白秋時代

日々の生活の中で、ふと思いつくことを書いてみました。

何を隠そう、責任はあの人でしょ

2016-10-15 20:46:30 | 時事

都議会劇場では、市場幹部たちは異口同音に「知りませんでした」と繰り返す。見ようによっては、いじましくもあり、もの哀しくもある。親を失った子供たちが健気に親の責任を隠そうとしている、そんな光景だ。

子供たちは皆更迭され、懲戒処分を受けるのだろう。彼らには「二君にまみえず」と言った堅い信念もなかったのではないか。ただ宮仕えの習性として、上司に絶対的に忠義を尽くすことが、出世の必須条件であったし、それを率先実行したから幹部になれたのだろう。

退職した者も含めて、金銭的な損害を被る懲戒処分を受けたとき、彼らは自らの職業人生の反省をしたり、総括をするのだろう。法的には、首長には懲戒処分は及ばないが、最も罪深い者に、政治的責任を取らせるには、選挙と言う手段があるというのかもしれないが、高齢であれば選挙に出ることもないので、お咎め無しということになってしまう。何か割に合わない、筋が通らない結末である。

今回の都の事態は、刑事事件に発展しなくても、二元代表制である首長・議員に対して、実質的なペナルティーを科すことの法的な実験をしてもらいたいものだ。民主制度は強すぎる支配者の権力を制約、牽制する制度であるが、人民主権の立場から、政治家という人民の公僕である権力者に対しても、実質的責任やダメージを負わせるべきだと考えるが、どうだろうか。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青森、あれやこれ、 | トップ | おめでとう広島 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。