白秋時代

日々の生活の中で、ふと思いつくことを書いてみました。

どっちが良いのだろうか?

2017-08-10 22:25:58 | 雑感

「日本は法治国家ですから・・・」

「ルール(法令)に基づいて適切に行っています」

「既に国会で言ったとおりです」

「それは国会(党)が決めることです」

「担当大臣(担当省)に聞いてください」

この5種類ぐらいの答えを繰り返し連発しているだけ。あとは、政府広報の質問は事前に頼んだ記者から質問させて、用意した原稿をスラスラ読むだけ。

不思議にどんな嫌な記者の質問でも必ず律儀に答えるのですが、常に本質からずらして、先の5種類の言葉を何度も繰り返し、質問する記者があとの意趣返しが怖くなって諦めるのを待つ。それが菅話法であり、安倍官邸の記者会見のやり方であった。

そんな偉い菅長官が「官僚の作った原稿を朗読する」というバカ正直な江崎新大臣に注意したとか。二人とも方法において大して変わらないのではないだろうか?むしろ性格は江崎鉄磨さんの方が良い人間のような気がします。

こんな事どうでもいいか、昼下がりの一杯!


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二人の幕末近代人 | トップ | 劇場化からバラエティー化へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。