ダイヤモンドトレイル、紀泉山脈を歩く

大阪。奈良、和歌山県境のハイキング尾根道のダイヤモンドトレイルや紀泉アルプスを歩いた記録です。

明王寺の長い石段を抜けて不動山からダイトレへそして神福山へ 2016年9月15日 その2

2016-09-17 10:02:40 | ダイヤモンドトレイル紀泉山脈を歩く

明王寺石段から不動山を経て神福山へ その2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そこから暫くは丸太階段の急登が始まります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

急登を暫く登ると神福山の分岐があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神福山山頂です。残念ながら見通しは全くありません。
そして葛城経塚二十八宿の第十九番「神福山」経塚があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5年ほど前に祠がひっくり返って千木が取れた居てのを ビスと針金で取り付けて祠を固定しました。
5年もよく持ちこたえています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神福山をそのまま通り抜けると 再びダイトレに合流します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイトレを引き返します。前方に神福山への分岐点が見えてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

行者杉に戻ってきました。神福山へ行きは25分、帰りは15分 計40分強の往復でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイトレを引き返し、不動山から登って来た合流点を過ぎます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合流点からダイトレを30分ほど歩くと 杉尾峠に到着です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここでダイトレと分かれて杉尾集落へ降ります。
道は 猪と大雨に掘られて凄い事になっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

暫く歩くと舗装林道になりますが 全然使われていないので 歩くのも大変です。
ここも猪の天下です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

視界が開けてきて暫く歩くと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

杉尾集落に出ました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

農家の庭先を歩きながらお寺に向います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここの集落は「古代米」栽培で有名です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たまたま通りかかった オバアに訪ねると この田圃を教えてくださいました。
このあたりが古代米らしいのですが、私には見ても普通のお米との違いが分かりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

村の毘沙門天様を過ぎると
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ようやくお寺ー明王寺に戻ってきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バイクを停めた駐車場に戻り やれやれです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩いた記録です。スタートは11時20分、帰着は15時20分。お昼休みを入れて4時間の歩行でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩いた距離と高度差です。高度差は約500m、歩行距離は約9.5キロでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この日出会った花々
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

薄荷
ミントの和名が薄荷です。道のあちこちに咲いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

水引
お祝い事に用いる「みずひき」に姿が似ているから名づけられたのはすぐ分かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金水引
この花はバラ科の花です。一つ前の写真の水引は納得できますが、この金水引は 水引とは似ても似つかない姿です。
しかも金色ではなく、黄色だし。理解不可能な名前です。こんなアホな名前がまかり通るのが不思議です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紅花ゲンノショウコ
ダイトレ沿いにはなぜか 紅花の現の証拠が多く、一般的な現の証拠の白は少ないように思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

男郎花(おとこえし)
黄色い花の女郎花(おみなえし)の白いバージョンがこの花です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

釣り舟草
山道のいたるところで満開でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

狐の孫
変な名前ですが 名前の由来は調べても分かりません。小さな花で 老眼で見つけるのは大変です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

秋チョウジ
この花の形が丁の字の形をしているからだそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

秋の田村草
実際には梅雨明け頃から咲き出して秋本番の頃には終わっています。田村草の意味も調べたけど不明でした。
ちなみに田村草の花言葉は「あなただけが好き」だそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アケボノ草
花びらの先端の斑点を「夜明けの星」に見立てた名前で 山野草の中では 綺麗なロマンチックな名前で
私の好きな花のひとつです。そしてこの花を見ると 秋を感じます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

盗人萩
この花も理解不能な名前です。かわいらしい花なのですが、種子が盗人の足跡の形だそうです。
盗人の足跡ってどんなものか 教えて欲しいわ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

禎祥草
一見 亀甲白熊(きっこうはぐま)や高野箒(こうやぼうき)に似ています。
しかし足元の葉っぱの形が違います。禎祥の意味も調べたけど不明でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

秋の味覚
山道に落ちていたので数個拾って帰り、湯がいて食べました。おいしかったなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの槇尾山へ和泉市側... | トップ | 明王寺の長い石段を抜けて不... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ダイヤモンドトレイル紀泉山脈を歩く」カテゴリの最新記事