「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

「スクリーンの仲間たち」大下武夫作品展

2017年06月09日 18時50分26秒 | 美術展
「スクリーンの仲間たち」大下武夫作品展
5月30日(火)~7月16日(日)





常陽史料館(水戸市備前町6-71)の地階「アートスポット」で水戸市在住の映画看板絵師・大下武夫さん作品展が開催されている。








大下武夫さんは青森県のご出身で、1961年に「水戸東映」に入社。
以来映画の看板制作を手掛けてきた。


今ではポスター等の大画面でも簡単にプリンターで出力が出来る。
映画全盛の1960年から70年代にかけては、全てが手描き。

木下さんは、水戸市内の映画館の看板を描き続けてきた。









今回は、看板ばかりでなく映画スターのプロフィールを描いた作品が多く展示されている。

ポスターや写真などを見て、浮かんだ構図と表情を決める最初の15分位が勝負だとか。

生き生きとした顏・顔・顔。

オードリー・ヘップバーンを始め大年の大スター・





近年の『桜田門外の変』や、茨城出身の小泉監督の作品も。












以前の看板作品を撮影したものが、1階のロビーにファイルが置かれてある。
懐かしい街の風景なども。見ることも出来る。


ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「G-Windsコンサート」@「み... | トップ | 高橋 義孝 回顧展@ギャラリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL