ベンベエの詩的つぶやき

世の中をちょっと斜めに見て・・・

さよなら免許証

2017-06-19 11:31:29 | 日記・エッセイ・コラム
>五十年間私の足の支えになっていた自動車運転免許証を返納した。

体の状態が完治しないのでやむを得ず決断したが、
手足のどれかを失うような苦痛と寂しさがある。

それでも自動車運転は小学六年生の時からやっており
途中、ワーゲン・ボルボ・ローバー・BMWなど
沢山の外車にも乗ったので心残りはない。

最近特に高齢者の交通事故が増えている。
これで自ら事故を起こすことはなくなった。加害者になることもなくなった
かつて一度だけ衝突事故を起こしたことがある。
三十歳のころ。相手はミキサー車。
わたしの方はボルボのアマゾンで装甲車のように頑丈なもであった。
私も同乗者もかすり傷一つなし。当時のボルボは鋼材が丈夫で凄い車だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復帰

2017-06-11 16:22:43 | 日記・エッセイ・コラム
">この二月、
脳梗塞、腸閉そく、誤嚥性肺炎、脱水症を同時に発症し危ない目に遇った。
近親者に連絡をという医者の言葉に
女房もかなり慌てたらしい。

一時は耳も聞こえない、言葉も喋れない、両手両足へなへなで
どうなるのかと不安だったが、
ようやく落ち着いていろいろ振り返って見ると、
やはり誰かに守られているような気がしてならない。
そうでもなかったらあの状態から無事に還ってこれたはずがない。

十二歳の屋根から墜落をはじめ
術後の大出血などから
幾つかの命拾いをしたのも誰かが守ってくれていた。

本日ようやくリホームが終了しバリアフリーを歩行器頼りに
母屋と離れを何とか移動しているが、
まっこと健康の大切さを身に染みて味わされている。

しばらくブログを休んでいましたがこれからは少しづつ書き込んでいきたいと思います。
-----ありがとう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

人類の存亡

2017-02-09 14:23:49 | 日記・エッセイ・コラム
総ては大衆の気を引くためのパフォーマンスかと思っていた。

もし仮に大統領になってしまっても実際は
現実路線を進むだろうと思っていた。

ところが何やら不気味な様相を呈してきた。

ワンマンさを超えて独裁者の色を濃くし
ヒトラーのような恐怖政治を思い浮かべてしまう。

反対する者は片っ端から粛清する。

超大国アメリカがもし 
そのような方向に進んでいったらそら恐ろしいことだ。

ナチスの横暴を止められなかったように-------。

一国の存亡はリーダー次第。
今や人類の存亡はリーダーの資質にかかっていると言っても過言ではない。
      
      
          涅槃西風漢の声にすくみたる
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キンカンに寄せて

2017-02-07 22:52:59 | 日記・エッセイ・コラム
風邪に最適と言われるキンカンをたべる。

改良を重ねたのだろう。
昔と比べると随分甘く大きくなった。

伊豆を旅した時
あちこちの家で柑橘類が実っているのを羨ましく思った。
そのことを瀬戸内海で蜜柑を作っている友人に話すと 
柿が真っ赤に実っている栃木県を羨ましく思っていたという。

-----となりの芝生だ。

他と比較することが不幸のはじまり。
人は人 我は我   
我が道を行く

ところで家庭の常備薬として人気があったあの「キンカン」は
どうなっているだろうか。虫刺されの特効薬。
〽キンカン塗ってまた塗って---というコマーシャルソングは
(カステラ一番 電話は二番 三時のおやつは文明堂~)と共に
頭の隅に今もインプットされている。藤村洸作詞・服部正作曲 歌は雪村いずみ。
昭和30年代であった。

キンカンをたべながら ふとこんなことを。


        立春の街マヌカンの信号待ち
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンプル・イズ・ベスト

2017-02-02 12:43:58 | 日記・エッセイ・コラム
里芋(孫芋)を皮ごと茹でて醤油でたべる。

つるんと剥ける白い肌に
博多人形の艶やかな肌を思い浮かべる。

----シンプル・イズ・ベスト  
あれこれ芸術的に手を加えた料理も魅力あるが 
何も足さない 何も加えない素材そのものをシンプルに食べるのも亦魅力的だ。


最近、主食を白米から玄米に替えた。
これがまあ、予想に反して美味い! 
硬いので必然的によく噛んで食べるため
玄米の芳ばしさが広がってあまりおかずを必要としない。

畢竟、ふりかけだけで一食を済ませることも多い。
お蔭でお通じも改善されている。

----であっても 
たまには穴子のてんぷらや江戸前の握り鮨や
ミデアムレアーのビフテキを食べたいと思う時もあり 
まだまだ達観の境地にはほど遠い。

   
      ピーナツの二つ三つ四つ鬼やらひ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加