「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

クラーナハ展―500年後の誘惑@国立西洋美術館

2016年12月24日 17時58分43秒 | 美術館
クラーナハ展―500年後の誘惑@国立西洋美術館
2016年10月15日(土)~2017年1月15日(日)




国立西洋美術館で開催されている「クラーナハ展」
クラーナハはどのような人なのか?
テレビなどで紹介されているが、とにかく観ないことには、ともって参上。

ルカス・クラーナハ(父、1472-1553年)は、若い頃にウィーンで絵画修業を終えた、西ヨーロッパで強大な力を誇った神聖ローマ帝国のザクセン選帝侯に見出され、専属の宮廷画家。
大型の工房を運営して絵画の大量生産を行うなど、先駆的なビジネス感覚を備えていたこと。

マルティン・ルターとも親交があり、宗教改革にも深く関与したこと。

等が分かった。



ルカス・クラーナハ(父)《マルティン・ルターの肖像》
1525年、油彩/板、ブリストル市立美術館


この画家が有名なのはユディトやサロメ、ヴィーナスやルクレティアといった物語上のヒロインたちを、特異なエロティシズムで描きだしたこと。

艶っぽくも醒めた蠱惑的な女性像は、当時の人達ばかりでなく後世の人々をも強く魅了する。



ルカス・クラーナハ(父)《ヴィーナス》1532年 シュテーデル美術館蔵



ルクレティア



ルカス・クラーナハ(父)《ホロフェルネスの首を持つユディト》
1530年頃、油彩/板(菩提樹材)ウィーン美術史美術館


ドイツでは15世紀後半から木版画や銅版画がいち早く発達した。

今回の展示でも、クラーナハをはじめ、デューラー、メッケネム、ショーンガウアーなど、同時代のドイツ人巨匠達の版画が比較展示されている。



クラーナハ展 https://youtu.be/hsTNFkI5a6w

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HIGASHI-YAMA Tokyo @目黒... | トップ | すみだ北斎美術館.@墨田区亀... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL