「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

『直しや雑記帳』(よこの会・1987年7月・B6判 224頁)

2016年12月20日 21時54分50秒 | 本・雑誌
『直しや雑記帳』(よこの会・1987年7月・B6判 224頁) 
「サントピア水戸」の時代への挽歌 其の20




サントピアが1978(昭和53)年に開業した6年後に「服の直し屋」を5階に出店した。商人なら当たり前のことが、素人が始めたたので知らないことばかり、恥かしい話は五万とあるが、今回は割愛。

「ぼやいてばかり」でもしょうがないので、店で感じた「よしなしごと」を書きつけてみようと思いついた。サントピアの近所に日刊の地方紙「新いばらきタイムス社」があった。残念なことに廃刊となってしまったが、地方紙の存在は貴重だ。
藩士を持ち込んだら、幸運にも「家庭欄」に週1回で連載してもらえることに。
文章だけでは目立たないのでカットを1枚添えることにした。
絵も文も自信は無かったが、やるほかない。

悪戦苦闘しながら1984(昭和59)年10月~1987(昭和62)年3月までの約2年5か月間に100回に渡り掲載することが出来た。

連載が完結する頃、水戸青年会議所の卒業年度を同じくする友人で毎月16日に昼食会を開いている【よこの会】の仲間から「じゃ、出版したらいいじゃない」と勧められ、急遽、出版の話が具体化した。

これと言った計画が有ったわけではないのに、(無かったから出来たのかもしれないが)、出版したら記念の会を開こう、会費で何とかなるからと風呂敷が広がった。
仲間に「きど印刷」社長の城戸義明君がいたことが大きかったが、他のメンバーの協力もあり、1987年7月に『直しや雑記帳』(B6判 224頁)が誕生した。



若年の友人でデザイナーの加藤木洋一君が編集と装丁を担当してくれた。
段ボールを表紙にするというユニーク装丁。
定価を1600円としたのは昭和16年生まれの仲間のゴロ合わせ。
販売の予定はなく記念品として配布することに。
















100回の連載が纏まったものをみれば〈身の回りから暮らしを見直す〉〈過剰な装飾を排しシンプルに)(流行おくれなんて気にしない)(ものにとらわれずじゆうに)(サントピアと水戸の街)など。
もっともらしいことを記しているが、前に述べた水野正夫先生や浜野安弘氏などの考え方に大きな影響を受けている。

水戸市泉町の中央ビル8階の「ゴールデンホール」に300人が集まった盛大な出版記念会が開催されたのは身に余る光栄だ。



出版の集いを報じた「新いばらき」1987年7月22日号。



仲間の「三つ扇」滝田酒造の酒樽で「鏡割り」。
記念品には十河雅典さんデザインによる特性ラベル貼った「OSAKE」
中身は「三つ扇」の四合瓶

今にして思えば、短期間でいとも簡単にあんなことが出来たのか。
不思議だ、遅ればせながら仲間達と参加して戴いた多くの方々に心から感謝の言葉を申し上げます。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Tabi-ぶら忘年会 in 水戸... | トップ | 青春18切符、冬の陣の第一弾... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本・雑誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL