ぶんぶくにゅーす

筆者の日々の出来事を、住まいである茨城県笠間市の鉱泉「ぶんぶくの湯」周辺の様子を織り交ぜながら紹介

水戸では夜梅まつりがあるらしい

2010年02月25日 21時44分06秒 | 日記
月曜日、「水戸の梅まつり」を見に行ってきた。ちょと寒いかしら。
で。
梅は3分咲き。寒さも手伝ってちょっと寂しい感じ。とは言っても観光客の皆様はたくさん来ていた。ウーム。恐るべし。

偕楽園は何年か前に拡張、今では千波湖畔まで伸びていた。(・。・)
てなわけで千波湖畔際へ。そこには「桜田門外の変」のオープンセットがあるのだった。雪を模して屋根は白くなっていて、撮影に使われたであろう塩が散乱していた。
千波湖畔に近づくと、おもしろい物が。噴水も然り、なのだが。
なんと!黒鳥だ。
黒鳥って綺麗な物なのね。真っ黒い体に真っ赤なくちばし、おしりにはシュミーズのように白い羽が見え隠れ。オッシャッレーなのだ。大きさは白鳥と同じぐらいではあるが、新鮮なのもあって黒鳥の方が断然綺麗って思いまいた。(^_^)ゞ

しかし。
えさに群がる姿はなかなかに醜い。黒鳥だけではないが。(←_→)なのだ。

湖畔のお店に気になるポスターが貼ってあった。

夜梅祭

よるうめまつり と読むのだ。
(O.O;)(o。o;)ヨバイマツリ デハ (*‥*)ボッ

とまれ3月6日(土)限りの祭らしい。
気になる方は是非行ってみてください。梅がライトアップされた大変美しいそうです。(^^)V
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月24日(水)のつぶやき | トップ | 千波湖畔の鳥はもはや野鳥で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL