22世紀には平和にしたい

平和を妨げていることは何かを考えていきたい日記です

審議のプロセスを検証できるようにする

2017-07-16 08:23:36 | Weblog
最近いろんな規制緩和の審議で政府への不信感が高まっている。

本質は審議の記録保存期間が1年未満となっていて、ほとんどが
非公式のメモでしかなく、これを巡って、怪文書だの、記憶がない、など
堂々巡りの議論になっている点をいかに今後見直すかである。

記録を残し、将来振り返って審議プロセスが検証できるよう、
適切な保存期間を定め、最終的には全て公開するような法整備が
必要である。

記憶がない、ということばで逃げ切れている、と発言している人たちは
思っているかもしれないが、国民は、記憶がない、はその通りだが
都合が悪いので、言えません。という風に受け止めていることを理解
しないとだめだろう。

また、現時点、公式記録がなければ、非公式なメモでもそれを集め、
審議プロセスを検証する姿勢が必要だが、その姿勢がリーダも、
その周辺にも無いことを残念に思っている。


リーダーは、泣いて馬謖(ばしょく)をきれるだろうか。

国民はそこをみている。

ただ、切ったリーダーも滅んでいくのだが。。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アメリカに考えてもらう必要... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。