「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

新年を寿ぐ@東京国立博物館

2017年01月03日 14時16分22秒 | 博物館
新年を寿ぐ@東京国立博物館



「青春18切符冬の陣第3弾」は「東博」と隅田川沿いに北斎ゆかりの地を巡った。

御徒町で下車し仲御徒町の駐輪場で貸自転車を借りる。
9:30の開館と同時に入館。






本館前で「初春を祝うイベント」。






国宝 松林図屛風
長谷川等伯筆 安土桃山時代・16世紀・本館2室(国宝室)

さまざまな工夫と技法によってあらわされた松林。
霧の晴れ間から柔らかな光が差し込んで、遠く雪山がのぞき、冷たく湿った空気が漂う。
松林という日本の伝統的なモティーフを、中国絵画から学んだ水墨表現によって描き出し、日本の風土の豊かな形象をみごとにあらわしている。




臨時全国宝物取調局
明治21年・・・臨時全国宝物取調局が宮内省に設置。
九鬼隆一が責任者となり、 岡倉天心らが中心となり10年間にわたり全国の古社寺を中心に宝物の調査が行われた 。調査を通じ京都、奈良の社寺に特に優れた宝物が多く、かつ破損、散逸の危機にさらにさらされているとし、保存の為の施設の必要性が呼ばれた。 結果、明治22年に東京の図書寮付属博物館を帝国博物館に改める。 明治28年に奈良帝国博物館、明治30年に京都帝国博物館が開館した。
日本における文化財保護・博物館の始まり。



紅白芙蓉図 (こうはくふようず)李迪
調査により発見された。
李迪は南宋の孝宗・光宗朝から寧宗朝の前期,すなわち12世紀後半に活躍した宮廷の画院画家で花鳥画をよくした。

写実的で細緻な表現は秀逸であり,南宋院体花鳥画の最優品。
各幅に「慶元丁巳歳李迪画」の落款がある。福岡孝悌旧蔵品。






『松梅群鶏図屏風』伊藤若冲(1716年-1800年)
鶏を多く描いた若冲の水墨画。



西湖春景・銭塘観潮図屏風 池大雅筆 重要文化財江戸時代・18世紀
本館7室(屏風と襖絵)

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「博物館で初もうで」@東京... | トップ | 北斎ゆかりの地を巡る 其の壱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL