広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北海道ツアー後記 札幌編

2011-09-28 13:18:16 | Weblog
帰ってきました!澤田一範4の北海道ツアー!

いやあ、今回も堪能しました♪



初日、
台風が来ているという事で、飛行機が飛ぶかどうか、という心配を胸に、
ラッシュの時間より早く行こうと、ほとんど寝ずに出発。(朝早くに電車乗るとお腹痛くなっちゃうんですもん。。。)
羽田に無事に着いて、朝食や本を読んで時間をつぶして、
無事に澤田さんと航太朗君と合流。

鳥取への便が飛ぶか、危惧している友達ミュージシャンズに飛行場内で出くわして、
びっくりしつつ、(どうなっただろうか・・・)

僕らは無事に札幌へ。
飛行機が飛んでよかったですが、
千歳に着くと、名古屋は大変な事になっている様子。。。
ちょっと妙な罪悪感を感じながら、空港内で早速ラーメンの洗礼を!
(空港内にラーメンスクエアみたいのがあるんですね。)
と移動したら、今は北海道に在住のドラムの伊藤宏樹君に遭遇!
同じく北海道ツアーに来たギターの関根彰良さんを拾いに来たとのこと。
宏樹君は同い年だし、久し振りの再会でうれしかった♪

ラーメン横丁みたいな所で、3人各自好きそうなところに入りまして、
僕はえびそば「一幻」に入店。うまかった!すすきのに本店があるらしく、
又今度行きたいな。




ホテルにチェックインして、
少ししたら、初日のお店、紙ひこうきへ。

それからリハーサル、本番、打ち上げまではあっという間で。
とても楽しい時間でした。
久し振りに会う人達や、始めましての人達。
(台風と多くのバンドが、同時に来札していたので少し心配でしたが;)
とても大勢のお客さんに恵まれ、
はじめましてのファンキーで歌心溢れる暖かいピアニスト、山田敏昭さんも素晴らしかったです。
深夜まで打ち上げをして、腹いっぱい酔っ払いでホテルに帰還。

初日らしい慌しくも充実した一日。



2日目

時を同じくして、札幌に来ていた、トランペットの村田浩さんのバンドのテナー奏者、
岡田嘉満さんと大通り公園のイベントに昼食がてらハングアウト。
(岡田さんは僕のリーダーセクステットでもいつも吹いてもらって、お世話になっています。)
寒かったので、ユニクロでヒートテックをゲット。
途中から航太朗君も合流して、3人ではしゃぎました。
さすが北海道、色んな美味しい物が、ありすぎです。



一度ホテルに戻り、今日のお店、スローボートに。
今日のピアニスト、福居良さんがオーナーの、札幌を代表する名店です。

リハーサルも本番もとても密度が濃くて、打ち上げも素晴らしく良い話ができました。
福居さん、日本を代表するバップピアニストの一人ですが、
若手に対するアドバイスが素晴らしく、北海道からドンドン人材が出てくるのもうなずけました。また、お会いするのが楽しみです。頑張ります!
そして、しめの、スローボートの近くの油そば屋、旨すぎでした。


二晩続けて、澤田さんはもとより、航太朗くんもとても素晴らしくて、
大変に刺激を受けました。
音色・リズム・フレージング、ジャズのすごく魅力的なところ、
心に響く演奏、僕ももっともっと追及していかなくては!!





そんな澤田さん・航太朗くんと9月30日(金)、
新宿サムデイで一緒に演奏します。
今回はWest Coast Breeze という3管編成のグループです。
メンバー全員とても強力で、管のアンサンブルも素晴らしいので、是非いらして下さい!
オススメです!

新宿 someday  
http://someday.net/index2.html
PM 7:45~(2 stage)charge \3,150-
West Coast Breeze
w/丹羽康雄(bs)・伊勢秀一郎(tp)・澤田一範(as)・元岡一英(pf)・小林航太朗(b)



また、北海道ツアーの残りも書いていきます!
Please check it out!








ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日から北海道ツアー! | トップ | 井上祐一4 feat. Arun Lut... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵な出会いでしたね。 (ひろこ)
2011-09-29 04:02:47
お疲れ様です
北海道の方も田村さんの演奏を堪能されたことでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL