ベンベエの詩的つぶやき

世の中をちょっと斜めに見て・・・

さよなら免許証

2017-06-19 11:31:29 | 日記・エッセイ・コラム
>五十年間私の足の支えになっていた自動車運転免許証を返納した。

体の状態が完治しないのでやむを得ず決断したが、
手足のどれかを失うような苦痛と寂しさがある。

それでも自動車運転は小学六年生の時からやっており
途中、ワーゲン・ボルボ・ローバー・BMWなど
沢山の外車にも乗ったので心残りはない。

最近特に高齢者の交通事故が増えている。
これで免許証の返納により自ら事故を起こすことはなくなった。
加害者になることもなくなった。
かつて一度だけ衝突事故を起こしたことがある。
三十歳のころ。相手はミキサー車。
わたしの方はボルボのアマゾンで装甲車のように頑丈なものであった。
私も同乗者もかすり傷一つなし。
衝突する瞬間の相手の慌てた顔が今でも記憶にある。

当時のボルボは鋼材が丈夫で
象が乗っても潰れないという凄い車だった。
現在のボルボはフォードと合併してから魅力が無くなった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 復帰 | トップ | セピア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む