「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

常照禅寺の枝垂れ桜@水戸市元吉田町

2017年04月04日 21時28分00秒 | 文化遺産
常照禅寺の枝垂れ桜@水戸市元吉田町



待ちに待った桜の季節、ここしばらくは落ち着かない日が続く。
昨日(3日)は河和田町の報佛寺の枝垂れ桜を見に行ったが、一寸ばかり早すぎた。
今日(4日)は元吉田町の台地にある常照禅寺に。



臨済宗大徳寺派に属し、山号は仏日山(ふつにちさん)。
水戸藩2代藩主・徳川光圀により元禄13年(1700)に創建された。



境内の一帯は中世の吉田城跡で、周囲に土塁や空濠が残っている。




山額「仏日山」は光圀の書










山門から中門にかけての石畳の両脇は苔むし、京都のお寺のようだ。



中門の扉の板と金具は歴史を感じさせる。



庫裡前の枝垂れ桜の老木が見頃。



本堂前の門と奥に本堂、天明6年(1786)の再建。
昔の写真では茅葺、何時から銅葺きになったのか。



本堂の前の他に、何本かの後継木が育っている。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シュンラン(春蘭) | トップ | 柳は緑、花は紅@千波湖周辺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL