slice of life

チャリとクルマとバイクとカメラとコーギーとマイホームと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

避難当日

2005-07-10 06:44:10 | 不発弾処理

6:50
奇跡的に快晴!! 曇雨だったのに 曇晴になってる!! 平和な日曜っぽいんだけど、、、、。隊長は基本的に野次馬なので落ち着かない様子。

6:57
ブルーシートが取れてきた。

7:10
来たよ~ オリーブドラブ迷彩の重機。テレビも来たよ~

7:40
続々と車両と人が到着
8:30
家のチャイムがなって、「避難してくださ~い」と言われ慌てて家を出る。今までに感じたことがないような思いになる。これが強制退去っていうのか、、、。これより無人カメラ1号、2号の画像です。

10:54
クレーンが降りるみたいです。

10:56
外にも大勢

11:21
爆弾にまかれている赤帯が見えてきた

11:22
60年ぶりに地上へ姿を現した米国産1トンバクダン。

11:23
すっかり日本は平和です。

11:23
やっぱデカイな。そんでもって表面キレイ。

11:36
運搬用トラックに載っける。1トンなんだけど、、、、。まさかこんなトラックに載せるとは、、、、。

11:41
既に住民多数いるな。っていうか、10:30に避難勧告は解除されてんだよね。いくら信管さえ抜けば安心とはいえ、1トンの火薬が詰まってるんじゃないの~~??

11:43
みんなで見送っておわり

平和なにちようび

なんか、あっさり終了しちゃったみたいだね。避難勧告解除10時半過ぎ。7000人も避難したんだってさ~。情報源byFM西東京84.2。ふたつも信管ついてたみたいだけどね。全長180センチ、直径60センチ、重さ1トン。戦後60年の節目だね~。1944~1945年投下だって。武蔵野市で過去3回1トン爆弾処理してるらしいけど、その割りに、ペット避難がな~んにも考えられていないっつ~のはあまりにお粗末だよな。ってことだけが唯一気になった、騒ぎでした。それにしてもいい天気だな。来週もこんな感じでよろしく~(連休キャンプ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

封鎖である

2005-07-06 01:38:21 | 不発弾処理
封鎖されるのである。その区域は通行禁止。道が寸断される。青梅街道封鎖。すげー!! 見たい。日曜のまっぴるまに青梅街道通行止め。迂回した車はどこへ行くのだろう。警察や自衛隊車両がどっさり出て来るんだろうなー。すげー。しかも今回は我が家のまん前。50m位しか離れていない。遮るものはまるでなし。まる見え。こりゃ、ベランダに潜んで一部始終をこの目で見たいが、そういう訳にもいかないので、そこはビデオカメラと数分毎にきれるデジカメをセットしておこう。

ちなみに、もし爆発したらどうなるか? と誰かが聞いたらしいのだが、真上にふっ飛ぶように処理してあるらしい。確かに、強固そうに見える鉄板で壁を造って掘っていたのを確認している。今までに不発弾処理で爆発したことはないので心配はしていない。まあ、ありえない事が平気で起きる昨今、ゼロとは言えないが。

さらに、処理をする自衛隊員の服装は通常とは変わらないそうである。あまりに至近距離すぎて、爆発を防げる服など存在しないし仮にあったとしても、繊細な作業の妨げになるので、丸腰での作業らしい。絶句である。

しっかし、ウチのマンションの駐車場も前の駐車場からも車が、ぜーんぶいなくなっちゃうんだろうなー。すげー。撮りて~。写真集できるよ一冊。マジで。静かな日曜だろうな~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

避難である

2005-07-06 01:32:44 | 不発弾処理
とうとう、7月10日が迫ってきた。
制限区域に居住する者は朝8時から終了予定の 午後3時まで避難しなければならない。避難場所は公民館や小学校等いくつか用意されているがいずれも人間用のみである。それ以外の動物はどうすればいいのか。数が多い等の理由で移動できない動物もいるだろう。市に正規に登録されている犬猫にとっても、公的な避難場所で拒否されているならば、いっそのこと自宅に留まる人もいるだろう。この季節、晴れなら30度を越える暑さ、雨ならそれを避ける為に屋内に避難せねばならない。しかし、自宅以外にそうそう犬猫が入れる屋内というのは非常に少ないのが現状である。

現実的に考えてよう。この近辺で犬猫屋内可という場所は、ホームセンターのJマート。ここは専用カートがある。マックもすかいらーくもテラスのみ可だし、屋内まで入れる飲食店は、、、吉祥寺とか府中位までいかないと存在しない。つまり、避難する場所はないに等しい。否、近所にそういう喫茶店があるのだが、近所過ぎて避難区域内である。後は、動物病院併設のペットホテルか。いっそ、キャンプ等に出かけてしまうのが最良なのかもしれない。

我が家の場合。
曇だったら、お弁当でも持って最近ドッグランができたという小金井公園。あるいは一日あそべる昭和公園で過ごすのがいい。しかし、もし雨や晴れだったらどうしよう?? お店は朝8時からやっていないし、長い時間滞在はできない。キャンプもその翌週行く。車で待機ってのもうちのマイカーじゃ無理。つまり、我が家は実家に助けを求める事になるのである。

同じ市内ではあるが幸いなことに少し離れているので避難区域外であるし、「ペットは1頭で自己の居室内で飼育できるものに限る」等という決まりとは無関係の一戸建てなのでなんとかなるだろう。しかし根本的解決にはならない。

というわけで明日、市役所に聞いてみようと思う。市内に何頭いるか完全に把握している市だから、まさかなんの対処もしていないとは言わせない!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不発弾

2005-06-16 17:18:00 | 不発弾処理
どうして、公表から一ヶ月も待たねば撤去してくれないのだろうか?
不発弾とはいえ、信管が生きている1トンの爆弾のそばで生活している身になってくれ~
一応、24時間警備員がいるみたいだけど、武装集団が来て奪取して世間を脅迫するようなことがあっても不思議じゃない今の世の中。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加