白秋時代

日々の生活の中で、ふと思いつくことを書いてみました。

ふがいない人々

2017-05-14 22:43:22 | 時事

「読売新聞を読め!」と言うなら、読売の社主を国会に招致すればいい。

「総裁と内閣総理大臣の別人格」を主張するなら、二重人格の首相とは議論はできないと、席を蹴って出るべきだろう。

あまりにもプライドと知恵のない野党議員に呆れる。何よりも、そんな不甲斐ない議員を選んだ国民が、二重人格首相から馬鹿にされていることに気づかないマスコミ報道が悲しい。

 シュムリアップの街路樹・・・醜い人の心を連想します。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 珈琲一杯の時間 | トップ | 晴れた日には・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。