「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

水府提灯・青野商店@水戸市新荘1-5-50

2015年03月04日 22時56分28秒 | 水戸
水府提灯・青野商店@水戸市新荘1-5-50




水戸と云えば「梅」「黄門さま」「偕楽園」「弘道館」などを連想されるが、小田原提灯、岐阜提灯等と同じ、提灯の産地の一つに数えられる、ことを水戸の人でもしらないようだ。
「水府提灯」と呼ばれるが、「水府」とは水戸の異称。
約380年前、江戸時代に水戸藩の産業振興策、下級武士の内職として生まれたのが、竹の加工品の籠、竹串や団扇等。




「水府提灯」は提灯の内側の竹ひごを、1本1本輪にして糸で結わえる「1本掛け」で作るため、堅牢であること。
さらに、貼られる和紙が丈夫で破れづらいことなどが特徴。
現在もその工法は変えずに、製造されている。


「水府」とは旧水戸藩の地域を指す言葉で、現在の常陸大宮市辺りまで含み、「西の内」と呼ばれる和紙は、全国的にも有名だ。

沢山あった「水府提灯」の製造元は、現在では主なところは3社らしい
その内の一つが青野商店。
現在は新荘と町名が変ったが、旧砂久保町。
この通りに店舗や倉庫を何か所か所有している。
昨年、ショールームを兼ねた店舗を新築した。

手前の部屋が資料館として見学が出来る。
型枠からひごを掛ける工程や、和紙の見本や貼り方まで分かる。

オートマタ(時計仕掛けの自動人形)の展示は、一見の価値がある



奥のギャラリースペースでは「版画と水府提灯のコラボ/富張広司・也以、めおと展」が開催されている。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「月刊 みと」500号 おめで... | トップ | 「富張広司・也以、めおと展... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL