「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展@サントリ―美術館

2016年10月14日 21時26分31秒 | 美術館

「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展@サントリ―美術館
9月10日~10月30日






桃山時代後期,本阿弥光悦、俵屋宗達に始まり、尾形光琳、酒井抱一と続いた「琳派」は鮮麗な色彩や金泥・銀泥を巧みに用いた装飾的な画風で日本を代表する美術様式。

江戸時代後期に酒井抱一の弟子として、代作もしたと言われる鈴木其一(きいつ)(1796~1858年)の展覧会。

NHKの「日曜美術館」を展覧会の前後に観たので、その影響もあるが、近代日本画の先駆け、で現代においても通用する画家・絵師であったと思う。



「朝顔図屏風」(メトロポリタン美術館所蔵)部分
今回の展覧会の一番の見どころ。






「風神雷神図
テレビでは「朝顔図屏風」との構図の共通点なども取り上げていた。








「富士千鳥筑波白鷺図屏風」(二曲一双・江戸時代後期)。
江戸からの眺めた風景は「西の富士・東の筑波」と言われた。
富士山ほど大きくは望めないが、王子あたりからは今でも見られる。
この作品は僕が見に行った時は展示されてなく、テレビの映像だが、大胆な構図で茨城の人間にとっては嬉しい。




「夏秋渓流図屏風」(部分)
これも現代的、流れの姿は琳派的であるが、新境地。

解説者は若冲に次ぐ、様な発言もあったが、若冲の多彩な技法や表現には及ばないように思えた。

サントリー美術館のある、「ミッドタウン」は防衛庁の跡地。
50年前頃、この辺りに勤務先が在ったので毎日通った。
当時は、住宅地で店などない状態だったが、様変わりだ。



当時から在ったという「檜木町公園」を見渡せる。
再開発などに際し、広い緑地公園を含め、ゆとりある土地計画は必定だ。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水戸市立西部図書館 @水戸市... | トップ | 北澤潤の「リビングルーム鯨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL