脳もいい天気

学習塾と家庭教師のいいとこ取りした小さな勉強基地を設営。
自分の勉強部屋みたいに使って、卒業しても顔出して。

国公立入試前日

2017年02月25日 | 塾のこと
いよいよ明日は国公立大の二次試験。
遠方を受験する生徒はもう昨日から現地に。
そのため、いつも熱気に溢れた自習室が
し~ん。

広島市立大学を受けるUちゃんは1週間前からスマホが邪魔。
と、スマホなしの生活を始めていました。
見始めると止まらないので勉強時間が惜しいのと、
お母さんと雑談で気晴らししたいのにスマホをいじっていると
お母さんが気を遣って話しかけにくいということに気づいたらしい。
受験のイライラもやもやを減らすのには親との会話が一番ですよね。
お母さんも話す機会が増えて嬉しかったそうです。
私は何でも外に出さず自分の中で処理するようにしつけられたので、
悩み相談とか親に一切しませんでしたから、ちょっとうらやましいです。
スマホなんかやらなかったら軽く勉強時間2倍になりますよ。
ニュースで言ってましたが、大学生の読書時間ほぼゼロなんですって。

日本の教育って、抜本的に変えたほうがよかないか・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神楽男子

2017年02月23日 | 塾のこと
今日、「先生、お久しぶりです。今から顔出してもいいですか。」
と電話して会いにきてくれたのは、3年前、神楽を愛するあまり神楽の盛んな県北の高校へ進学したレン君。
小さかったのにがっしりたくましくなっていて、でも笑顔は以前のままでとても好青年になっていました。
福祉の専門学校に通うため、実家に戻ってスーツを買ってもらうそうで、お母様のお仕事が終わる時間まで近況報告がてら会いに来てくれました。
相変わらず神楽大好き青年で、専門学校を卒業したら県北で神楽の団員になるのだそうです。
地元の中学校であまり楽しくなかった反面、県北の高校ではとても楽しく充実した生活を送れたようで、
「卒業式泣くわ~」と言って帰りました。
去年の秋、その学校の近くを通って山陰までサイクリングしたことを伝えると
あまりの無謀さにびっくりしていました。
私だって生徒に報告すること少しはあるんだぜ!ひひひ。

スーツできたらLINEで写真送ってや~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再会

2017年02月17日 | 塾のこと
卒業(塾)生としょっちゅう再会している私ですが、
今日はほんまに久しぶりにミナミさんと会いました。
横断歩道を渡ろうとすると、向こうから
「せんせ~、ミナミです~。」と声をかけてくれました。
名乗ってくれるの大事ね(私がお名前を忘れていることも多々あるので)。
 
聞けば私の大好きなイタリアンのお店でアルバイトをしているそうで。
この近所では、あそこしか美味しいイタリアンのお店はないと、通い詰めている
美味しいお店なのです。
宣伝をしないし、電話番号すら電話帳に載せないあたりも共感がもてます。
宣伝をしなくてもお客さんが絶えない、何年も続くお店。
塾だって頑張って、そんな塾でありたいと思うのでした。

ミナミさん、また会いましょうねえ。
今日は声をかけてくれてありがとね。
嬉しかったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2日連続卒業生がやってきた。

2017年02月11日 | 塾のこと
昨日は看護師になった女子が、早々とチョコを持ってきてくれました。
そもそも男子でもないのに私にチョコをくれなくても~と思いましたが
せっかく久しぶりに顔を出してくれたので、恋愛トークに長々とお付き合いしてしまいました。
あとダイエットのアドバイスもちょっと。
訪問看護の仕事だと、車を貸与され運転中はお菓子を自由に食べられるので6kg太ったとか。
私の通うジムのスタッフの名刺を渡しておきました。
Y'sに通っているときも、いつも勉強しながら甘いものばかり食べていましたからね~。
生活習慣なのでしょうね。若くても食べすぎはよくないよ。

そしてさっきは、鳥取大学にいったクマ君がいきなり現れました。
精悍な顔つきになって、コロコロしてた昔の面影がなくなりしばらく誰だかわかりませんでした。
なんと大雪で鳥取に帰れなくなって後期の試験が受けられないと焦っていました。
教授とも連絡がつかないのだとか。
教授~!大雪なんですから試験日を延期してあげてくださ~い!!
地元広島に帰ってくるとまったく雪がなくてむしろあきれたそうです。
あちらは膝まで埋まるくらいだとスマホの画像を見せてくれました。
このたびは就職活動の一環で帰広して、数社訪問してどこからもラブコールがかかっているのだそうです。
いいですね、理系。うらやましいです。
受験するときはきっと研究畑にいくのだろうと思っていましたが、
大学に入ってからは人と関わることに目覚め、
ベンチャー企業で自分のプレゼンをするような仕事をしたいと大きく方向性が変わったようでびっくり。
人生わからない、人は奥が深い生き物なのだなあとつくづく思いました。
それにしてもこの時期卒業生が立て続けにきてくれるとは本当に嬉しいことです。
また頑張る元気がみなぎってきました。
ありがとね、ツルちゃん、クマくん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仁術

2017年02月10日 | 家族のこと
塾のことばかり記事にしようとして始めたこのブログなのですが、
「家族」というカテゴリーがあるのを見つけたので、
ちょっと書かせてください。
実母が心臓が悪くなったので、ゼエハアせずに歩けるようになりますよ、という
医師の言葉を信じて、新しいtaviとかいう術式の手術を受けたのです。
それ以来脚が麻痺して、ゼエハアどころか、自力で歩けなくなってしまいました。
今日通院日だったので、執刀医に話を聞きに母を連れて行ったら
「いずれ脚を切らないといけなくなりますから」
と、母本人の目の前で何度も言われたと、診察室に一緒に入った姉が呆然としていました。

自分が「歩けるようになりますよ」と言って執刀しておきながら、
身体障害者になって退院し、1ヵ月後には「脚を切る」宣言!

これって医学界の常識なのでしょうか。
有名な病院の作戦なのでしょうか。
母がかわいそうでなりません。
高齢者に優しい術式って甘い言葉に釣られた素人の私たちに非があるのでしょうか。
本当に悲しい毎日です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加