では今でもお正月は歳神様が連れてくるといわれています。
そして主祭神 はてっきり奇日方の父上の八重波津身(事代主)と思いきや、伯母さんの高照姫です。
なぜか分かりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社入口に しゃれた建物があり 「宮司ママのお店」と書いてあり カフェ「みとしの森」の看板があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿においてあったパンフを見ると いろいろとイベントが 盛りだくさんのようです。以前来た時にはお店はなかったのに。
タイミングがあえば一度来てみたいものです。そして出雲王族末裔の方と お話をしてみたいものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「古代出雲王朝ゆかりの稚を訪ねて」トップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

57.和国大乱の舞台 伯耆の国 楽楽福(ささふく)神社界隈を歩く 2017年3月29日

2017年04月04日 23時58分09秒 | 古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて
今回は「和国大乱」と支那の歴史書に書かれた場所のひとつを巡ります。

九州物部軍の第一次東征に伴う大和の内乱、そしてこの第一次出雲戦争を 支那の歴史書「梁書」では 
「和国大乱」と記しています。  (後漢霊帝の時代 178~183)

わが国には歴史書が無いので、出雲王朝の記録に 支那の歴史書の記述が見事に合致しているのには
驚きます。支那の歴史書は 歴史学者が王朝交代の後、忠実に歴史を書くので権力に左右されず
非常に正確です。

一方日本書紀が歴史書ではなく、歴史小説といわれるゆえんは 持統女帝が不比等に命じて 自分達の都合のよい
小説を仕立てたので、事実ではないのです。自分達が 渡来人の征服王朝と言うのを絶対隠す必要があったのです。

そのため 1.自分達の祖先の徐福(素戔嗚)は支那からではなく 天の神の国から地上に降りてきた。
     2.自分達の祖先はそれ以後和国を治めてきて 政権交代の戦などなかった。
      (出雲の王はこの国を自発的に譲ってくれた)
     3.和国が支那の属国になったことなど無い。
     4.和国を女王が治めたことなどない。(ヒミコなどいなかった。)

というのですから そのデタラメぶりが分かります。

九州物部王家の80年以上離れた時代の 二つの大和への東征を一つにして「神武東征」の小話をつくり
初代大和の大王「天の村雲」の名前を消して「神武」として しかもその神武時代を 東征時代から
出雲王朝第一代主王「菅の八耳」(すがのやいみみ)の時代まで遡らせたものですから、神武から続く王朝が
非常に間延びしてしまい、つじつまを合わせるために140年くらい生きた大君が何人もいらっしゃる
というデタラメな事になりました。凄い小説になりました。

しかし磯城王朝2代目から9代目までは実在の大君の名前を列挙しているので、事実をすべて承知した上で
小説を書いたことが分かります。それもそのはず 記紀の実務責任者の太安万侶は 第3代大王玉手看の兄で
出雲王家の血を引く「神八井耳」で「太臣家」創始者で 太安万侶はその子孫です。

記紀を書き上げた後 太安万侶は幽閉されて、後に祖先の地出雲に移されて 松江市「意宇の森」で
老後を過ごし亡くなりました。今は阿太加夜神社になっています。

また太臣家はその後も続き 現在は多神社の社家として現存しておられます。
訪問記は2015.12.26の大和訪問記にあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と言うことで今回の訪問は
出雲に攻め入った大和のフトニ大王の皇子吉備津彦兄弟と皇后の細姫(くわしひめ)達が住んだ
楽楽福神社(ささふくじんじゃー東楽楽福神社) 鳥取県日南町

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
楽楽福神社はこの町に 東と西の二社ありますが 今回はこの東の楽楽福神社を訪ねました。
この神社は大和の大王、つまり和国の王のフトニ大王(贈り名は孝霊)を祀っている神社です。
何故 和国の大王が ここに祀られているのかは、少し説明が長くなります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第52回の物部神社(2016.11.20)の項で述べたように、九州物部軍の第一次東征は 最初紀ノ川河口で高倉下の子孫に破れ
転進した熊野でもゲリラ戦で 身動きが取れなくなっていました。そこで物部軍は大和へ密使を送り登美家に救援を求めました。

収拾の付かない内紛状態の大和を物部軍との協力で納めようと考えた、登美家の当主、加茂建津之身の導きで 
無事に険しい伯母峰峠を越えて大和の磐余の地に落ち着いた物部軍は 次第に強大になって行き、
当時の磯城王朝と戦争が激化していきました。

次第に強力になる物部軍を恐れて、第7代大和大王フトニ大王は皇子の大吉備津彦、若吉備津彦と細姫(くわしひめ)
を連れて西へ逃れて吉備に住み 吉備王国を造りました。この時点でフトニは大王ではなくなり、単なる地方の
一王となるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当時の大和磯城王朝系図です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方大和に残った別の皇子クニクルは第8代大王となり、磯城家のクニアレ姫を后とするも物部家からも
后を迎え入れて、物部と融和の姿勢を見せました。クニクル大王とクニアレ姫の皇子が大彦とモモソ姫です。

大彦は徹底した物部嫌いで 物部に抵抗して戦を続けたが、終には物部に大和から追い出されて北へ逃れました。
記紀にナガスネ彦と書かれて賊扱いされたのが大彦であり れっきとした大和の王子様で出雲王家の血を引き
渡来人の子孫と 格式が違うのに 負けた為に蛮族扱いです。

一方物部の血を引く大日日(オオヒビ)が第10代大王となり(贈り名は開化)次第に物部との争いは納まりつつあった。
オオヒビの妹皇女モモソ姫は母(クニアレ姫)に似て信仰心深く、磯城家第9代当主の太田タネコの保護を受けて 
三輪山に「富の霊畤」(祭祀場所)を設けて 太陽の女神(日霊女貴ひるめむち)を祭り人々の人気を得た。

※富の霊畤を訪ねた記録は 2015年12月25日の記事に載っています。

その祭祀には各地から大勢の豪族が訪れて 巻向には大きな街が出来、長かった内乱もようやく納まり
平和が訪れました。魏書に「その女王が立つと 和国の内乱は納まり 平和が訪れた」と書かれた 一番目の
ヒミコがモモソ姫です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここでヒミコについて  支那人が卑字でヒミコと書いた女王は日本語で姫皇女(ひめみこ)で
何人も いらっしゃいます。支那人たちは周囲の人たちをすべて馬鹿にして 卑字で書いたり
動物の字を当てたりして 自分達だけが人間だと思っています。

和国やヒミコの卑字を未だにありがたがって使っている馬鹿な歴史学者たちがたくさん居る事は
驚くべきことです。そんなあほな奴には 日本人の誇りが無いのでしょう。

ヒミコに付いてもう少し詳しく このページの最後で述べさせていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方吉備王国のフトニ王は 中国山地を越えて 怒涛のように出雲王国に攻め込みました。
出雲の鉄が欲しかったと言われています。

一方出雲王朝は 磯城王家を親戚と考えていたが 突然の侵入に
大慌てだったという。次第に攻め込まれたが 反撃に移り、双方に大量の戦死者を出したという。

これが出雲王家に伝えられている「第一次出雲戦争」です。

出雲兵が立てこもった山を 吉備兵たちは「鬼林山」と呼んで今も名が残っています。
※楽楽福神社の裏山が 鬼林山です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出雲兵の必死の反撃で 戦況は次第に膠着状態になり 自然に休戦状態となりました。
大吉備津彦と若吉備津彦たちは 兵を引き上げて 今の日南町に住み、その屋敷跡は東と西の楽楽福神社となっています。

一方 大神山の北側今の孝霊山のふもとに住んだフトニ王は 土地の若い美女との生活に溺れて 
後から追って来た細姫を見向きもしなかったといわれて居ます。

失意の細姫は息子のところに引き上げてさびしく余生を過ごしました。その細姫の死後 フトニ王が
住んだ今の大山町宮内では 大飢饉が起こり 人々は「細姫の祟りだ」と恐れて 土地の後家さんたちを
棒で叩くと 飢饉が治まり、平和になったといわれます。

後家さんのことを「うわなり」といったので「うわなり打ち」という行事が定着してフトニ王の住居跡に
建てられた 高杉神社の 神事として 今も伝えられています。

フトニ大王の贈り名が「孝霊」とつけられたので その屋敷裏の山は孝霊山と呼ばれるようになりました。
高杉神社訪問記は第54 2016.11.22の記事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と言うことで 説明が長くなりましたが、この東楽楽福神社は 吉備津彦兄弟と母親皇后の細姫の
住居跡に建てられたので、当然主祭神 は フトニ大王(孝霊)、細姫、大吉備津彦、若吉備津彦
の親子4人が 主祭神 です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日南町宮内の東西楽楽福神社と 出雲兵が立てこもりゲリラ戦を仕掛けた「鬼林山」の位置図です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

和国大乱当時の各陣営配置図です。実際の激戦地は 奥出雲と伯耆の境界上のあちこちで戦闘が
行われましたが、膠着状態のあと 自然休戦になり、フトニ王(大和を追われたのでもう大王ではありません)
は愛人と 高杉神社に、皇子の吉備津彦兄弟と細姫は楽楽福神社に住み分かれました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県道に大きな看板が立っているので 入口はすぐ分かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石段を登っていくと 鳥居があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥居を潜って更に進むと突き当たり左に神門があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが神門です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神門に杉玉が飾られていました。今ではこの玉は造り酒屋の印ですが、もともとは 酒造の神様に
ささげて酒の豊穣を祈願したりするものです。

吉備津彦たちは 出雲王家後を引いていますが、徐福の血 つまり秦族の血も引いているので
酒造の神様とされたのでしょう。

ちなみに京都嵯峨野というより、太秦の松尾大社は 徐福とその后の宗像王家(出雲王家の宇佐分家)
の宗像三姉妹の末娘 市杵島姫の二人を祀っていますが 嵯峨野太秦を開拓した秦族たちは
酒造、養蚕を広めたようです。

それゆえ 松尾大社は お酒と養蚕の神様として有名です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神門を潜って更に歩いて進みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正面に拝殿が見えてきました。その右は末社です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿には 私が鳥居を潜ったときから 雅楽が流れていて 誰か居るのかと探しても無尽なので
テープかCDから 音楽が流れているのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

賽銭箱にお金を投入れた途端 獅子舞が踊りだしたのにはびっくりしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

横に回ってみると拝殿の奥が 本殿です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿は一見出雲式のように見えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

千木は 出雲式の縦削ぎです。屋根つきの階(きざはし)で建物の妻側に出入りするのは出雲式です。
屋根の棟に「楽楽福神社の楽楽福」の金物が取り付けられています。

ちなみに徐福の血を引く吉備津彦たちの子孫は 「福」の字が好きです。この伯耆の国にも あちこちに
福万来、福長、福岡原、福万 などの地名がたくさんあります。
徐福の血を引くが自慢だったのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境内の一角に石が展示してありました。近寄ってみると説明看板があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読んでいくうちに笑ってしまいました。出雲兵のことを鬼と呼び その鬼が投げつけた石だそうです。
和国で最初に誕生した王国の守備兵を「鬼」と呼ぶなら 渡来人で出雲王国内で大暴れした野蛮な
海童達の子孫は 何様なのでしょう。

出雲兵を鬼と呼ぶお前らこそ 品の無い 知性と教養の欠如した野蛮人なのだよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その2 徐福の子孫達の侵入ルートを歩く。そしてひみこについてもう少し詳しく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
楽楽福神社に引き続き 私は船通山へ向いました。
この付近の方に道を聞くと「ダメダメ、雪が深くて あんなところへはまだまだ行けないよ」
と猛反対されたのですが、一応行ってみます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

楽楽福神社から国道183号線を南へ行くと 島根県奥出雲町横田へ行く道があります。
フトニ王の吉備王国軍は この道を奥出雲へ怒涛のように侵入したといわれます。
私はその県道15号線に入ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで県道を分岐して林道へ向います。

このまま進むと奥出雲、横田、三成、木次などタタラ製鉄の中心部です。そこから更にもう少し行くと
出雲南部に出て 西出雲王家神門臣家、東出雲王家向家の心臓部です。
出雲軍が必死に反撃に出たのも分かります。このあたりで死闘が繰り広げられて双方に沢山の死者が
出たと伝えられます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここが林道入口です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

林道にはまだまだ雪が多く 進むのに難儀します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このあたりまでは スコップで除雪しながらなんとか進みましたが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

進むに連れて 雪は深く 倒木、倒竹が道を塞ぎお手上げになり 引き返しました。

素戔嗚(すさのおー徐福のこと)は天の国からこの山に下りてきたと出雲風土記に書かれました。
徐福が石見海岸の五十猛海岸に着いて、出雲王国内で大暴れした事は 出雲の民や王族は皆知っています。

とんでもない事が風土記に書かれたのは 徐福の部下の穂日の子孫の韓日佐達が、第二次出雲戦争で
出雲がイクメ軍に降伏した後 イクメ王に 出雲を降伏させたのは自分達が物部軍をひそかに導いたからで、
出雲国造にふさわしいのは自分達穂日の子孫だと強引に頼み込み、既に決まっていた 進駐軍司令官の 物部十千根から
出雲国造を変更させたからといわれています。

穂日の子孫達は 徐福のことを少しでも神に近づけたかったのでしょう。

風土記を見た出雲の人たちは
「ほなら、何かい、徐福達は船に乗って 五十猛海岸にではなく、この山に着いたのかい」
と笑い出して この山を船が着いた山ー船通山と名づけたそうです。

時の最高権力者 右大臣の藤原不比等に表立って反抗する事はできませんからねえ。

ちなみに徐福の忠実な部下の 穂日の子孫が 今の出雲大社の宮司さんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

船通山から引き返して楽楽福神社まで戻ると 人者入口からは 昨日私が郡の急斜面で滑落しそうになり
もう少しで死ぬところだった 大山の郡の稜線が 昨日はホワイトアウト立ったのに今日ははっきり見えていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここでヒミコに付いてもう少し詳しく 述べさせていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ヒミコつまり姫皇女を一覧表にまとめました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ちなみに2番目のヒミコは宇佐豊玉姫でこのお方はイ二エ王が日向西都原で亡くなられた後当時和国で尤も強大な王国
である物部宇佐連合王国の名実共に女王(皇后)で、魏の和国駐在武官テイシュンから直接和国印をもらい 
肩に直接錦帯を架けてもらいました。そのお姿は非常に威厳があったと書かれています。

魏の役人が直接会った唯一のお方(ヒメミコ)です。その他のヒメミコ方の話はすべて伝聞と書簡の話です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3番目のヒミコは大日霊女貴(おおひるめむち)と呼ばれたサホ姫(第10代大王彦坐の皇女)で
このお方は最初大和入りしたイクメ王と組み 三輪山で日霊女貴(太陽の女神ひるめむち)を崇拝し人気を得ますが、
遅れて大和入りした豊国軍に追われ 兄皇子のサホ彦と共に敗走されます。近江から尾張へ さらに
日下部の連と名を変えて甲斐の国に隠れ住んだといわれます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4番目が豊玉姫の娘豊姫(魏書では台与トヨと書かれ、記紀では豊来入姫とか豊鍬入り比売と書かれた)で、
イクメ王の侵入で大和が 戦乱状態に陥ったときに 当時伊都国に駐在していた魏の駐在武官 張政により
豊玉姫の後継者に指名されて 大和入りし 一時的に戦乱が納まりました。

豊来入姫は大和笠縫村檜原神社で月読みの神を奉じて 若日霊女貴とよばれました。しかし豊国軍の強大化と豊来入姫の
人気に 自分が追い出されるのを恐れたイクメ王が出雲系の加茂田田彦に 助けを求め、田田彦は三輪山や 
豊国軍に奪われた領地を回復すべく 出雲から援軍を得て 豊国軍を追い出すのに成功します。

豊国勢は大和を追われ、尾張方面へ闘争します。愛知県に数ある豊のつく地名はその名残です。
豊来入姫は 丹波、伊根と逃れて最終的に伊勢の出雲系の椿大神社(サルタ彦を祀る)
で保護されて 余生を送ったがイクメ大王が放った刺客に倒されて亡くなり遺体は大和へ運ばれて
ホケノ山古墳に葬られました。姫は最初宇佐から来られたので 「宇佐女の命」と呼ばれましたが
織ってを避けるため 「ウズメの命」と呼ばれるようになりました。現在 椿岸神社では
「ウズメノ命」として祀られて居ます。

※椿大神社(つばきおおかみやしろ)、椿岸神社訪問記は2015年10月7日です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5番目のヒミコはヒバス姫です。イクメ大王に終に倒された約300年続いた磯城王朝最後の大王、道主大王の
娘皇女がヒバス姫です。

イクメ王に丹波まで追い詰められて降伏した道主大王は彦タツヒコと名前を幼名に戻して 因幡国造として
因幡に住みます。

ヒバス姫は一時因幡にも住んだので 中国山地の比婆山にほうむられたとか 神話が多く作られましたが
彼女の御陵は奈良市山稜町にあります。

また 彼女は西暦265年に晋へ使者を送り献朝し ヒミコとして記録が残されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6番目のヒミコがヒバス姫とイクメ大王との娘皇女 大和姫です。彼女は丹波の竹野郡で生まれ、宇良神社で
月読みの神とともに 太陽の女神の日霊女貴も奉じました。

そしてさらに志摩の国へ行き、そこで出雲系の井澤登美の命の保護を受け五十鈴川のほとりに内宮を建て
最初の伊勢斎宮として太陽の女神を祀ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
王朝、姫皇女の一覧表については 斎木雲集州著「古事記の編集室」、「出雲と大和の曙」、「出雲と蘇我王国」
勝友彦著「親魏和王の都」いずれも大元出版 などをもとに私が作成しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
古代出雲王国トップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

ヤマトタケルのお墓と国押人(くにおしひと)大王稜(孝安稜) 2017年1月7日

2017年01月12日 12時31分25秒 | 古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて
ヤマトタケルのお墓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前から 地図を見て気になっていた場所があった。ヤマトタケルのお墓である。
私の住む 河内平野の東側に並ぶ 金剛葛城の峰々のすぐ東側の奈良県御所市にある。
天気の良い日に 出かけてみた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヤマトタケルは何時ごろの人だと宮内庁や記紀製作者は言うのだろう。

※この一覧表については 斎木雲集州著「古事記の編集室」、「出雲と大和の曙」、「出雲と蘇我王国」
勝友彦著「親魏和王の都」いずれも大元出版 などをもとに私が作成しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
約300年続いた磯城王朝を 九州物部王家のイクメ王が幾多の苦難の末に倒して大和入りします。
晴れて大和の大王となり、石上神社(いそのかみ)で物部王朝を開いたのですが 非常に短命に終わります。
イクメ大王の孫のワカタラシ大王は若くして戦死して 物部王朝は終わります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記紀の政策方針の第一は 自分たちが渡来人の子孫だという事を隠す事です。
そのため自分たちの祖先は 天上世界から降りてきた神の子孫だと言ったのです。
秦国人徐福が祖先だとは決して悟られてはなりません。

第二の方針は 血で血を洗う征服戦争なぞ無かった事にして 万世一系を主張して
政権交代など無かったといったのです。出雲王朝は 倒したのではなくて 
国を譲ってくれたというわけです。

そういわないと渡来人の子孫の征服王朝の言う事など 誰も聞きませんよねえ。
そういう編集方針を 持統女帝は藤原不比等に指示したようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それで 磯城王朝などなかったことにしたいのです。
系図を見てもらうと分かりますが、徐福の孫の初代大和大王「天の村雲」は名前が消されて
神武(磐余彦)と言う名前に替えられて しかも存在を出雲王朝の初めまで 引っ張ったものですから
140年くらい長生きした大王(このころはまだ天皇とは言いません)がたくさんいることになっています。

そうしないとつじつまがあいませんからねえ。でも記紀は歴史書ではなく 歴史小説ですからねえ。
そこまでつじつまを合わせなくてもよさそうに思いますが。

政権交代を隠すため 磯城王朝の10代、11代を消して代わりに日向都萬国のイ二エ王を
10代大和の大王にします。九州を一度も離れた事の無いこのお方の お墓まで宮内庁はでっち上げます。
嘘もここまで 真剣につくと あきれますねえ。

※イ二エ王(崇神)稜は「2015年4月1日その2天理市」の記事に載せています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大和で物部王朝を打ち立てたといえども その政権基盤はまだ弱く、大和では依然として出雲王家の分家の
登美家、加茂家が大きな力を持っていたといわれます。
イクメ大王の皇子のオシロワケ大王やワカタラシ大王も自ら征服戦争にでかけたといわれます。

大王が自分で征服戦争に出かけるのは さすがに格好悪いと 記紀編集者は思ったのでしょう。
そこでヤマトタケルを思いついたのでしょう。

自ら大王が戦争に出かけたり、自ら大王が支那へ朝献にでかけるのは 格好悪いので
代わりに架空の人物にやらせるのは 記紀の随所に見られます。

ヤマトタケルの行動も オシロワケ大王やワカタラシ大王(景行、成務)の行動だったのです。
ヤマトタケルが若くして戦死したのも ワカタラシが若くして戦死したのと似ています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

集落の中の狭い路地を歩いて行きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな標識が無ければ分かりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

突然新しい立派な石段が現れます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この右上の森がお墓のようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

門にはちゃんと宮内庁の看板もあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

説明看板です。嘘をつくなら徹底しないと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご丁寧に石碑まであります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この森が古墳です。この地は出雲系豪族の古墳だらけですから、よさそうなのを宮内庁が
「これがいい」と決めたのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この葛城地方は出雲系の豪族が開拓したのです。

紀元前220年ごろ、石見の国五十猛海岸に上陸した徐福は事前に部下の穂日を出雲に遣わして 
上陸の許可を取っていました。穂日の子孫が今の出雲大社の宮司です。

大勢の技術者や海童(青年男女)をひきつれた徐福は出雲王国の王となるべく野望を持っていたと思われます。

言葉巧みに 出雲の主王(役職名は大名持ち、個人名は八千矛で記紀では大国主と書き換えられました)
と副王(役職名は少彦、個人名は八重波津身で記紀では事代主と書き換えられました)を誘い出して
それぞれ 猪の目洞窟と志都の岩屋洞窟に幽閉殺害したのです。
※これらの洞窟の参拝記は2013年3月18日の記事に載せています。

主王副王を同時に殺害された王国は、大打撃を被りますが、八重波津身の皇子鳥鳴海がすぐに
第九代大名持に就任して 王国を立て直したといわれます。王になりそこなった徐福は 一旦秦国へ
引き上げて更なる資金と技術者と 海童を始皇帝に要求して二度目の来日は 佐賀浮杯に
再上陸します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東出雲王家富家の副王の后の「沼川姫」は皇子タテミナカタをつれて実家の糸魚川へ帰ります。建御名方はその後
諏訪地方に大勢の出雲人や越の人を連れて移住し 諏訪湖の開拓に成功します。
いくつかある諏訪大社の主祭神は すべてタテミナカタと 御母堂の沼川姫です。 

別の后の活玉依り姫は皇子奇日方(くしひかた)をつれて実家の三島郡にかえり、奇日方は大勢の出雲人と
三島の人を連れて葛城地方に移住し この地を開拓して 登美家を名乗ります。

一方西出雲王家神門臣家の皇子味鋤高彦は葛城南部に移住し開拓に成功して 高鴨家を名乗ります。

つまり 葛城地方は 出雲族により開拓されたのです。その出雲王家の豪族たちの墓を勝手に占領して
立ち入り禁止として、小説の中の主人公のような「ヤマトタケル」の墓である、なんて
でっち上げているのです。程度が低いなあ宮内庁は。

つまり御伽噺の浦島太郎のお墓だといっているようなものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国押人(くにおしひと)大王稜(孝安稜)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初代大和王朝の系図を 各種資料をまとめてみました。

初代の「天の村雲」は徐福の長男五十猛が自分の腹違いの妹の穂屋姫と結ばれてうまれたのです。
当時としても 自分の妹と子供を作るのはタブーでした。このあたりが 記紀製作を指示した
持統女帝の気に障り 神武の名前に書き換えられたのでしょう。

しかしその後大和王朝は3代続けて出雲王家から后を迎えます。当時の皇子は母親の宮殿で育てられたので
3代目の玉手看から「自分は出雲王家の分家の磯城家だ」と磯城王朝を名乗ります。

今回訪ねる国押人大王は6代目の実在の大王です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地図を見て探しますが どうもこの小山のようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この看板があったから 確信が持てました。
さらに歩いて行きますが この道は昔は古墳の周りの堀だったようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しばらく歩くと、入口にはちゃんと駐車場もありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちゃんと孝安と書いていますが、さきほど架空の皇子のお墓を見てきたばかりなので
あまり全面的には信用できません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

立派な道がついているので 登ってみます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

道は続いています。かなり大きな山です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社がありましたが、鍵がかかり本殿はおろか拝殿にも境内にも入れません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

扁額の字が消えて詠めませんが近くに別の神社もあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少しはなれたところにも 石の鳥居の名も無い神社がありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あちこち探し回ってやっとそれらしいところに出ました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フェンスがあり、近寄れません。ここまでです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フェンスからは 金剛葛城の峰々が正面に見えていました。

この稜は昔は小山全体が大王稜だったのかもしれません。今は神社が3つも作られていました。
南側の斜面は大きく削られて お寺が出来ていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国押人は西暦107年に後漢の安帝に朝献に行っています。奴隷160人を献上したそうです。
支那の歴史書には 「師升」とかかれているそうです。これは「くにおしひと」の「しひ」だけ
表記して「師飛」と書かれたのを別の役人が 写し間違えて「師升」と書いたと考えられてます。

当時の支那では 支那人以外は みな短縮表記、卑字表記、動物名表記が普通でした。
和国、大和国、姫皇女などを卑字で表記されたのを 2千年も経っているのに いまだに
卑字をありがたがって使い続けている歴史学者がいますねえ。馬鹿としかいいようがないですねえ。

江戸幕府に 朝鮮通商使が来て「和国」を卑字で書いていたので 幕府が激怒して
書き直させたという逸話もあります。

愚かな歴史学者たちも もっと日本人の誇りを持たないと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の訪問記の高杉神社と孝霊山は この国押人の息子のフトニ大王が 大和を物部に追われ
出雲と伯耆に攻め込んだ「第一次出雲戦争」の跡を見て周りました。

出雲王家としては 親戚と考えていた磯城王朝に突然大軍で 攻め込まれて訳が分からなかったのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は「島の山古墳と比売久波神社」です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「古代出雲王朝ゆかりの地を尋ねて」トップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

島の山古墳と姫桑(比売久波)神社 ソツ彦大王の后稜と神社 2017年1月7日

2017年01月12日 11時35分19秒 | 古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて
島の山古墳と姫桑(比売久波)神社 長江襲津彦大王の后、髪長姫の稜と神社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず古墳の場所と神社の場所です。奈良県磯城郡川西町にあります。
この磯城郡というのは もちろんあの出雲王家の大和分家磯城家、磯城王朝の磯城です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ここに葬られているお方は 葛城襲津彦(かつらぎそつひこ)大王のお后の「髪長姫」です。

※この一覧表については 斎木雲集州著「古事記の編集室」、「出雲と大和の曙」、「出雲と蘇我王国」
勝友彦著「親魏和王の都」いずれも大元出版 などをもとに私が作成しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

襲津彦大王の舞台の変遷もまとめてみました。
曽祖父の「松江意宇の森」から始めています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初代大和大王「天の村雲」の母親違いの弟の「高倉下(たかくらじ)」は 母親の出雲王家の姫君
「大屋姫」とともに 紀の国へ移住して開拓し、紀の国造となります。

高倉下の子孫の「山下影比売」と 九州物部王朝の重鎮「物部彦布都押」との間の皇子が武内彦です。
若くして才能溢れる武内彦は イ二エ王に高く評価されて活躍しますが、早世したイ二エ王の後を継いだ
宇佐豊玉姫(偽書に書かれた2番目のヒミコ)に疎まれます。豊玉姫の息子豊彦(記紀では豊鍬入彦とか
ウガヤフキアエズと書かれます。)より偉くなるのを恐れて 魏への使者に行かせても「官位」を
要求することはしませんでした。

魏に数回施設を送ったヒミコは 自分の息子の豊彦や 朝鮮王子ヒボコの子孫の田道間守には
「中朗将」の官位を要求したのに 施設団長で行った武内彦には 無官位のまま帰国させます。

ショックを受けた武内彦は イクメ王に反旗を翻して 磯城王朝側に就き イクメ王と戦いますが
破れて 出雲王家に保護を求めて 出雲で守られて 松江の意宇の森で余生を送り亡くなりました。

遺体は 弟のウマシウチが奥出雲の神原遺跡の古墳を作りました。
※神原遺跡の見学記は2015年11月13日に載せています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その武内彦のひ孫が 日向西都原の 日向襲津彦王です。

ここで 三韓征伐に付いて。

朝鮮辰韓の王子「ヒボコ」は西暦80年頃来日します。その子孫がオキナガタラシ比売(息長姫)です。
彼女は大和物部王朝(イクメ大王に始まる)の三代目ワカタラシ大王(成務帝)に嫁ぎ 皇后となります。
後の世の贈り名は神功皇后です。

その頃辰韓が滅び、新羅が興ります。辰韓王の家臣が王朝を興したといわれています。
当時の朝鮮では 人民も領土も すべて王のものという考えでした。そのため 辰韓王の血を引く
息長姫は 新羅に対して 財産要求をしましたが 全然 取り合ってもらえなかったといわれます。

息長姫は 朝鮮出兵を夫君のワカタラシ大王に持ちかけますが 大王は断り それが元で疎遠になったといわれます。

その断りは無理もないと思います。大和の大王になったとはいえ 大和では 依然としてい出雲王家の分家の
登美家が断然力をもっていて、しかも各地にはまだ物部家に従わない豪族がいて 大君自ら戦に出向く次第です。

朝鮮出兵などしてる余裕は無いと思われます。現にワカタラシ大君は豊前の国で若い身で戦死します。

次に息長姫は 豊前中津彦に朝鮮出兵を持ちかけますが 中津彦も断り その後中津彦も戦死します。

何故か 記紀はこの中津彦を大和の大王に仕立てます(贈り名は仲哀帝)。中津彦はオキナガ彦の夫でも大王でもなく
単なる相談を持ちかけた部下で 和国にも息長姫にも何も貢献していないのに。

次に息長姫は 日向の西都原の王、日向襲津彦に相談します。襲津彦王は快諾して 自らのネットワークで全国から
水軍を集めたといわれます。自身の出身地の紀伊水軍はもちろん、終わりの水軍、単語の海部(あまべ)水軍、
北陸の大彦の子孫の各地の水軍を集めました。すべて 出雲王家の血が共通している事が役立ったのでしょう。
出雲王朝の血が いかに各地の豪族の連帯意識を強くしていたかの証明でもあります。

夥しい和国水軍の軍船を見た新羅は 戦わずして降伏し、人質と年貢を和国に送る事を誓約したそうです。
その足で和国大艦隊は百済、高句麗にも足を伸ばして降伏させて 三韓征伐に大成功して凱旋帰国します。

それ以後和国には沢山の資金が流れ込み、河内に巨大古墳を築く資金となります。
任那が出来たのは その年貢の集積地としてです。

記紀の製作者は 任那の出来る100年以上前の イクメ王の父イ二エ王を崇神帝として 大和の大王にでっち上げて
しかも任那が昔から存在したように見せかける為に 「ミマ来入り彦イ二エ大王」なんて名前にしています。
ミマナから大和へやって来たイ二エ王といっているのです。小ズルイですねえ。
それに乗っかって イ二エ王のお墓まで作った宮内庁はもっとズルイですけどねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帰国した襲津彦は 実質的に大王として 摂津の国住吉郡桑津に宮殿を構えます。
今の 大阪市東住吉区桑津あたりです。

その後 襲津彦大君は 葛城に移住して 葛城の長江に宮殿を構えます。

この長江というのは 時代が経つと 「長柄」と表記され、その後「名柄」とかかれるようになったそうです。
出雲式銅鐸(銅鐸、銅剣はほとんどが出雲で生産されたそうです。)が発掘された事で有名な
御所市名柄には 非常に古い「長柄(ながえ)神社」が現存しています。

長江に宮殿を構えた襲津彦大君は「葛城長江襲津彦」と呼ばれました。また髪長姫は
摂津の桑津から来られたので 「桑津比売」と呼ばれたそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

島の山古墳です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

古墳の説明看板です。誰のお墓とは触れていません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

古墳の全体写真をパノラマで撮ってみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

姫桑神社は古墳のまん前にあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが神社の正面です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社の説明看板です。是を読んだらびっくり仰天、なんと「天八比売」がご祭神だそうです。
「あまはちひめ」?なんのこっちゃいな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

摂津の国住吉郡桑津の今の地図です。明治の初めまで住吉郡桑津村だったそうです。
ここから 来られた比売なので「桑津比売」なのです。もともとは日向髪長比売とよばれていたそうですが。

「あまはちひめ」 なんてどこからでてきたのでしようね。知りたいものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿です。お正月らしい 立派なお飾りがありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿の中にはこの神社に伝わる御祭りらしき様子の絵がかけてありますが ガラス越しなので 良く見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿です。春日大社の何とかを移築したと説明看板に書いてありました。

しかし屋根つきの階で、妻入りの建物は 形式は出雲式です。それと千木の縦そぎも出雲の神様を祀
る社です。手前の摂社は恵比寿を祭っていると書いてあるので もしかすると事代主を祭ってあるのかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの摂社はどちらかが 大国主を祭っているそうです。

つまり真ん中に 主祭神 の髪長姫を祀り 左右に 夫君の遠い祖先の 古代出雲第八代の主王
八千矛(記紀では大国主と書き換えられた)と副王八重波津身(記紀では事代主と書き換えられ
時代が下がると恵比寿様と言われた)を祀っているのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

古墳見学と神社参拝が済むと、ちょうどお昼になったので 古墳の隣のレストランに入りました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ランチを頼みました。是にデザートのケーキとコーヒーが付いて 1200円で、とてもおいしかったです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レストランの名刺です。住所は あの磯城王朝の磯城です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて」トップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

佐毘売山(俗称三瓶山)麓の迩幣姫(にべひめ)神社と物部神社 2016年11月20日

2016年11月29日 11時24分22秒 | 古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて
今回の古代出雲王朝ゆかりの地を廻る旅は 
1.迩幣姫神社、2.物部神社、3.大屋姫神社、4.五十猛神社、5.富神社、それと6.高杉神社を回ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
佐毘売山(佐姫山)は古代出雲王朝では 重要な山でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
古代出雲王朝の国教は 幸の神三神であった。つまりクナト大神、佐毘売のミコト、それに皇子神の
サルタ彦です。ちなみに サルタとは古代インドのドラビダ語で鼻の大きいとか鼻の長いという
意味で つまり今のヒンドゥーの「象神 つまり ガネーシャ」のことです。

クナト大神は 大神山(おおがみやま)に祀られました。そして大神山は いつの間にか「大山(だいせん)」なんて
俗っぽい名前に変えられて、「大神山神社(おおがみやまじんじゃ)」だけにその名前が残っています。

佐毘売のミコトはもちろん佐毘売山に祀られました。明治時代の陸軍の陸地測量図にも「佐毘売山」
と書かれていたそうで、何時誰が 「三瓶山さんべさん」なんて陳腐な名前に替えたのでしょう。

2500年も続いた 出雲族に親しみのある佐毘売山を復活して欲しいものです。

そして皇子神のサルタ彦は 鼻が高い山すなわち 出雲北山の鼻高山(はなたかせん)に祀られて居ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

物部神社へ向かう途中、たまたま「布引池」の前を通りかかりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

池の中に鳥居があるのでびっくり。車を止めて良く見ると、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社の名前は「迩幣姫神社(にべひめじんじゃ)」というのだそうです。

説明を読むと 西暦684年(日本書紀が世に出る少し前)に佐毘売山の噴火で西側が崩れて
布引池ができたそうです。そのとき 3この瓶が飛び出て 一つは これから向う物部神社へ落ちて
二つの瓶が この池の東側に沈んだそうです。

それからこの池が付近の農作業に欠かせない水を供給するようになったので、二瓶の女神をまつり
二瓶姫(迩幣姫にべひめ)と言う名前の女神にしたらしいのですが、この三つの瓶が飛び出たという
御伽噺を誰が作ったのか わかりませんが 明治以降に程度の低い奴らが この話に飛びついて
佐毘売山を三瓶山に変えたようです。

その程度の低い奴らは 恐らく幸の神三神など 知る由もなく まして佐毘売のミコトがなにものなのか
全く知らなかったのでしょう。

また知っていて あえて変えたとしたら、どういう輩かは大体想像がつきます。

物部の子孫の系統か、もしくは 徐福の忠実な部下で穂日の子孫である韓日差など 物部政権成立に
影で協力し 出雲王朝滅亡の手引きをした 穂日の子孫たちでしょう。その手柄で穂日の子孫果安は
物部イクメ大王(垂仁)から出雲国造にしてもらったのですから 出雲王朝の名残をこの地方から
消してしまいたいはずです。

※ ちなみに穂日の子孫が今の出雲大社宮司です。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして二つのビンのお姫様なんてわけ分からん姫と同時に 祭られているのを読んでびっくり仰天。
なんと出雲王家の九州分家、宗像家の宗像三姉妹なのです。

田紀理姫(たぎりひめ)とは三姉妹の長女、田心姫(たごりひめ)の事で 日本書紀でこう書かれました。
田心姫は 第七代出雲主王(役職名大名持ち)の天の冬衣に嫁がれて 八重波津身(第八代副王ー
役職名少彦、後に徐福と穂日に幽閉殺害されて 記紀では事代主と書かれた)と高照姫をお産みになりました。

高照姫こそ 徐福の第一次和国渡来後 彦火明り(ひこほあかり)と和名を名乗った徐福に出雲王家から嫁がれたのです。

宗像三姉妹の次女多岐津姫(たぎつひめ)は 第八代出雲主王八千矛(やちほこー後に徐福と穂日に幽閉殺害されて
記紀では大国主と書かれました)に嫁がれて 味鋤高彦(あじすきたかひこ)をお産みになり 
さらにその妹姫皇女で大屋姫がお生れになります。

大屋姫は 徐福の長男「五十猛(いそたけ)」に嫁がれて 高倉下(たかくらじ)をお産みになります。

宗像三姉妹の末娘が市杵島姫(いちきしまひめ)で記紀には、狭依理(さより)姫と書かれました。
市杵島姫こそ 徐福が出雲から一旦秦国へ帰国して、秦の始皇帝からさらに 大量の資金と海童たち、
そして技術者たちを もらい 二度目に佐賀の浮杯に上陸してから 宗像家から迎えた姫が 市杵島姫なのです。

そして九州では饒速日(にぎはやひ)と名乗った徐福(記紀では素戔嗚すさのお と書かれました)との間に
生まれたのが 穂穂出見で、物部家の始祖なのです。そしてその妹の穂屋姫と 五十猛との間に生まれた天の村雲こそが
大和に進出して、既に大和に地盤を築いていた 出雲王家の大和分家の登美家、高鴨家の協力で
大和の初代大王となられたのです。

※ 記紀では天の村雲の名前は 完全に消し去られて居ます。そして神武と言う架空の名前の人物になっていますが
二代目の沼川耳から玉手看、スキトモ、カエシネ、クニオシヒト、フトニ、クニクル、オオヒビまでは
そのまま実名で掛かれていますが その後はオホド大王までグチャグチャです。このブログのはじめのほうを読んで頂くと
そのグチャグチャの史跡を訪ねた記録があります。

そして今回の出雲訪探では 第七代フトニ大王(孝霊)の神社も尋ねます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
五十猛が 腹違いの妹の穂屋姫との間に生まれた 天の村雲が初代大和大王になったことは
記紀の作成を指示した 持統女帝の気に入らなかったのでしょう。当時でも腹違いとはいえ
兄妹で 子供を作るのはタブーだったのかもしれませんねえ。持統の気に触ったのでしょう。

つまりこの三ビンの話と 二ビンの話は記紀が出来た後で 記紀に寄り添うように 出雲の気配を消して
藤原不比等ら 政権の中枢に ゴマすりをするため創られた事が想像できます。

尤も記紀の内容に合わない各地の風土記は 書換えさせられたり 焼却処分させられたので
記紀によりそうしかなかったのは分かりますが。

つまり この話を作ったのは 出雲王国内で 国造でありながら、完全に浮いていた 穂日の子孫たちなのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

布引池の周りを見渡しても 神社の建物は見当たりませんでした。松江に来たくしてネットでしらべると
どうやら、池の南東隅の島にあるようです。機会があればまた訪ねてみたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この池の周りの集落には 土蔵に「龍」の鏝会がありました。これは 古代出雲王国内で 幸の神三神とともに
信仰された 龍蛇神信仰の名残です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

池の近くのダムは 「佐毘売湖」と名前がついていました。山も佐毘売山に 戻して欲しいものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて 物部神社を尋ねます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
九州物部王家はイクメ王を中心とする勢力が 日向の西都原を出発し、瀬戸内海を東進し、吉備で 
吉備王国と激戦を繰り広げていました。

一方九州物部家別動隊は 曙立王(この方は出雲王家親戚の大和登美家の方です)と 宇佐王家の
菟ノ上王たちの軍勢が 穂日の子孫の導きで 出雲郡の手薄なところを通り 西出雲王家「神門臣家」に
攻め込み、激戦の末当時の第十七代出雲主王山崎タラシ大名持ちを降伏させました。 

一方物部軍の田道間守(たじまもり)は 朝鮮辰韓の王子ヒボコの子孫ですが ヒボコが西暦150年頃に
出雲王国に上陸しようとして 大名持ちから「出雲の法律を守るか」と聞かれ 拒否した為上陸を断られて
但馬の丸山川上流へ行き 苦労して湿地帯を開拓した事を 恨んでいたのです。

田道間守は東出雲王家の向家の霊畤(祭祀場所)の田和山神殿を急襲し、激戦の末に破壊して 大和へ向います。
当時の出雲王朝少彦は 富太田彦で後の野見の宿禰 です。

大和入りしたイクメ大王の言う事を聞かず 自分が大和王の様に振舞う 田道間守に手を焼いた 
イクメ大王に請われて 富家太田彦は 野見太田彦と名前を変えて (そのまま富性を名乗ると登美家に反感を抱いていた
大和の豪族たちに気を使ったといわれて居ます)出雲兵を率いて大和入りしました。

そして 田道間守の兵を蹴散らした 野見太田彦は イクメ大王に感謝され 物部の重鎮の称号「宿禰」と
領地を大和に貰い野見の宿禰 として 有名です。

しかし記紀では 野見の宿禰 と但馬のケハヤ(當麻のケハヤ)の相撲話に
置き換えられました。戦争が 大相撲の起源に変えられた ばかばかしい記紀の作り話です。
自分たち大和朝廷が 渡来人の征服王朝の子孫だという事を隠すため そんな戦争などあってはならないのです。

田和山神殿跡は 松江市の遺跡公園として 公開されています。
沢山の壊れた武器と 痛んだ遺骨が発掘されました。激戦を物語る物です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
物部神社は その九州物部軍の東征の日本海東進舞台の 石見本陣のあとに建てられました。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

物部神社はとても大きな神社です。大きな鳥居を潜ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正面に立派な拝殿が見えてきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注連縄は出雲式の太くて短い注連縄と違います。
出雲式の注連縄は 龍蛇神信仰の 蛇神を現すといわれて居ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿の奥に 本殿が見えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿は奇妙な作りです。出雲式の妻入りですが 大社造の九本柱ではなくて 12本柱のように見えます。
また大社造のように 階(きざはし)で妻入りするのではないようです。
春日造りのようにも見え 大社造りを真似たような 奇妙な建物のようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石見一ノ宮(石見の国で一番古くて権威あるお宮)というだけあって 立派な神社です。
創建1500年とありますが 物部東征は西暦246年頃に始り その本陣跡が神社になったといわれるので
1500年は 妥当な数字かもわかりませんね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この社の主祭神 は 鶴に乗ってこの地に降りてきたと書かれています。
ということは 主祭神 は地元のお方ではなくて 遠くからやって来たお方だといっているのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社の由来書を呼んでさらに驚きました。なんと 物部ウマシマジだというのです。
ウマシマジは 記紀が創り上げた架空の人物です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
物部第二次東征の約120年ほど前に 九州物部軍の第一次東征がありました。

彦渚武王(ひこなぎさたけ)の3人の皇子達が 瀬戸内海を東進しました。紀ノ川の河口から大和入り
しようとして 河口付近で 紀の国国造家高倉下の子孫の名草姫たちの強烈な反撃で 長男物部の五瀬は戦死します。

五瀬は戦死したその場所に葬られ、和歌山竈山神社が創建されて 今も子孫たちが守り続けていらっしゃいます。
その竈山神社を後ほど紹介します。

一旦紀伊水道へ引いた残りの物部軍は 南下して熊野から上陸しますが、ここでも磯城家のゲリラ戦で前進出来ず
熊野川河口に 留まり続けます。その跡が熊野本宮大社です。

困り果てた物部軍は さらに九州久米地方から兵力を増強しました。そして 大和へ密使を送り 登美家の「加茂建津之身」に
道案内を頼みます。加茂建津之身が 物部軍を先導して 熊野川沿いに進み 無事に磐余(いわれ)の地に落ち着きます。

もちろん磐余は登美家の領地で、今も櫻井市磐余付近には「トビ」と言う地名がたくさんあります。

感謝した物部軍は加茂建津之身を「ヤタガラス」として 末代まで感謝したという事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
熊野に上陸した物部軍は 五瀬の弟の 物部稲飯(いないい)と三毛入(みけいり)ですが
どちらが大将なのか良く分かりません。困った記紀製作者は 物部ウマシマジという架空の人物を創り上げました。
そのウマシマジが この物部神社の主祭神 だというのです。

稲飯と三毛入たちは 磐余に落ち着いて 「磐余彦」と呼ばれました。

記紀では この物部東征の 第一次と 第二次を一つにして 架空の大王「神武」を創り上げて
「神武東征」話をつくり 神武を 磐余彦としました。(記紀ではカムヤマトイワレビコ)

しかも その神武時代を出雲王朝初期まで引き上げたものですから 各大王の時代も存在期間も 
凄い事になっていて 百歳以上の大王も居ますし 九州から一歩も出ずに亡くなったイクメ大王の父上の
イ二エ王を大和の大王にしてみたり(贈り名は崇神) 嘘が嘘を呼んで大変です。

熊野上陸地点の 稲飯と三毛入を祀る「浜王子神社」もあとで載せます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広居境内には 面白い末社がたくさんあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石見で生まれて 出雲王家の血を引くといわれる柿の本人麻呂は 記紀政策に大きな貢献をしたと 
出雲王家に伝えられて居ます。しかし 記紀完成後に 不比等らに幽閉されて非業の死を遂げました。
 
その人麻呂を祀る人麻呂神社です。人麻呂神社本社は島根県益田市にあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

布引池から飛んで来たという瓶を祀る一瓶社もありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし説明を読むと 二瓶姫神社の説明とは違います。ウマシマジが大瓶をこの地に奉納したと書いてあり
その瓶は現存して 祭祀に使用されていると書いてます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

淡島神社は全国にあり、和歌山県加太の淡島神社が「人形の呪いを解く」神社として 有名ですが
ここでは 鳥取県米子市の「粟島神社」の事だと思います。

徐福の命令で 穂日や息子の夷鳥、そして沢山の海童たちにより、幽閉殺害された八重波津身
(出雲王朝第八代少彦)は米子市の中海に浮かぶ粟島の志都の岩屋で殺害されましたが そこには
粟島神社が立てられています。

記紀が書かれた時代には 約800年前の大国主、事代主殺害がまだ人々の記憶に新しく
万葉集に読まれた 志都の岩屋の歌が 岩屋に建てられて居ます。

「大名持ち 少彦の 居ましけむ 志都の岩屋は 幾世 経ぬらむ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんなポスターが貼ってありました。この神社の式祭だそうです。いずれ機会があれば見てみようと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

物部ウマシマジの像だそうです。神社のパンフに載っています。

凄いですねえ。架空の人物が一人歩きしています。
もっとも 神武やヤマトタケルなどの記紀が創り上げた人物像も 日本中に建っています。

 明治政府の中の無教養な天皇至上主義者たち 狂信者によりたてられたものか、
戦争に走り出した馬鹿な旧日本軍が 天皇制度を利用して 戦争を鼓舞するためにつくったものか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考写真
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

熊野灘に面して 世界文化遺産熊野古道中辺路沿いにある 浜王子神社です。熊野古道を歩いていて
偶然見つけました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浜王子神社の主祭神 は 物部稲飯と三毛入です。このお二方がここに上陸して 登美家の加茂建津之身の
先導で大和桜井の磐余に入られました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

物部の五瀬は 紀ノ川河口上陸作戦で 地元の名草の戸部(高倉下の子孫の姫君)たちにより戦死させられました。
その後遺体を この竈山神社に祀り 家来たちがその後2千年近くお守りしていて 現在のこの神社の社家
もその五瀬家来の御子孫です。

五瀬亡き後 二人の弟の稲飯と三毛入は 物部軍を率いて 紀州を諦めて熊野へ周り 上陸しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社境内には 五瀬の墓稜もありますが入れません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
八千矛王幽閉殺害の「猪目洞窟」は2013年3月14日、八重波津身副王の幽閉殺害場所の粟島神社は
2013年3月15日の 記事に載せています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は 徐福の長男 五十猛とそのお后の大屋姫を祀る 「五十猛神社」と「大屋姫神社」です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「古代出雲王朝ゆかりの地を尋ねて」トップページはこちらから戻れます。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

徐福の長男 五十猛とその后の大屋姫を祀る五十猛神社と大屋姫命神社 2016年11月20日

2016年11月29日 11時23分56秒 | 古代史の舞台を訪ねて

五十猛神社と大屋姫命神社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
徐福は 周到に前もって出雲に 忠実な部下の穂日と息子の夷鳥たちを派遣して王家に
銅剣などの献上品を納めて 王家(八千矛大名持ち)から上陸の許可を取り付けていた。

徐福は和名を「火明(ほあかり)」と名乗り、出雲王家から 高照姫を向え入れて妻として王家の親族となった。
高照姫は 姪と共に徐福の屋敷の南側に 大きな屋敷を建てて出雲兵に守られて暮らした。

そして徐福の長男が生まれると 徐福と共に暮らすようになり 大きな屋敷には姪の姫が一人で住んだ。
その姪は「大屋姫」と呼ばれ 屋敷のある場所は「大屋」と言う地名がついた。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
徐福の父親は 徐猛という名前だったので 徐福は長男に「猛」の字をつけて「五十猛」と命名した。
それで 徐福たちが上陸した海岸は 五十猛海岸と呼ばれるようになった。

成人した五十猛は 大屋姫と結婚して 大勢の秦国人たちと共に 丹波北部へ移住して香語山と名乗る。
そしてさらに大和葛城北部へ移動した。

そして大屋姫との間に生まれた皇子が高倉下(たかくらじ)で高倉下の子孫からは 武内宿禰が出た。
さらにその子孫からは オキナガタラシ姫(朝鮮の辰韓王子ヒボコの子孫でワカタラシ大王の后と
なったので神功皇后とも呼ばれる)とともに 三韓征伐で大活躍して実質的に 和国大王となった
「日向ソツ彦王」が出ている。さらにまたその子孫からは オオサザキ大王や平群王朝の大王が出ている。

徐福や穂日たちに幽閉殺害された 八千矛主王の皇子 味鋤高彦は秦国人との共生を嫌い
大勢の出雲族を連れて大和葛城南部に移住して 高鴨家を名乗り 高鴨神社、御歳神社を立てる。

また同じく徐福や穂日たちに殺された 八重波津身副王の皇子 奇日方(くしひかた)たちは
大和葛城中部に移住して 登美家を名乗り 鴨津波神社や一言主神社を建てた。  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方香語山と名前を変えた五十猛は 九州から 腹違いの妹(徐福と宗像三姉妹の末娘市杵島姫との間の皇女)
を呼び寄せて 次男の「天の村雲」を産ませた。

沢山の海童や 秦国人たちと共に 五十猛や 天の村雲たちは益々強大になった。

そこで 出雲族たちは 天の村雲を大和の王として認めて 奇日方の妹「踏鞴五十鈴姫(たたらいすずひめ)」
を天の村雲の后として ここに初代大和王朝が誕生しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高倉下と母親の大屋姫は 最初葛木中部にすんでいたが(大屋の地名が残っています。奈良県葛城市大屋)、
紀ノ川の河口に移住して 地盤を築いて 紀の国造になりました。

和歌山には 高倉下が両親のために建てた 沢山の「五十猛」と「大屋姫」を祀る神社があります。
後ほど写真を添付します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この県道は 大屋姫の住んだ「大屋」と五十猛の名前が付いた 「五十猛」を結んだ不思議な縁結びの道です。
もっと観光にアピールしたら良いのになあ、もったいない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大屋姫命神社はなかなか分かりませんでした。付近の人に聞こうにも 誰も外に居ません。
やっと畑で 人を見つけたので 大声で「すみませせーん、お尋ねします」と叫んでも振り向きも
してくれません。3回ほど叫んだ後 やっと 是は案山子だと気がつきました。しゃれた案山子やなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結局誰も歩いていないので 民家のチャイムを押して聞き出してやっと分かりました。
県道から少し東へ入った場所に鳥居がありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥居の先は石段が続きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長い石段の両側には 何やら花が咲いています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白いツツジの花と
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ピンクのツツジの花でした。あれ、ツツジは今頃咲くのだっけ?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長い石段を登ると 上にも鳥居がありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿がひっそりと建っていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その先に出雲式のこじんまりとした本殿が建っていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石段の上から見下ろした風景です。田圃が広がっています。
ここに大きなお屋敷があって 大屋姫は暮らしておられたのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さあ次は五十猛神社へ向います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県道を南へ走り、JRの高架の手前に神社はありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

五十猛消防団の横の道が参道です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

暫く歩くと神社が見えてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やがて五十猛神社の境内に着きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大きな石碑がありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石の鳥居です。その先に拝殿が見えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大きくて立派な注連縄です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

残念ながら 本殿は出雲式とは程遠いものでした。半分秦国人ではあるけど五十猛は出雲王家の血を引いているので
出雲式の建物かと思っていたのですが 違いました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

徐福が上陸した五十猛海岸です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここは観光名所になって居ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考写真
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

和歌山県和歌山市の 大屋姫神社です。大和から紀の国へ母親の大屋姫をつれて移住した高倉下は
各地に大屋姫と父親の五十猛(香語山)を祀る神社を立てました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紀の国一ノ宮 伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)です。一宮というだけあって 大きくて立派です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここの主祭神 は 高倉下の両親の 五十猛と大屋姫です。

※都麻津姫は良く分かりません。記紀には五十猛は素戔嗚(すさのお つまり徐福のこと)の子供で
その妹が都麻津姫だと書かれているので、ひょっとすると 都麻津姫とは五十猛の腹違いの妹で
徐福(九州に再上陸した徐福は 和名を饒速日にぎはやひ と名乗ります)と宗像三姉妹の末姫の
市杵島姫との間に生まれた 穂穂出見の妹 穂屋姫かもしれません。

またこの神社の近くの名草郡に 都麻津姫神社があるので ひょっとして 高倉下の子孫で 
五瀬軍を撃退した名草の戸部(その地域の女首長)の姫君のことかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は 出雲市の富神社(出雲大社を建てた東出雲王家の富(とび)家の神社)と
鳥取県大山町の高杉神社(第七代大和大王のフトニ大王(贈り名は孝霊)を祀る神社)です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「古代出雲王朝ゆかりの地を尋ねて」トップページはこちらから戻れます。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

出雲王家、富家の富神社と出雲に攻め入った大和大王「フトニ大王」を祀る高杉神社 11月20日、22日

2016年11月29日 11時23分31秒 | 古代史の舞台を訪ねて
古代出雲王朝は 東出雲王家の富家と西出雲王家の神門臣家のニ家が
それぞれ主王(役職名は大名持ち)と副王(役職名は少彦)を交互に出し合って 維持されて来ました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この記事の直前の「物部神社」の項で 述べたように 九州物部軍の第二次東征の別同部隊の日本海東征
作戦で 猛攻を受けた西出雲王家「神門臣家」、東出雲王家「富家」とも降伏しました。

その後 出雲王国は物部軍侵入の手引きをした 穂日(徐福と共に渡来した徐福部下の)の子孫たちと、
物部進駐軍物部十千根などが管理する地域になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
富家は向家(むかい)と名前を変え 「熊野大社」に移り住みます。それまでの東王家の宮殿は物部十千根に
明け渡されて、後の神魂(かもす)神社となります。

その後716年に杵築大社(今の出雲大社)創建の話が出ると 旧王家の富家と神門臣家が財力を出したり
資金を集めて 大国主(徐福や穂日たちに殺されて 記紀で大国主と書換えられた第八代大名持ちの八千矛王)
を祀る 和国最大の杵築大社が完成するのです。
※当時のわらべ歌で 雲太、和二、京三(出雲の野しろが一番大きくて 大和の大仏殿が二番目、京都の
大極殿が三番目)と童に謡われたそうです。

そこで 富家は簸川郡簸川村にも別邸を構えます。それが 富村(とびむら)です。富家からは後に
有力大名家が沢山出て尼子家や毛利家から領地を貰い富村はひろがりました。

富家は熊野大社から 先祖神の一部を富村へ移して 「富神社」を創建しました。

ご祭神は稲田姫(初代大名持ち、菅の八井耳のお后)、八重波津身(第八代少彦で 八千矛と同時に
徐福や穂日らに志都の岩屋に幽閉殺害されて 記紀では事代主と書換えられた)、
鳥鳴海(事代主の長男で第九代大名持ち)、国押富(第十代大名持ち)などである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ちなみに稲田姫は初代大名持ち「菅の八井耳」のお后であるが 記紀では素戔嗚(徐福)の
ヤマタノオロチ退治の話に利用されて 徐福と 松江市の須賀神社で新婚生活を送ったと書かれたが
稲田姫と徐福とは時代も数百年かけ離れていて、出鱈目ぶりもいいところで滑稽です。

やはり 記紀は歴史を題材にした小説です。神武やヤマトタケルなど架空の人物も沢山登場します。

また徐福の第一回渡来時は 出雲王家の高照姫と結婚し、二回目の渡来時は宇佐王家の市杵島姫と
結婚しています。数百年前の人、稲田姫ではございません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国道9号線の「富村」交差点を南へ入ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すぐに鳥居が見えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広い境内には 今は拝殿と本殿が残されて居ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社の由緒ですが、千数百年もたつと 記紀の話も随分入ってきたようです。
八束水臣津野王は第六代大名持ちで 「出雲王国の領土を飛躍的に広げた国引き王」として有名です。

しかしこの方は 富家(向家)の方ではなくて、西王家の神門臣家の方です。後から誰かが付け加えたのでしょう。
天の冬衣は 第五代大名持ちで富家の方です。

アシナヅチ、テナヅチとは 記紀の作り話のヤマタノオロチ退治の話の中で 稲田姫の両親として登場したはずですが、
松江市の須賀神社(物部進駐軍の物部十千根屋敷跡)にも 祀られて居ます。物部軍に協力した穂日の子孫たち
(韓日差や果安など 今の出雲大社宮司の祖先)が 時の最高権力者 不比等らに ゴマをすった
結果でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広い境内に ポツンと拝殿がこじんまりと立っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿はこじんまりとしていますが、注連縄はさすがに大きくて立派です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿は 大社造とは かなり違うような。創建後に何回も建替えされているようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境内にはいくつかの摂社がありますが、その一つに「歳神様」がありました。

事代主が殺害された後、皇子の奇日方たちは 大和葛城へ大勢の出雲族をつれて移住しましたが
事代主を祀る鴨津波神社とともに この歳神様を祭る 御歳神社(みとし)も創建しました。
(現在の奈良県御所市にあります)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

富神社の紋章です。「二重亀甲違い丁字」と言う紋です。出雲王家の関係した神社はこの二重亀甲紋
(ふたえきっこうもん)が多いようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この紋は「二重亀甲剣花菱」紋で 味鋤高彦を祀る出雲市の阿須岐神社の紋です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

富神社境内の藁蛇神様です。古代出雲族に信仰された幸の神三神と共に 龍蛇神信仰で沢山の藁蛇、藁龍
が各地で奉納されました。松江市の阿太加夜神社にも 大きな藁龍神様が今も奉納されて居ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考写真 松江市阿太加夜神社(大国主「古代出雲第八代主王 八千矛王」の皇后の多岐津姫を祀る神社)
     の藁龍神様の写真
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

御神木に巻きついた藁龍神様
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大きく口を開けた藁龍神様
境内には 二匹の竜神様がいらっしゃるので 女夫神なのでしょうか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高杉神社 鳥取県大山町
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高杉神社は大和の大王、つまり和国の王のフトニ大王(贈り名は孝霊)を祀っている神社です。
何故 和国の大王が ここに祀られているのかは、少し説明が長くなります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前々項の物部神社の項で述べたように、九州物部軍の第一次東征は 最初紀ノ川河口で高倉下の子孫に破れ
転進した熊野でもゲリラ戦で 身動きが取れなくなっていた。そこで大和へ密使を送り登美家に救援を求めた。

収拾の付かない内紛状態の大和を物部軍との強力で納めようと考えた、登美家の加茂建津之身の導きで 
無事に険しい伯母峰峠を越えて大和の磐余の地に落ち着いた物部軍は 次第に強大になって行き、
当時の磯城王朝と戦争が激化していきました。

次第に強力になる物部軍を恐れて、フトニ大王は皇子の大吉備津彦、若吉備津彦と細姫(くわしひめ)
を連れて西へ逃れて吉備に住み 吉備王国を造りました。

一方大和に残った別の皇子クニクルは第8代大王となり、磯城家のクニアレ姫を后とするも物部家からも
后を迎え入れて、物部と融和の姿勢を見せました。クニクル大王とクニアレ姫の皇子が大彦とモモソ姫です。

大彦は徹底した物部嫌いで 物部に抵抗して戦を続けたが、終には物部に大和から追い出されて北へ逃れた。
記紀にナガスネ彦と書かれて賊扱いされたのが大彦であり れっきとした大和の王子様で出雲王家の血を引き
渡来人の子孫と 格式が違うのに 負けた為族扱いです。

一方物部の血を引く大日日(オオヒビ)が第10代大王となり(贈り名は開化)次第に物部との争いは納まりつつあった。
オオヒビの妹皇女モモソ姫は母(クニアレ姫)に似て信仰心深く、磯城家第9代当主の太田タネコの保護を受けて 
三輪山に「富の霊畤」(祭祀場所)を設けて 太陽の女神(日霊女貴ひるめむち)を祭り人々の人気を得た。

※富の霊畤を訪ねた記録は 2015年12月25日の記事に載っています。

その祭祀には各地から大勢の豪族が訪れて 巻向には大きな街が出来、長かった内乱もようやく納まり
平和が訪れました。魏書に「その女王が立つと 和国の内乱は納まり 平和が訪れた」と書かれた 一番目の
ヒミコがモモソ姫です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここでヒミコについて  支那人が卑字でヒミコと書いた女王は日本語で姫皇女(ひめみこ)で
何人も いらっしゃいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ちなみに2番目のヒミコは宇佐豊玉姫でこのお方はイ二エ王が日向西都原で亡くなられた後当時和国で尤も強大な王国
である物部宇佐連合王国の名実共に女王(皇后)で、魏の和国駐在武官テイシュンから直接和国印をもらい 
肩に直接錦帯を架けてもらいました。

魏の役人が直接会った唯一のお方(ヒメミコ)です。その他のヒメミコ方の話はすべて伝聞と書簡のはなしです。

3番目のヒミコは大日霊女貴(おおひるめむち)と呼ばれたサホ姫(第10代大王彦坐の皇女)で
このお方は最初大和入りしたイクメ王と組み 三輪山で日霊女貴(太陽の女神ひるめむち)を崇拝し人気を得ますが、
遅れて大和入りした豊国軍に追われ 兄皇子のサホ彦と共に敗走されます。近江から尾張へ さらに
日下部の連と名を変えて甲斐の国に隠れ住んだといわれます。


4番目が豊玉姫の娘豊姫(魏書では台与トヨと書かれ、記紀では豊来入姫とか豊鍬入り比売と書かれた)で、
イクメ王の侵入で大和が 戦乱状態に陥ったときに 当時伊都国に駐在していた魏の駐在武官 張政により
豊玉姫の後継者に指名されて 大和入りし 一時的に戦乱が納まりました。

豊来入姫は大和笠縫村檜原神社で月読みの神を奉じて 若日霊女貴とよばれました。しかし豊国軍の強大化と豊来入姫の
人気に 自分が追い出されるのを恐れたイクメ王が出雲系の加茂田田彦に 助けを求め、田田彦は三輪山や 
豊国軍に奪われた領地を回復すべく 出雲から援軍を得て 豊国軍を追い出すのに成功します。

豊国勢は大和を追われ、尾張方面へ闘争します。愛知県に数ある豊のつく地名はその名残です。
豊来入姫は 丹波、伊根と逃れて最終的に伊勢の出雲系の椿大神社(サルタ彦を祀る)
で保護されて 余生を送ったがイクメ大王が放った刺客に倒されて亡くなり遺体は大和へ運ばれて
ホケノ山古墳に葬られました。姫は最初宇佐から来られたので 「宇佐女の命」と呼ばれましたが
織ってを避けるため 「ウズメの命」と呼ばれるようになりました。現在 椿岸神社では
「ウズメノ命」として祀られて居ます。

※椿大神社(つばきおおかみやしろ)、椿岸神社訪問記は2015年10月7日です。

5番目のヒミコはヒバス姫です。イクメ大王に終に倒された約300年続いた磯城王朝最後の大王、道主大王の
娘皇女がヒバス姫です。

イクメ王に丹波まで追い詰められて降伏した道主大王は彦タツヒコと名前を幼名に戻して 因幡国造として
因幡に住みます。

ヒバス姫は一時因幡にも住んだので 中国山地の比婆山にほうむられたとか 神話が多く作られましたが
彼女の御陵は奈良市山稜町にあります。

また 彼女は西暦265年に晋へ使者を送り献朝し ヒミコとして記録が残されています。

6番目のヒミコがヒバス姫とイクメ大王との娘皇女 大和姫です。彼女は丹波の竹野郡で生まれ、宇良神社で
月読みの神とともに 太陽の女神の日霊女貴も奉じました。

そしてさらに志摩の国へ行き、そこで出雲系の井澤登美の命の保護を受け五十鈴川のほとりに内宮を建て
最初の伊勢斎宮として太陽の女神を祀ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方吉備王国のフトニ王は 中国山地を越えて 怒涛のように出雲王国に攻め込みました。
出雲の鉄が欲しかったらしい。出雲王朝は 磯城王家を親戚と考えていたが 突然の侵入に
大慌てだったという。次第に攻め込まれたが 反撃に移り、双方に大量の戦死者を出したという。

是が出雲王家に伝えられている「第一次出雲戦争」です。

出雲兵が立てこもった山を 吉備兵たちは「鬼林山」と呼んで今も名が残っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大和の内乱、そしてこの第一次出雲戦争を 支那の歴史書「梁書」では 「和国大乱」と記して居ます。
(後漢霊帝の時代 178~183)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出雲兵の必死の反撃で 戦況は次第に膠着状態になり 自然に休戦状態となったらしい。
大吉備津彦と若吉備津彦たちは 兵を引き上げて 今の日南町に住み、その屋敷跡は東と西の楽楽福神社となっています。

一方 大神山の北側今の孝霊山のふもとに住んだフトニ王は 土地の若い美女との生活に溺れて 
後から追って来た細姫を見向きもしなかったといわれて居ます。

失意の細姫は息子のところに引き上げてさびしく余生を過ごしたらしい。その細姫の死後 フトニ王が
住んだ今の大山町宮内では 大飢饉が起こり 人々は「細姫の祟りだ」と恐れて 土地の後家さんたちを
棒で叩くと 飢饉が治まり、平和になったといわれます。

後家さんのことを「うわなり」といったので「うわなり打ち」という行事が定着してフトニ王の住居跡に
建てられた 高杉神社の 神事として 今も伝えられて居ます。

フトニ大王の贈り名が「孝霊」とつけられたので その屋敷裏の山は孝霊山と呼ばれるようになりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高杉神社を探すのは困難でした。和国の王の九電後に建てられた神社なので 大きな社を想像していました。

しかし近くの人に聞いても ほとんどの人がご存知ありませんでした。
ようやく探し当てて 宮内集落のはずれに鳥居を見たときはほっとしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥居から境内を見たところです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿も注連縄も 和国大和の大王の社にしては 質素です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿と本殿を横から見たところです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿は 出雲式とは 程遠い建物ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これがうわなり打ちに使われる 叩き棒のようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社にはパンフレットが置いてあり、一部頂きました。
「うわなり」の字は 男の両側に女が二人いるので 「後妻」の感じがでています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「うわなり打ち」神事の起源もかなり正確に伝えられているようです。
「細姫の愛人たちに対する恨み」と言うのが「二人の愛人たちの正妻に対する恨み」というふうに
逆になってはいますが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

都から来られた「やんごとなきお方」とはフトニ大王と名前まで書いてあるのにはびっくりしました。

この付近を歩いて フトニ大王の御陵を探したけど 分かりませんでした。
当然大王の御陵なので 宮内庁の管理の大きなお墓があると思い込んでいましたが 外れました。

大和に一度も来た事の無い 九州の 物部宇佐王国連合軍のイ二エ王を 大和の大王にして 
ご丁寧にこの墓を 宮内庁管理にしてでっち上げたり(奈良県櫻井市崇神稜)、ヒミコで有名な 
モモソ姫と大和姫のお二方をまとめて 「ヤマトトトビモモソ姫」として お墓を宮内庁管理ででっち上げたり
(奈良県櫻井市)やる事が出鱈目な宮内庁も ちゃんとしたお墓を フトニ大王に作って差し上げようよ。

たまには まともな事をやらなあかんぜよ、宮内庁さん。
小説に基づいてお墓を造るのではなくて ちゃんと歴史を勉強しましょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
孝霊山の登山記は 「アウトドア日記」に乗せます。
http://blog.goo.ne.jp/yochanh-outdoor
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「古代出雲王朝ゆかりの地を尋ねて」トップページはこちらから戻れます。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

沼川姫(ぬなかわひめ)のふるさとを訪ねて 2016年8月8日 新潟県糸魚川市

2016年08月22日 18時17分15秒 | 古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて
古代出雲王国 第八代副王 八重波津身(記紀では事代主と書換えられました)の后の一人
越の国からお嫁に来られた「沼川姫」のふるさとを訪ねました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
紀元前3世紀末、つまり紀元前220年頃に古代出雲王国の五十猛海岸へ沢山の海童たちと共に
上陸した 秦国人徐福は 前もって出雲王国に潜入させていた部下の穂日(今の出雲大社宮司の祖先)
に命じて 出雲王国の主王(役職名は大名持ち、本名八千矛)と副王(役職名を少彦、本名八重波津身)
を相次いで 幽閉殺害します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※八千矛(記紀では大国主と書換えられた)と八重波津身(記紀では事代主と書換えられた)
が幽閉されて殺害された、猪目洞窟と志津の窟を尋ねた記録は このブログの15番の記事
2013年3月18日の記事に載せています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
徐福、その部下穂日、穂日の息子夷鳥(ひなどり)や海童たちに幽閉殺害された
八重波津身副王(記紀では事代主と書換えられました)の后の一人活玉依り姫は皇子の奇日方(くしひかた)
を連れて実家の三島(今の大阪府三島郡島本町)に帰ります。

そして奇日方は大勢の出雲族とともに葛城(今の奈良県御所市)に移住し登美家を名乗ります。

そして 同じく徐福や穂日らに幽閉殺害された 八千矛王(記紀では大国主と書換えられました)の皇子 
味鋤高彦(あじすきたかひこ)も大勢の出雲族を引き連れて葛城南部に移住し 高鴨家を名乗ります。

一方出雲族に遅れて大和入りした徐福の孫の天の村雲たち秦国からの渡来グループはヤマトで強大な勢力となります。
そこで 出雲王族の二人、味鋤高彦と奇日方は ともに天の村雲が初代大和大王になるのを助けて支持します。

初代大和大王(おおきみと呼ばれていました。天皇と呼ばれたのは天武から後のことです。)の皇后となったのが
奇日方の妹「踏鞴五十鈴姫(たたらいすずひめ)」です。そして生まれたのが皇子の「沼川耳(ぬなかわみみ)」
で二代目大和大王となります。

※ 記紀は天の村雲の名前を消して「神武」という名を作りますが 二代目の沼川耳、三代目の玉手看などは
そのまま記紀に掛かれています。しかしイクメ大王(垂仁)前後からはむちゃくちゃになります。
このブログの記事でも詳しく取り上げて訪ねています。

一方もう一人の后の沼川姫は皇子の建御名方(タテミナカタ)を連れて実家の越の国、今の糸魚川に帰ります。
建御名方は その後大勢の越の人や出雲族を連れて諏訪盆地へ移住し諏訪地方の開拓に成功します。
そして後建御名方(タテミナカタ)は諏訪地方で絶大な尊敬を集めます。そして沼川姫も。

諏訪大社の主祭神 はもちろん建御名方(タテミナカタ)と 母親の沼川姫です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ 記紀の製作者の持統女帝や不比等たち徐福の末裔たちは 諏訪の人たちから絶大な尊敬を集めた
タテミナカタの命が気に入らなかったらしく、記紀では 「出雲へ国譲りの交渉に出かけたタテイカヅチ
なる荒武者と 出雲の王子 建御名方(タテミナカタ)が力比べをして タテミナカタは負けて諏訪湖へ逃げ延びて
「ここから一生出ないからゆるしてくれ」と命乞いをしたと書きました。

ほんま支那人の末裔たち(大和王朝とそれを千年に渡り支え続けた藤原一族)は 諏訪の人たちにも 
出雲の人たちにも失礼千万な スケールの小さな奴らなのです。

自分たちが渡来人の征服王朝で出雲王朝を倒して出来た支配階級だという事を徹底して隠すため 
自分たちの祖先は天上世界から神様が地上に使わした神の子の子孫だなんて でっち上げて 
人民から尊敬されようとしたのですねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沼川(ぬなかわ)神社は前もって調べましたが、実際に糸魚川市にいくと道が分からなくて、何人もの人に
聞きましたが 皆さん「沼川神社」をご存じなくて苦労しました。

地図の市役所の隣に「天津神社」がありますが、沼川神社はその境内にありました。
しかも 糸魚川市の教育委員会などが 沼川姫の名前を卑字で書き直しているものだから
よけい分かりませんでした。

自分たちの祖先の名前をあんな卑字で書換えては絶対にいけません。

自分たちは世界で一番偉いのだと言い張り、自分たちこそ世界の中心だと 中華思想を作り上げ
自分たち中華族の周りの人たちを蔑んで卑字で書いたり、動物の字を当てはめるのは 
支那人のすることです。

教養ある日本人はそんな支那人のまねをしてはいけません。和国やヒミコの字を未だに
ありがたがって卑字で書き続けている歴史学者がいます。
馬鹿ですねえ。もう支那人たちに ゴマすりする必要は無いのに。

糸魚川市教育委員会も もっと自分たちの祖先に誇りを持ち、日本人のルーツ古代出雲族を
勉強しなくてはいけませんね。あんな卑字を堂々と使ったり 後で述べますが 建物の建て方や
付属部材の千木を間違えたり ひどいもんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結果的に 帰りに見つけた神社の表参道です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

市内のあちこちで 沼川神社を聞いても誰も知ってる人がいなくて、困り果てていましたが 最後に聞いた人、
近くのコンビニで買い物をしていた親切なおじさんが 「ワシがしっとる」とバイクで先導して
くださいました。連れてきて頂いたのがこの駐車場です。非常に助かりました。アリガトウございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駐車場からこの鳥居を潜ると 境内へ入れます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境内に入ると正面に拝殿が見えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿もなかなか立派です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

後でわかりましたが 駐車場と反対側の鳥居が表参道のようです。これがその鳥居です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表参道から入ると 古めかしい石造が並んでいます。とても古い神社のようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表参道から入ると大きな池もありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿の中を覗くと 正面は「天津社」と書いてありました。
沼川神社は 左の額に書いてあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿の奥に天津社本殿と沼川神社本殿が並んでいます。
こちらは沼川神社です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここにも卑字が使われています。もっと自分たちの祖先に対し尊敬の念を持って欲しいものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

建物は残念ながら 大社造りとは縁遠い者でした。
こんな卑字をへいきで使うくらいだからあまり希待してなかったのですが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おまけに千木は 徐福らの子孫、物部式の横削ぎです。いかんなあ。糸魚川市教育委員会。
もっと神社建築を勉強しないと。「教育」の名が 泣きますよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿のうらに もう一つあるのが天津社本殿です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらは天津社の千木ですが、なんと出雲式のタテ削ぎです。
糸魚川市の教育委員会さん、完全に千木を間違えていますよ。

出雲王家の姫に物部の千木をつけて、物部の千木に出雲式の千木をつけて。
天津社が何故物部の社かと言うと次の主祭神 を見ると分かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昭和20年製作むと書いてあり古いので 読みづらいのですが 主祭神 は「ニニギの命」「アメノコヤネの命」
と読めます。

徐福が出雲から一旦秦国へ帰り更なる資金と海童を始皇帝から授けられて二度目に来日したのは
浮杯の地です(今の佐賀県)。出雲に上陸したときは「火明り(ホアカリ)」と名乗り
二度目に上陸した後は饒速日(にぎはやひ)と名乗ります。

それで 徐福の子孫の物部家の人たちは徐福の名を隠すため「ニニギの命」と呼びました。
「にぎはやひ」の「にぎ」を強調して「ニニギ」として「にぎはやひ」を隠して徐福を消したのです。

そしてアメノコヤネとはもちろん不比等など藤原氏がでっち上げた自分たちの祖先の名前ですね。
つまり天津社は徐福と藤原一族を祀っているのです。

ということは天津社は 記紀が出来てから 時の最高権力者右大臣藤原の不比等に護摩すりをするために
あとから取って付けられたものだというのが分かります。

恐らく始めは沼川姫の越の実家に着いて来た出雲族の人たちが 沼川姫だけを祀っていたのでしょう。
次に諏訪大社の写真を看れば分かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沼川神社のパンフレットの中の 沼川姫の像です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
諏訪大社の写真 2011年8月3日に訪ねたときのものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

諏訪湖の朝です。前夜はここの駐車場で車中泊して目が覚めると諏訪湖の真ん中にどなたか立っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沼川姫です。諏訪地方では絶大な尊敬を集めている 建御名方(タテミナカタ)の御母堂です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

諏訪大社の説明看板です。もちろん主祭神 は建御名方(タテミナカタ)です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沼川姫の説明看板です。沼川姫は越の国の人だと、そして糸魚川が本社だと書いてあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※この説明文では 沼川姫をきちんと説明し、越の国(高志)の沼河姫と書いています。
 糸魚川市のような 卑字を使っていないところが偉い。意図氏がワシ教育委員会は
もっと勉強して自分たちの祖先を尊敬しなさい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

諏訪大社下社秋宮です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

諏訪大社下社春宮です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

諏訪大社上社です。いずれもとても大きな神社で 主祭神 は建身名方(タテミナカタ)です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんと諏訪大社上社の境内には 大国主が祀られていました。
びっくりしました。おいおいそれは違うだろう。タテミナカタの父上は事代主ー八重波津身ですよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美保ススミの命のこと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
沼川姫には娘皇女も居ました。当時八重波津身と暮らしていた宮殿は今の島根県松江市美保関にありました。
父君の事代主が殺害された後は 東出雲王家向家は美保関に美保神社を建てて事代主を祀りました。
沼川姫の皇女の美保ススミ姫は越へは帰らず 美保関に残り 父親の魂を祭り続けたといわれています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当時の出雲王家は 東出雲王家の向家と西出雲王家の神門臣家が交互に主王(役職名は大名持ち)と
副王(役職名は少彦)を4交互に出して 王家を支えていました。少彦の八重波津身(記紀では事代主と書換えられました)
は向家(むかいけ もしくは むきけ)の出身でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上の新聞記事は 美保ススミ姫が祀られている長野県の神社の石碑が発見されたという記事です。
この神社もいずれ行ってみようと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「古代出雲王朝ゆかりの地を尋ねて」トップページはこちらから戻れます。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

鳥取県大山町の妻木晩田(むきばんだ)遺跡を見学してきました。 2016年5月21日

2016年05月29日 23時13分10秒 | 古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて
以前から見学したかった「妻木晩田遺跡」を見る機会に恵まれました。
古代出雲王国に属していたこのムラはとても広大でした。

ひろい遺跡群を見て周るのは大変だと思いましたが、遺跡の管理事務所では
無料で 電動自転車を貸していただけて 大変助かりました。

おかげさまで2時間強で見て周れましたが、残念な事に時間切れで遺構展示館へ
いけなかったのが心残りなので 次回の楽しみにします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遺跡の全体頭のパンフレットです。管理事務所で無料で頂きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広いスペースの駐車場です。無料でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩いて周ると 半日でも無理のような広いスペースを、電動自転車ですばやく見て回れました。
有料でも借りようと思いましたが なんと無料でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず洞ノ原地区へいきました。弥生時代のムラを復元しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

復元建物に入ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内部は一段掘り下げてあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

低い部分で生活して 周りの高いところで寝るのでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中から玄関を見たところです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高床式の倉庫も復元してありました。大社造りの原点ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この洞ノ原地区には墳丘墓もたくさんあるそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出雲市西谷地区の四隅突出型墳丘墓の小型版です。ここは出雲王国内だったので当然この型のお墓ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その近くの小さなかわいらしいお墓は 子供のお墓だと書いてあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

墳丘墓群からは日本海が見下ろせます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その横の復元されたムラから見下ろした日本海です。海を見下ろしながら生活したのでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて妻木山地区へ向います。この地区にも復元されたムラがあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらのムラは少し大きい村です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

住居や倉庫群が並んでいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ムラの中を2千年後の子供たちが駆け回っています。なんか変な気がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この地区には当時栽培されていた 粟、ヒエ、キビ、陸稲が栽培されていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
土岐を焼いた跡も発見されたそうです。この土器は復元製作実験した土器だそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

住居の復元模型もあります。まず基礎土台を作ります。その中に4本柱を立てます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かなり頑丈な骨組みですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

妻木山地区のお墓は 洞ノ原地区のものよりも新しいそうです。道らは円墳が多いそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に仙谷地区へ行きました。墳丘墓群から日本海を見下ろしたところです。
この地区の墳丘墓は方墳のようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

展望台から見た 孝霊山です。
出雲王国内の大きな村を滅ぼしたヤマトのフトニ大王がヤマトを追われ晩年地元の愛人と共に
住んだムラがあの山の麓にあります。孝霊とは 後年 フトニ大王につけられた贈り名です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
西暦165年頃、徐福の次男穂穂出見の子孫の九州物部王家はヤマト地方への東征を開始します。
当時ヤマトには既に 徐福の長男五十猛(後の名を香語山)の長男の天の村雲と出雲王家の大和分家の
磯城家による ヤマト王朝が出来ていました。

物部東征軍は紀ノ川河口に上陸しようとしますが、その地には初代ヤマト大王天の村雲の腹違いの弟
高倉下の子孫により、紀の国があり 物部軍は撃退されて総司令官の物部五瀬は戦死します。

五瀬を竈山神社に祀った後 弟の物部稲飯と三毛入たちは熊野に上陸して 登美家の加茂建津之身の導きで
大和入りし、磐余に落ち着きます。

次第に強大になる物部軍に恐れをなして ヤマト磯城王朝7代目大王フトニ大王(贈り名を孝霊)は息子
大吉備津彦、若吉備津彦と皇后の細姫を連れてヤマトを脱出して 吉備王国を打ち立てます。

そしてフトニ大王は 鉄が欲しくて自分たちの親戚の出雲王家へ侵入して 第一次出雲戦争が始まります。

支那の歴史書「梁書」に「後漢の霊帝の光和年間178年ー183年に和国大乱」とかかれた時期だそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このときの激戦で 双方に大きな被害があったといわれています。同時に妻木晩田の集落も破壊されたそうです。

双方に大きな被害をだした 第一次出雲戦争は 次第に休戦状態になり、ヤマトを追い出されて
既に地方の王になったフトニ王は 孝霊山(この山の名前は 後の世にフトニ王の贈り名により
名づけられました)の東北の地に 今の大山町宮内に住み 地元に愛人と余生を過ごしました。

住居の跡は 高杉神社が立てられました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フトニ大王の死後 このあたりを大飢饉が襲いました。人々は フトニ王が若い愛人に溺れて皇后の
細姫をないがしろにしたというので 細姫の霊を慰める為に「ウワナリ打ち」を始めました。

ウワナリと言うのは若い後妻のことだそうです。すると 飢饉が止んで平和が戻ったらしく
それ以後は高杉神社の 神事として「ウワナリ神事」が今も続けられています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
古代出雲王朝トップページはこちらです。その中に五瀬の祀られている和歌山市竈山神社もあります。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

島根半島の神社 2016年5月19日 伊奈頭美神社、爾佐神社、爾佐加志能為神社、加賀神社

2016年05月28日 22時40分08秒 | 古代史の舞台を訪ねて
島根半島の神社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回訪ねた神社です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.伊奈頭美神社 松江市美保関町稲積
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主祭神 は宇加之魂命(うかのみたまー島根県神社庁による)
この「うかのみたまのみこと」とは日本書紀では 「倉稲魂命」と表記している。
「うか」とは穀物、食料の意味で 食べ物の神様という。

一方松江市教育委員会の立てた説明看板では 「主祭神 は稲倉魂命」(うかのみたま)で字の
順序が逆になっている。
そこで「いなくらたまのみこと」を調べると 稲の精霊の神とか 稲荷神(おいなりさん)とか
出てくるのであり混沌としてくる。

紀元前2世紀に石見五十猛海岸に渡来した徐福が持ち込んだのが 星信仰や稲荷信仰です。
徐福と共に渡来した 部下の穂日や沢山の海童たちと共に出雲王国で大暴れしました。

部下の穂日はこの地に住み着いて その子孫は出雲国造家となり 今の出雲大社宮司に続く
家系であるので 記紀が出来た後から 記紀に迎合するように主祭神 が変更された者と思われます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北浦海水浴場に面して神社はあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿の中を写しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社の説明書きです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿です。小さいながら大社造りで 千木も出雲方式の縦削ぎです。
と言うことは物部の天下になる前からこの地に鎮座していたと思われます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

藁で作った龍蛇神に紙垂(しで)がお供えしてあります。古代出雲族の信仰は幸の神三神と共に
龍蛇神の信仰でしたから、この藁竜神は 出雲族の風習です。かなり古い神社と言うことの証明です。

松江市東出雲町の阿太加夜神社の藁竜神とおんなじです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この伊奈頭美神社のある地域は 松江市美保関町稲積(いなづみ)なので もともと大国主を祀った
この神社の名前が地名になったと考えられます。

お稲荷さんである 宇加之魂命はあとから物部や穂日家に迎合するように付け加えられたのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.爾佐(にさ)神社 松江市美保関町千酌
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

千酌(ちくみ)海岸に向って鳥居が多っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥居を潜ると拝殿の奥に出雲式の立て削ぎの千木が見えてきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿は立派な大社造りですが、主祭神 はちと変です。出雲とは関係の薄い神さんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主祭神 の説明です。「都久豆美命」つくつみとは月津見(つくつみ)つまり月の女神の事なのではないでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出雲王家の分家 北九州の宇佐王家の豊玉姫(魏書にヒミコと書かれた2番目の姫皇女)の娘で
豊姫(豊来入姫 記紀では豊鍬入り比売と書かれた)は魏書では3番目に書かれた姫皇女ですが
(魏書に言うトヨのことです)、彼女は「月読みの命」(つくよみのみこと)を奉じて大和入りしました。

奈良県櫻井市の檜原神社で月読みの命を祀りますが、月を「つく」と発音しています。
また「津見」とは「海神ーわだつみ」のように神を現すので つくつみ とは月読みの神なのでしょう。

古代出雲王国では 幸の神三神、龍蛇神とともに 太陽の女神を祀っていましたので
何故出雲で 月神が祀られていたのか 良く分かりませんが 記紀に迎合すべくあとから
こじつけられたのでしょう。

魏書に「その女王が立つと ヤマトに平和が訪れた」と書かれた最初のヒミコは出雲王家の血を引く
磯城家のモモソ姫ですが、彼女は富の霊畤(櫻井市)から太陽の女神を三輪山に奉じて人気を集めました。
出雲族は古来太陽の女神を祀っていましたので、月の女神を祀る事はありえません。
※宇佐王家の豊玉姫は月読みの神を奉じていましたが。

島根神社庁によると 主祭神 は「イザナギ、イザナミ、都久豆美の命」となっているので
明らかに記紀の内容に迎合しています。記紀のよると イザナギとイザナミの皇女がツクツミだそうです。

また都久豆美がこのあたりの地名千酌(ちくみ)になったと説明看板に書いてあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3.爾佐加志能為(にさかしのい)神社  松江市島根町野井
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社入口の石段前の鳥居です。丸柱が2本左右に建てられていて これに注連縄が張られます。
古代出雲式の鳥居です。奈良県櫻井市の大神神社(おおみわじんじゃ)や檜原神社は出雲系のお社ですが
この鳥居と同じ鳥居が建てられています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが 入口の鳥居です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿は 大社造のようですが、9本柱ではなくて4本柱のようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿の中を写させてもらいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社の説明です。爾佐加志能為神社の能為がこの地名の野井になったと書いてあります。
祭神は 大己貴 (おおなもち)の命 つまり大名持ちの命です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
徐福や穂日たちに幽閉殺害された出雲王国第八代主王の八千矛は記紀では大国主と書換えられました。
大名持ちとは出雲王国の主王の役職名なのです。

ちなみにほぼ同時に幽閉殺害された第八代副王の八重波津身は記紀では事代主と書換えられましたが
役職名は少彦(すくなひこ)です。記紀ではわざと間違えて少彦名(すくなひこな)と書換えられましたが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社の石段から見下ろした千酌海岸と集落です。赤い「石州瓦」の家並みが美しいですねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4.加賀神社  松江市島根町加賀
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

加賀港に面した鳥居を潜ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このあたりには珍しい神門があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿も桧皮葺で豪華です。なんかこのあたりの神社とは雰囲気が違いますねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿も桧皮葺です。しかしかなり風化が進んで屋根は傷んでいて 千木も腐って落ちています。
唯一残った千木は横削ぎで出雲様式ではありません。直線的、かつ平入り、2間3間の神明造り
に見えます。このあたり出雲地方では完全に異質な建物です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主祭神 は支佐加比売命とあります。それで納得です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記紀が出来た後に 各地の風土記は記紀に内容が合うように 不比等らに徹底的に修正させられたり
新たに編纂させられました。

特に出雲風土記は 徐福の忠実な家来の穂日の子孫の穂日家により編纂されました。そして自分たちの祖先が
出雲王国内で暴れた事実を隠し、物部王朝が 渡来人の征服王朝である事を徹底して隠したのです。

出雲風土記に寄れば 支佐加比売が 加賀の洞窟に居るときに金の矢が輝いて流れてきて
それが姫の体内に入り 受胎してサルタ彦が生まれたというのです。
やはり出鱈目の記紀に迎合してあわせているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
古代出雲王国の国教は幸の神三神です。クナト大神、佐毘売の命皇后、それに彼らの皇子の
サルタ彦です。と言うことはサルタ彦の御母堂は佐毘売の尊です。

クナト大神は大神山(今の大山)に祀られ、佐毘売の尊は佐毘売山(戦後三瓶山などという
歴史と伝統を無視したつまらん名前に変えられました。残念な事です)に祀られて、サルタ彦は
出雲北山の鼻高山(はなたかせん)に祀られました。

サルタ彦のサルタとは出雲族の祖先といわれる古代ドラビダ族のドラビダ語で「鼻が長い、とか
鼻が高い」と言う意味で つまり今で言うヒンドゥーのガネーシャのことなのです。

この神社は 出雲族が作った神社ではない事が建築様式からも伺えます。
そしてなにより 支佐加比売、サルタ彦親子神を祭っていることは
完全に記紀の内容に迎合した出雲風土記にのっとっているので
記紀が作成された後から 造られた神社であるのが丸わかりです。

日向の都萬国と宇佐王国連合王国の総司令官として 苦労の末に大和入りして 初代物部王家を
樹立した イクメ大王(贈り名は垂仁)にうまく取り入って出雲国造家にしてもらった 
穂日の子孫の韓日狭(からひさ)たちにより この神社は作られたのでしょう。

※ちなみに穂日の子孫は今の出雲大社宮司の家系です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
古代出雲王朝のトップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

出雲族原点の巨岩割れ目岩信仰の「女夫岩」とその周辺の神社、古墳を訪ねる 2016年3月4日

2016年03月09日 08時54分42秒 | 古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて
前回「熊野の火祭り」で有名な新宮市神倉神社の「お燈祭」が 南紀へ移住した
出雲族の「巨大割れ目岩」に対する女神、豊穣の祭りであるのを見た。
ご神体の「ゴトビキ岩」も本家島根県雲南市の「琴弾岩」と同じ巨岩の割れ目岩であった。

今回は松江市宍道町の「女夫岩」とその周辺を歩いて見た。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「山陰道」宍道付近の「女夫岩トンネル」(黄色い道路公団の車の向こう)の左上に女夫岩がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

入口が分からず あちこちで聞いて回った。近くのコンビニの「ポプラ」の若い店員さんも
ご存知なくて、たまたま店に来られた年配の地元のお客さんに聞くとご存知で親切に
教えていただいた。

宍道運動公園の西の「家畜市場」の外周道路に入口があると教えてもらった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小高い岡の中ほどに広場があり、そこに巨岩がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは 二つ並んだ夫婦の像というより、「琴弾岩」のように割れ目の女神岩だろう。
谷戸貞彦氏(幸の神と竜ほ大元出版)によれば この割れ目の背後の丘は子宝を孕んだ
女神のお腹だという。そしてこの割れ目岩の両側から尾根筋が延びていて その尾根が
女神の両足だという。

そこで後ほどその割れ目岩から延びる 両足も見に行く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

女夫岩の説明文。この広場で祭祀が行われていたという。女神様に五穀豊穣を願ったのだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正面にトンネルが見えるがその少し上に女夫岩がある。
女夫岩のすぐ下には「女夫池」があり、前述の谷戸氏によればこの両側の尾根筋が女神の
両足だという。そういわれればそういう風に見えるなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この女夫岩は 松江市宍道町才という集落にある。その才集落の中の神社「佐為神社」も見に行った。
この鳥居の奥に三道が続く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この参道の奥に本殿がある。そして参道の延長線上に女夫岩があると谷戸氏は書いている。
後ほど地図を添付します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿はこじんまりとしているが 立派な大社造りだ。千木も縦削ぎで出雲式だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境内に不思議な社があった。石造りで木の扉がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中を拝ませていただいた。この神社は相当古いらしく、出雲風土記にも記載されているという。
つまり古代出雲族信仰の社なのだ。見たらすぐに理解できるが「おはせ石と ほと石」なのがわかる。
つまり子孫繁栄、五穀豊穣を願う女夫石なのが分かる。
拝ませていただいてお賽銭を奉納した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境内を歩いているとまたしても不思議な石柱があった。
こちらの面はアマテラスと読めてもう一面は埴安媛(はにやすひめ)と読める。

九州物部軍の大和侵攻で大和から追い出された大和磯城王朝第7代大王フトニ大王(贈り名は孝霊)は
伯耆の国で晩年を過ごすが その息子第8代大王のクニクル大王(贈り名は孝元)のお后が
埴安媛なのである。何故この神社にその名があるのか 不思議だ。
確かに 磯城王朝は古代出雲王家と親戚ではあるけれども。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

反対側の面には 「大名持ち(大己貴)」と「少彦」つまり古代出雲王朝の主王と副王の
役職名が書かれているが これは秦国人徐福とその部下の穂日(今の出雲大社宮司の祖先)
たちに幽閉殺害された 第八代の大名持ち八千矛王と少彦八重波津身副王のことを
言っているのだろう。

と言うことはなぜこの場面に埴安媛がでてくるのか不思議だ。つまり埴安媛も出雲王家の
血を引くお方なのかもしれない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この地図を見ると 谷戸氏が言うように 佐為神社参道の延長線上に 女夫岩があることがわかる。
是も狭井神社が 古代は女夫岩を祀っていたのかもしれない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

佐為神社のすぐ近くに「古墳の丘」があったので立ち寄ってみた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらが発掘されて復元保存された方墳です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

方墳の中から発掘された石棺は本物で、発掘された当時は朱で塗り固められていたそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実際に発掘された埴輪の女性(巫女?)のレプリカ石像です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらは古代出雲王国の祭祀に無くてはならない 出雲王朝のシンボル銅鐸です。
是もレプリカ石像です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後にこの近くの大森神社に行きました。女夫岩は現在では この大森神社で行事が行われているそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広い境内の奥に拝殿と本殿があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿はもちろん大社造りです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿には自由に近寄れるので 9本の大黒柱を見せていただきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

祭神を見てびっくり仰天。まるで神様のデパートです。架空の神イザナギから 渡来人で
出雲王家の王を殺した側の徐福(聞きでは素戔嗚と書かれた)や 殺されたほうの八千矛王
や八重波津身副王、果ては時代がぐっと下がって ホムタ大王(贈り名は応神)など
盛りだくさんです。

出雲族が自分たちの王を殺した徐福を祀る事はまずありえませんから、この神社は後世に 
物部族(物部軍の出雲進駐軍司令官 物部十千根の子孫)か 徐福の命令で出雲王家の王たちを
殺した徐福の部下 穂日の子孫(物部王朝に取り入って出雲国造にしてもらった穂日の子孫の韓日差)
たちが作ったものであることがすぐに分かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と言うことで今回の古代出雲王朝ゆかりの地をめぐるたびを終えました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宍道町は宍道湖の名前の由来となった町だそうです。対岸の出雲市平田町は春霞で霞んでいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宍道町沖の宍道湖には 春霞の中を 沢山の蜆漁の船が出ていました。
宍道湖の蜆漁は 乱獲がたたって激減したそうですが 長い間の 自主規制が実って
回復し 再び日本一の座を取り戻したと 新聞に書いてありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日は 気温18度。この2、3日 雪と氷の雪山を歩いていただけに 桜咲く 
この陽気が信じられませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この桜は佐為神社に「佐為花公園」と言う広場があり、そこに咲いていました。
今年も桜の季節がやってきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「古代出雲王朝ゆかりの地を尋ねて」のトップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

紀南の古代出雲ゆかりの地 新宮市と熊野市 神嵓(かみくら)信仰の地 2016年2月6日、7日

2016年02月10日 22時55分03秒 | 古代史の舞台を訪ねて
紀南の古代出雲ゆかりの地 新宮市と熊野市 神信仰の地 2016年2月6日、7日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はじめに
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
紀元前5世紀に成立した古代出雲王朝は 幸の神三神を国教とした。
クナト大神、佐毘売の命、および彼らの皇子神サルタ彦である。

そういう人格神の成立以前から 出雲族は自然崇拝をも同時にして来たといわれる。
神の宿る山、神奈備山信仰。神の宿る樹木、神籬(ひもろぎ)信仰。また巨岩に神が宿るとして
巨岩を神嵓(かみくら、またはかむくら)として崇拝した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

島根県飯南町頓原地区の琴引き山地図です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山を登っていくと やがて巨岩の割れ目があり、社が祀られている。
穴神琴弾岩である。この岩は割れ目を「ホト」に見立てた女神様といわれている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらに標高千メートルの山頂には立派な巨岩の割れ目があり、その割れ目の奥にお社がある。
大国主が祀られている「琴弾神社」である。

この割れ目を潜り お社にお参りする事を古代の人は「胎内潜り」ともよんだそうだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
古代出雲王国の主王、大名持ちはこれらの岩神を率先して崇拝したから 大名持ち
(記紀では大国主と書換えられた)を岩(伊和)の大神と呼ばれた事もあるらしい。

出雲王国支配下の播磨に伊和の地名が多く残り、播磨風土記には 大国主を伊和の大神と
記述されているらしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また古代出雲族は割れ目のある巨岩を「琴」と表現したらしい。男神が琴を弾くように触れて
楽しむと考えたらしい。

また倉とは古代では御袋(子宮)を現したので 神とか岩倉と呼ばれる山や巨岩は
女神を現すとか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また割れ目のある「ホト岩」だけでなく、普通の巨岩も信仰の対象とされた。
出雲王国の王族の遺体は数年間「風葬」にされた。その遺体をつるした樹木を
末代まで「神籬ひもろぎ」として崇拝したという。

洗骨を終わったお骨は山頂付近の巨岩付近に埋葬されて、「お参り墓」とされ、王宮付近の山中に
巨岩を置いて 日常の「拝み墓」とされた。

以下の写真が東出雲王家向家の王宮のあった裏山に現存している拝み墓の巨岩である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここが拝み墓の遥拝所で 現在はここまでしか入れない。
※「出雲大神訪問記」の詳細はこのブログの2015年12月13日の記事を参照してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

斜面に点在する大きな岩は 斎木雲州先生の「出雲王国と蘇我王国 大元出版」によれば
古代出雲王朝の大名持ち(主王)の数17個あるという。
ちなみに第十七代主王は山崎タラシ王で九州物部王家東征時に滅ぼされました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
和歌山県新宮市神倉神社お燈祭 2016年2月6日 「熊野の火祭り」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紀南地方に拡散移住した出雲族の神信仰で始まったとされる神倉神社は現在は 熊野三山の一つ
「熊野速玉大社 」の末社にされている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神倉神社の境内に入り 写真撮影を行うには まず速玉大社 に出向いて 千円を支払い
許可証が無いと境内には入れない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この神社に限らず 熊野三山はみな物部王家の始祖の秦国人徐福を祀っているので
本殿の千木は物部式の横削ぎだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
紀元前200年頃石見の五十猛海岸に上陸した徐福は和名をホアカリ(火明り)と名乗り
西出雲王家神門臣家の高照姫との間に長男五十猛(後の香語山)をもうけた後一旦秦国に
帰国して秦の始皇帝から更なる資金と海童たちを貰い 佐賀の浮杯の地に再上陸した。

再上陸後 和名を「饒速日(にぎはやひ)」と名乗ったので 後の子孫の物部家からは
「速玉大神」とか「ニニギの命」と祀られた。

新宮市内には 徐福が上陸したとして「徐福公園」なるものまでありますが 残念ながら
徐福は熊野には来ていません。徐福上陸地点は 石見の国五十猛海岸と佐賀の浮杯海岸です。

九州物部王家の東征で熊野に上陸したのは彦渚武王の皇子たち 物部稲飯と三毛入で徐福の子孫なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この神社には なんと出雲王家大屋姫の血を引く徐福の孫の高倉下(たかくらじ)
(香語山の長男で初代大和大王の「天の村雲」の腹違いの弟で香語山の次男 )も祀られている。

出雲王家の血を引くお方なので 千木も出雲式の縦削ぎの千木もあり、出雲王国民としては
うれしいかぎりである。

物部式の横削ぎ千木と出雲式の縦削ぎ千木の混在した「出雲物部融和社」
としては 全国の恵比寿神社の総本社美保神社(徐福らに殺害された出雲副王の八重波津身ー記紀では
事代主と書換えられたー を祀る神社)が有名だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして神倉神社へ向ったが なんと驚いた事に 神社へ入る太鼓橋の手前に出雲大社新宮分社があった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さすがに出雲族が始めたといわれる神倉神社の足元に出雲の神さんも祀られているのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そしてまたまた驚いた事に太鼓橋を渡ると 正面になんとサルタ彦神社があった。

古代出雲国教の「幸の神三神」のサルタ彦とは現在のヒンドゥーのガネーシャつまり象神のことである。

南部インドのドラビダ族がアーリア人に押し出されて拡散し アムール川まで逃げた一派が
ブリアートモンゴリアンと混血しながらクナト王に率いられてアムールを下り和国にたどり着いた。

そう伝わる出雲族はドラビダ語が多くのこされているという。その一つサルタ彦のサルタとは
ドラビダ語で「鼻の長い」とか「鼻の大きな」と言う意味で つまりガネーシャのことなのです。

またサルタ彦は鼻の長い天狗様のモデルにもなったといわれます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この鳥居が火祭りの写真に登場する鳥居で ここから石段が始まります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

荒い石を乱雑に積み上げた石段は とても急で危険な山道だ。ここを真っ暗な時に上り下り
するので大変危険な祭りだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂の鳥居を潜ると巨岩とお社が見えてくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下から見上げた巨岩ー神とお社だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出雲族の立てたお社は もちろん出雲式の縦削ぎだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神に注連縄が巻いてあり 何故この岩が「ゴトビキ岩」と呼ばれるのか下からでは分からない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石段を上り ゴトビキ岩を近くで拝むと すぐに理解できます。

割れ目になったホト岩の間にご丁寧に 子宝岩までのぞいている。
これは正真正銘の女神である事は瞬時に理解できた。しかも 奥出雲の琴弾岩が少し訛って
「ゴトビキ岩」になった事も瞬時に理解できた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この祭りは 女人禁制だ。それもそのはず一般的には女神山には女性は入れないのだ。

しかも昔はこの祭りは「上り子(のぼりこ)」と呼ばれる男衆が松明で ホト岩をたたくという
所作を行ったらしい。つまり 「種付け」の所作が縁起だという。

今回は夜の祭りに 山頂にまでは行けなかったので 今でも行われているのか不明です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上り子の男衆の服装は白が基本だ。白は男の種水の色と古来されている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

腰に荒縄を巻きつけて後で跳ね上げる。

古来荒縄は男のオハセの象徴とされたが、後ろの跳ね上がった結び目は オハセそのものだ。

つまり農耕民族の出雲族の五穀豊穣を願う種付け祭りだというのが ゴトビキ岩と、所作と衣装を
見ただけですぐに理解できる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

祭りのほうはたいそう大掛かりで 約3千人の上り子たちが数時間かけて 神聖なる火を向かえて
それを松明に点火して各自の家へ持ち帰り その火で煮炊きをして一年の無病息災を願うというものだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが 入口の鳥居のところで撮影された写真で 社務所玄関の衝立に貼り付けてあった。

※ 祭りの起源などは「幸の神と竜 谷戸貞彦著 大元出版」62ページ「出雲族の岩信仰」
を参考にしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三重県熊野市「花の窟神社」 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この神社は 世界文化遺産「熊野参詣道 伊勢路」の熊野灘路にあり 本殿はありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正面の巨大な一枚岩がご神体です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

巨岩の上に数十メートルの巨大な注連縄が毎年架け替えられる神事が 執り行われるそうだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この神社は 私が熊野古道伊勢路を歩いたときに数回立ち寄っていますが
岩を見上げるたびに 出雲族の岩信仰の一つだと いつも思いながら見上げています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「古代出雲王朝ゆかりの地を尋ねて」トップページはこちらから戻れます。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

イクメ大王(垂仁)を祀る往馬神社、事代主と美保津姫皇后を祭る村屋神社、そしてヤタガラス神社

2016年01月15日 22時34分35秒 | 古代史の舞台を訪ねて
ヤマトの出雲王家がらみの三社を尋ねて 2016年1月11日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記紀の歴史作り話の「神武東征」は 九州物部家が前後70年離れて行ったヤマトへの東征を 一つにまとめた
無理な作り話だ。もう少し本当らしく創ればいいのに。

今回はその東征の 一回目に 熊野に上陸した九州物部軍をヤマトへ道案内した立役者
「ヤタガラス」こと 出雲王家ヤマト分家の登美家当主の加茂建津之身(かもたてつのみ)」を祀るヤタガラス神社。

そして2回目に大和入りして 大和の大王となったイクメ大王(垂仁)を祀る往馬神社(いこまじんじゃ、
正式名は 往馬に坐イコマツ彦神社)。

それと正真正銘の出雲王である、出雲王国第八代副王(少彦)八重波津身(記紀では事代主と書き換えられたお方)
とその皇后美保津姫(沼川姫の事)を祀る村屋神社(正式名は村屋に坐弥富津比売神社 むらやにいますみふつひめ)を訪ねた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.往馬神社 往馬に坐往馬津比古神社 奈良県生駒市壱分町
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
西暦246年に第二次東征を開始した九州物部と宇佐豊王国連合王国のイクメ王は河内に上陸してヤマトへ向う。
しかし立ちはだかる「生駒山地」に阻まれて 山を越えることができなかったと言う。

山の東側 葛城地方には ヤマト磯城王朝第十代彦坐大王の皇子サホ彦が大軍を率いて陣取り
それを越えられなかったという。

そのためイクメ王は長期間生駒山地に留まざるを得ず、そのためこの山地が後世「イクメ山地」と呼ばれて
それが「生駒山地」になったらしい。

大和入りしてヤマトの大王となられたイクメ大王は出雲王家宗像家の市杵島姫と徐福の皇子「穂穂出見」が
はじめた「九州物部王家」の子孫である。

彼はこの往馬神社に往馬津彦として祭られている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広い駐車場の脇に鳥居が立ち ここから参道が始まる。「往馬大社」と書いてあり、神社より格が上らしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沢山の人が階段を登っていくが、後で分かるが今年から この神社の恵比寿祭りの日にちが変更されたらしい。
なぜ イクメ大王の社に 恵比寿様こと事代主が 祭られているのも後で分かる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

立派な神門を潜るとさらに石段が続く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

立派な拝殿で沢山の人がお祓いの順番待ちをしていた。お正月の稼ぎ時だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その奥に本殿があった。しかし七棟ある。往馬津彦お一人のはずなのに、ハテナである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

良く探すと 何故七柱なのか説明札があった。それを読んでたまげた。
往馬津彦(イクメ大王)と往馬津比売(一回目の皇后のサホ比売なのか二回目の皇后ヒバス比売なのか不明だが)
は 分かる。しかし全国の八幡神社お定まりの 仲哀(オキナガ姫皇后の部下の豊前ナカツヒコ)神功皇后
(オキナガタラシ比売)ホムタ大王(応神)の三柱セット、それに 朝鮮半島辰韓の王子ヒボコの子孫
オキナガタラシ姫のご両親まで祀られているのにはびっくりだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それに二十柱もの末社があり、さまざまな人が祀られていて まるで神社のデパートだ。
たくさんの神々を祭り ご利益が沢山あるので どうか来て頂戴と言う感じなのだ。
あっけに取られた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広い境内ではトンドヤキの準備も行われていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この神社の周りの森は 奈良県の文化財らしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩いて行くと 終に出ました「恵比寿神社」。事代主もびっくり、「なんでやねん」と言いたくなるほど
なんでもありの神社なのだ。毎年今日が 恵比寿祭りらしいのだ。それで人が多かったのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こういう石灯籠の字もあった。松江市生馬町の生馬神社を ヤマトに移住した出雲族が この地に
生馬神社を分祀したという説もある。(谷戸貞彦著 幸の神と竜 大元出版)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この神社は お金儲けに忙しいのか「イクメ大王」の事が全く由緒書きに触れられていない。残念な事だ。
宮崎市でお生まれになったイクメ大王(垂仁)は宮崎の生目神社にちゃんと祀られていて 生目神社の由緒書きにも
「一説では生目入り彦イサチの命(垂仁大王)をおまつりしている」とちゃんと書いてあるのに。

イコマ山地由来のイクメ大王を説明せずして、縁もゆかりも無い八幡三柱セットを祀り しかも朝鮮半島
辰韓王子ヒボコの子孫のオキナガ姫のそのまたゆかりの無い両親までも祀り、その他事代主も含めて二十社
の末社を作り まるで神様の安売りデパートだ。見境が無いとはまさにこのことだ。

がっかりして この神社のデパートを後にした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2.村屋神社 村屋に坐弥富津比売神社(むらやにいますみふつひめ) 奈良県田原本町蔵堂426
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

農村地帯の中ほどに こんもりとした森がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥居を潜ると 想像も出来なかったほど広くて長い参道が続く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広い境内では トンド焼きの準備が行われていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

変わった注連縄だ。初めて見た。長い竹ざおにくくりつけられている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

門松も本体が 砂に埋もれている。これも初めて見た。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

村屋神社の由緒であるが、残念な事にあまりにも記紀に迎合し過ぎている。
せっかく 出雲の神様というか 実在の王族、古代出雲王朝第八代副王(少彦)の八重波津身(事代主)と皇后の
美保津比売(別名沼川姫)を祀っているのに、とても残念だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イクメ大王がサホ姫と手を組み、ようやく大和入りし、サホ姫は登美の霊畤(前回訪ねた場所)で三輪山の
太陽の女神を礼拝する。しかし遅れて大和入りした豊来入彦、豊来入姫たち豊国軍に 三輪山と登美山を
占領されてしまう。

その後出雲王家の向野見彦(野見の宿禰 )の子孫や登美家11代当主加茂田田彦たちにより 三輪山は奪還
されて、田田彦は三輪山に事代主を「大物主」の名前で祀るのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
秦国からの渡来人 徐福やその部下穂日親子(今の出雲大社宮司の先祖)、および沢山の秦国人海童たちにより
拉致幽閉殺害された大国主と 事代主。事代主の奥方、美保津比売(沼川姫)は皇子を連れて出身地の越へ戻られた。

屋敷のあった 松江市美保関町には 姫皇子の美保ススミ比売が事代主を祀る美保神社に残られた。
沼川姫の皇子、タテミナカタは 越の姫川から 沢山の越の人たちや出雲族を引き連れて更に諏訪湖へ進み
諏訪湖の開拓に成功された。諏訪大社の主祭神 の「タテミナカタ命」である。

沼川姫は 諏訪湖の中ほどに 銅像でたたずんでおられる。

そういう 出雲王家に由緒あるお二人のことを 記紀に毒されて 高皇産霊神(たかみむすび天孫降臨に出てくるわけのわからん神)
のむすめだとか 大物主と 大国主と 完全に勘違いしたり、非常に程度の低い由緒書きで残念だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿の前にも鳥居がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿は朱塗りで二連棟だ。事代主(大物主)と 美保津比売皇后だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

末社に恵比寿神社があり、驚いた。主祭神 の大物主が この恵比寿神社の祭神の事代主と
別の神様と思っている証拠だ。恐ろしや、記紀の呪縛。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社横に立派な社家の建物があり、大いに興味を引かれた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表札は「守屋」と書かれていた。この地域は「村屋」なので 守屋が村屋になったのだろうか。
守屋家はこの地の豪族だったのだろう。出雲王家の血を引く方なのか 興味が沸いた。
機会があれば お話を伺いたいものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3.村屋神社のすぐ近くの岐多志太(きたした)神社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

村屋神社のすぐ近くの田んぼの中に神社らしきものがあったので 気になって寄ってみた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近寄ると岐多志太神社と書いてある。 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神社の由緒書きをみて 驚いた。なんと徐福の長男、香語山を祀っているのだ。

島根県大田市の五十猛海岸に 大勢の海童や事前に上陸した部下の穂日と共に 上陸した秦国人徐福は和名を
ホアカリ(火明かり)と名乗る。そして出雲王家第七代「天の冬衣」の姫皇子「高照姫」との間に長男五十猛を
設けるのである。

五十猛は成長して丹波の国へ移住し、香語山と名乗る。香語山と出雲王家の大屋姫との間の皇子が
「天の村雲」で初代大和大王であるが、記紀では 名を消されて「神武」と言う名に書き換えられた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
由緒書きを読んで またまた噴出した。 香語山は歴史作り話の中で アマテラスが岩とに隠れた時、
おびき出す為に音楽を奏でた 音楽の神様らしい。ばかばかしいにもほどがある。

それとアメノコヤネも祀っているという。中臣氏の祖先といわれ 記紀では天孫降臨したと書かれた神だ。
やはり 記紀を書かせた布人に逆らえないので 迎合する由緒となったようだ。

それと やはりこの地は 物部氏や鏡作り部の土地なので 徐福の長男の五十猛(香語山)を祀ったのだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この拝殿の向こうに本殿がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿には近寄れないが、二棟みえるので 五十猛とアメノコヤネを祭っているのだろう。

まあこんな小さな神社でも記紀の呪縛にのろわれていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4.ヤタガラス神社 奈良県宇陀市榛原高塚42
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国道に面して立派な鳥居が立っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駐車場から神社全体を見上げる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この鳥居を潜ると広い境内だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この神社も境内でトンド焼きの準備がされていた。右が拝殿だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿の奥にさらに石段が見えている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石段をさらに登っていく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿が朱塗りの塀で囲われている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

隙間から本殿を覗くと、広くて大きな神社に不釣合いな程 ごじんまりとした本殿だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿は 出雲式とは程遠く、千木も物部式の横削ぎだ。
九州物部家を熊野から大和へ安全に引き入れてくれた登美家の「加茂建津之身」に感謝して 
物部族が建てた神社なので 物部磯城なのは あたりまえなのだが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヤタガラス神社の由緒書きです。
熊のに上陸した九州物部軍をお的へ導いた、加茂建津之身(賀茂建角身)を祀っているとかかれています。
そして賀茂建角身は山代の加茂族の祖と書いてある。

まあ記紀に迎合したところは 少しあるが、神社の由緒書きの中ではかなり上出来のほうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
九州物部王家の第一回東征は 西暦165年頃筑後から薩摩への南下で始まった。
四国南岸を進み、紀伊水道から紀ノ川の下降に上陸しようとしたが、高倉下の子孫たち(名草の戸部たち)により
強烈な 反撃を受けて、総大将の物部の五瀬は戦死する。

※五瀬の遺体は和歌山市竈山神社に祀られて 家臣の人たちが今も守り続けていらっしゃいます。竈山神社訪問記は
このブログの2015年9月8日です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一旦船へ引き上げた物部軍は五瀬の弟の稲飯と三毛入を大将として 紀伊半島を南下して熊野へ上陸するが
熊野でも大和磯城王家の兵たちにゲリラ戦をし掛けられて全く動けなかったという。

彼らは 熊野川の中洲に陣取ったまま その地から動けなかったので、秘密裏に大和登美家へ使者を送り
大和への道案内を頼む。(その陣地の熊野川中州に最初の熊野本宮大社が建てられた)

※ちなみに熊野海岸の物部軍上陸地点に建てられた 稲飯と三毛入を祀る浜王子神社はこのブログの2015年11月14日です。

登美家の当主「加茂建津之身」は 戦乱に明け暮れていた大和を物部軍と共に平定しようと考えて 物部軍を
熊野川、吉野川沿いに案内して大和へ引き入れて 登美家地盤の磐余の地に 住まわせます。

記紀は 稲飯か三毛入かどちらが大将か分からないので 「物部ウマシウチ」なる人物を創り上げて磐余彦として
「神大和磐余彦」と書いて神武という贈り名をつけた。

この磐余彦を初代大和大王としたので 天の村雲の名は歴史から消されてしまったのだ。

しかも 記紀のでたらめは続き、古代出雲王朝も 存在自体を隠すため 磐余彦の大和入りを紀元前5世紀頃の
古代出雲王朝の初代大名持ち「菅の八井耳」の時代までさかのぼらせたものだから、磐余彦以後の大王たちは
150年くらい生存した大王が沢山居る事になった。

大和入りした物部軍は 加茂建津之身に感謝して 鴨と 鳥のように聞こえる彼の名をヤタガラス
(古代支那の神仙寓話の中で太陽の中に住む 三本足の神の使いの烏)と呼んで末永く祀ったという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吉野の地酒「ヤタガラス」が奉納されていた。この長家は昔から吉野の地酒で有名だ。
もちろん日本サッカー協会のエンブレムになるまえから 有名だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あわてて付け加えた、真新しいモニュメント。サッカーボールを持っているところが笑わせる。
今の時代に迎合する姿勢が 記紀が書かれた当時に 時の最高権力者不比等に迎合する姿勢に通ずるものがある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境内から鳥居を通して外を見ると 伊那佐山が見える。
記紀によると 神武が熊野からこの地までやって来たところ、空腹を覚えたので この地の鵜飼に
食べ物を持って来いと仰せられたそうである。

物部の稲飯や三毛入たちは、険しい山岳地帯を ゲリラ兵たちに怯えながら 登美家の人たちに導かれながら
やっとこの地まで無事に辿りつき もうすぐ登美家の地盤なのでほっとしたのであろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

この記事をはてなブックマークに追加

櫻井市「登美の霊畤」と田原本町の多神社、鏡作り神社 2015年12月26日

2015年12月31日 18時58分48秒 | 古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて
奈良県櫻井市の等彌神社と鳥見山霊畤
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大和盆地は古代史の舞台であり、遺跡の宝庫です。

秦国人徐福が出雲に渡来して、連れて来た部下の穂日親子や海童達により 出雲王国の主王副王が
相次いで殺害され、その皇子たちは秦国人との共生を嫌い 大和葛城地方に移住します。

大国主の皇子、味鋤高彦(西出雲神門臣家)は南葛城へ、事代主の皇子奇日方(東出雲向家)は
中葛城へ、そして徐福の息子五十猛(移住後は香語山と名乗ります)までも 遅れて葛城北部(笛吹)
にやってきます。

そして徐福子孫と出雲王家子孫たちで 初期大和政権が誕生します。

初代大和大王「天の村雲」に始まる磯城王朝は次第に東進して櫻井市付近にいたります。
大和の神社や史跡などを丹念に見ていくと、とんでもなく面白い発見があります。

今回もその一つ、桜井市の「等彌(とみ)神社」と「鳥見山霊畤(とみやまれいじ)」です。
奇日方の子孫は「登美家(とびけ)」と呼ばれます。出雲王家の向家は富家(とびけ)とも呼ばれました。
その登美(とび)の名前が今も櫻井市のあちこちに残っています。

鳥見山(とみやま)ももともとは登美山と呼ばれていました。また付近の地名は今も櫻井市 外山(とび)です。
またこの地の宗像神社は「登美に坐(います)宗像神社」が正式名称です。

その登美の霊畤とは 太陽の女神を祀る三輪山を 登美の霊畤から遥拝し、祭りごとを行う祭政一致の
政治行事を行う広場の事です。その登美の霊畤が 今日まで保存されているとは 思いもしませんでした。

※ちなみに宗像家は出雲王国第六代臣津野(おみつぬ)王(別名国引き王)の皇子吾田片隅(あたかたす)
が北九州へ移住して作った分家です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
魏書に「その女王が立つと和国の戦乱が納まり、平和が訪れた」と書かれたヒミコはモモソ姫です。
そのモモソ姫が祭祀を執り行った場所が「登美の霊畤」つまり今の鳥見山(とみやま)山頂なのです。

磯城王朝第八代クニクル大王と磯城家クニアレ姫との間に生まれたモモソ姫は 母に似て信仰心深く
三輪山の太陽の女神を祀る姫巫女となります。三輪山の姫巫女は磯城家か登美家の姫しかなれないのでした。

九州物部王家の東進で ヤマトに出雲系豪族と物部系豪族の対立抗争、戦乱が続いていましたが
モモソ姫が姫巫女となり、太陽女神の崇拝行事をするようになると、戦乱が納まったといわれます。

モモソ姫の兄の第九代オオヒビ大王よりも モモソ姫は人々の大きな尊敬心を集めたという。登美家第九代当主
太田田根子(おおたたねこ)の庇護の下、春と秋の大祭には 大和はおろか出雲、越、尾張からも豪族が集まったと言う。

太田田根子の地盤の巻向に多くの宿舎が立てられて大いに栄えたと言われます。そのためその地は櫻井市「太田」
の地名がのこっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

等彌神社入口だ。この「とみ」という発音ももともとは登美だったのだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの道路側の鳥居は伊勢神宮の「お下がり」らしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石段の参道を進むと 石の鳥居があり、更に参道を進む。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その奥に上ッ尾社がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

綺麗に磨き上げられた上ッ尾社拝殿の中。主祭神 はどこにも書いてないが どうせ出雲の神さんだろうと
軽く考えたが、後日ネットで調べたら「大ヒルメムチ」と書いてあり、びっくりだ。後で述べます。
お参りを済ませてから霊畤へ向う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この鳥居を潜ると 鳥見山霊畤への道が始まる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すぐに「黒竜社」がある。さすが出雲の神さんの神社だ。出雲族は幸の神三神の 国教のほかに太陽の女神や
竜蛇神の信仰もしていたという。この社は竜を祭っている神社だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山道を歩いて登る。左手には高校があり、女生徒のテニスの掛け声が響いていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すぐに「霊畤遥拝所」があった。もともと霊畤とは 三輪山に祀られている「太陽の女神」を鳥見山山頂で
遥拝する為の施設なのに、その鳥見山山頂をここからさらに遥拝するのだという。「ハテナ?」である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山道には沢山の標識が立ててあり、迷う事はない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「庭殿」に立つ石碑と説明看板。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここは 祭りのときなど 沢山の人(もちろん各地の豪族たちです)が宴会をしたところだという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥見山山頂の霊畤に着いた。入口の鳥居から2キロ、ゆっくり歩いて30分弱だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

周りの雑木林のために良く見えないが、真北の山が三輪山のはずだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下山途中に 別の社へ寄る。下ッ尾社だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大きな赤い玉が吊り下げられている。太陽のようだ。三輪山に祀られていた「太陽の女神」を現しているのだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下ッ尾社の本殿は二社あった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下ッ尾社のすぐ近くには「サルタ彦」が祭られていた。さすが 出雲の神の社だ。
サルタ彦は出雲族国教幸の神三神のうち、クナト大神(父神)、佐毘売の尊(母神)、そしてサルタ彦(皇子神)
である。サルタとは古代インドのドラビダ語でいう 「鼻の長い」と言う意味でつまりヒンドゥーのガネーシャの事だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この神社は広く大きな神社だった。この鳥居の下が社務所と駐車場だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三輪山と鳥見山の位置関係である。真南から三輪山を遥拝していたのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

等彌神社から鳥見山霊畤までゆっくり往復した50分ほどだった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「太陽の女神信仰」について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
太陽神は出雲族により 崇拝されていました。渡来人の徐福の子孫である物部族は「星」、「月」、「狐」を信仰
尊敬していて 七夕祭りや「月読みの神」、「稲荷信仰」はその名残です。

等彌神社のご祭神「大ヒルメムチ」とはモモソ姫ではなく、元来「サホ姫」のことです。

磯城王朝第十代彦坐大王の姫のサホ姫は、大和に進攻してきた九州物部王国のイクメ王と一度は結婚し
三輪山の太陽神を祭り 「大ヒルメムチ(大日霊女貴)」と呼ばれて 人気を集めますが、遅れて大和入りしてきた
豊国軍の豊来入彦に追われて 皇子のホムツワケを連れて兄のサホ彦の元に逃げます。

そして豊国軍は イクメ王に呼び出された出雲郡の野見の宿禰 に追い出されるまで「登美の霊畤」を占領します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この神社の祭神の「大ヒルメムチ」はモモソ姫とかサホ姫とかいう 個人名ではなくて、太陽の女神を
司祭する 磯城家、登美家代々の姫巫女一般のことをいうのではないのでしょうか。

それとも太陽の女神そのものを言うのかもしれません。

いずれにしても 現代まで古代出雲王国のゆかりの施設が保存されていて 驚きでした。
やはりヤマトは凄い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
奈良県田原本町の多(おお)神社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
多家は日本有数の由緒ある家系です。

初代ヤマト大王「天の村雲」は磯城家のタタラ五十鈴姫(事代主と玉依り姫の姫)と結婚し、その皇子
「沼川耳(ぬなかわみみ)」が二代目大王となります。沼川耳はタタラ五十鈴姫の妹「五十鈴依り姫」と結婚し
玉手看(たまてみ)と八井耳の皇子が生まれます。

王位を継いだのは 弟の玉手看(たまてみ)で 八井耳は「多臣家」の始祖となり、その家系が連綿と続き
記紀製作者の太安万侶は 多家の子孫です。

つまり太安万侶は出雲王家の子孫でもあるのです。もともと臣は出雲王族を現す家系です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多神社へ向う道には大きな鳥居が立っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駐車場からこの鳥居を潜って 境内に向います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正面に立派な拝殿が見えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿は四連の作りで 私は始めてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この神社の説明看板です。正式には「多坐弥志理都比古(おおにいますみしりつひこ)神社」です。
この付近の地名は「多」となっています。

祭神は「神武」これは「天の村雲」を記紀が神武と書き換えているので初代ヤマト大王天の村雲 つまり
多家始祖の八井耳の祖父です。それと八井耳の父親の二代目ヤマト大王沼川耳、それと太安万侶も祭られています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大きな社務所があり、たぶん社家だろうと思い表札を見に行きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やはり「多家」でした。凄いですねえ。2千年以上も続いている家系なのですねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多神社の前に石碑がありました。新しくて取ってつけたような石碑でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その裏に「小社神社」があり、調べると太安万侶が祭られていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
太安万侶は 記紀を書き上げたあと、記紀の秘密を守るため 人麻呂と共に不比等により幽閉されます。
太安万侶は 幸運(?)にもご先祖の地 出雲王家東王家の向家の領地に幽閉されます。

太安万侶は 幽閉されながらも 秘密裏に向井家と連絡を取り「自分は出雲王家の血を引く 多臣家の末裔で
山部赤人の名前で 幽閉されながら記紀を書かされた」と伝えたと言われます。

そして「古代出雲王十七代の王の名前を古事記に書き入れた」と伝え、それに対して向家は出雲族を代表して
お礼を述べたと伝わっているそうです。

太安万侶が幽閉されて 余生を送った場所は 島根県松江市の「意宇の森(おうのもり)」で阿太加夜神社
(あだかやじんじゃ)が建てられています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
奈良県田原本町 鏡作り神社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
磯城王朝が第十一代彦道主大王の時、支那では魏と呉が対立していた。魏の遼東では公孫渕が独立の気配を見せていた。
呉は これを応援しようと金銀財宝を積んだ船で公孫渕を訪れて独立させて 燕王国とした。
その贈り物の中には 沢山の銅鏡の材料と工人もいた。

魏は是に驚き 何度も公孫渕に使者を送り 復帰を求めた。是に応えて公孫渕は後の使者を切り 魏に復帰した。

行き場を無くした工人たちは、遼東から逃げ出したが、一部は和国の都萬王国に逃げた。しかし都萬国は魏へ朝献使節
を送ろうとしているのを知り、あわててヤマトの磯城王家へ助けを求めたと言う。

その工人たちが住み、「鏡作り部」として暮らしたのがこの神社界隈だと言う。
この公人たちが作った鏡が「三角縁神獣鏡」など ヒミコが魏から貰う銅鏡よりも 古い銅鏡である。
前回訪れた武内宿禰墓稜から発掘された鏡もその一枚だろう。

ちなみに 武内宿禰も都萬国の使節として魏へ行った帰り、帯方郡で銅鏡の材料と工人を大量に仕入れて
磯城王家へ渡したと言われる。

そしてこられの材料と 工人たちで 磯城王朝が300枚以上、登美家の大加茂津身が100枚以上作らせて
各地の豪族たちに配ったという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この鳥居をくぐり、参道を進む。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石の鳥居の先に 拝殿が見える。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新しい看板で 神社の由緒を説明してある。それを見て仰天した。
なんと主祭神 は「彦火明」と書いてあるではないか。火明かり(ホアカリ)とは 徐福が石見の国五十猛海岸に
上陸した後、名乗った和名なのだ。

ちなみに 一旦秦国へ帰国した徐福が 九州北部浮杯の地へ再上陸した後は 饒速日(にぎはやひ)と名乗っている。
つまり この「鏡造り神社」の主祭神 は なんと徐福なのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新しい看板に この地で作られた銅鏡の写真が張ってあった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この説明看板の背後の「鏡池」から掘り出された「鏡石」が展示してあった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

是が鏡石の現物で 鏡作り部たちは、まず 鏡池で身を清めたあと 石の中央の窪みに銅鏡をはめ込んで固定し、
金剛砂と水をかけながら 鏡面仕上げをしたと書いてある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鏡造り部太刀が鏡の研磨の前に身を清めた鏡池である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奥へ進むと拝殿がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

額には「鏡造り大明神と書いてあるが、それと徐福とどんな関係があるのだろうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿は 朱塗りの三連社だ。これも初めて見た。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿の近くに古い由緒書き看板があった。これにも主祭神 がホアカリ つまり秦国からの渡来人徐福だと書いてあった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
考えてみると神獣鏡の神獣は 道教に基づいている。後に日本で流行った稲荷信仰のお狐様も 
道教の「西王母」の眷属神の狐が元になっている。

鏡作り部たちは 道教の神獣たちを彫っているので 道教の導師である徐福を尊敬するのは当たり前なのかもしれない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と言うことで今回の旅も 「登美の霊畤」が今でも保存されている事、多神社の社家として多家が今も
続いていらっしゃると言う事、鏡作り神社の主祭神 は なんとあの出雲王国で 主王副王を同時に
殺害し、出雲国内で大暴れした秦国からの渡来人徐福だということなど 沢山の発見がありとても面白い旅でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
古代出雲王朝トップページへはここから戻れます。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kodaiizumo/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加