Fitteの倉本です。

フィッテは熱き魂を持ったロードレーサー達の為の情報発信基地&「お店」です。
カテゴリーより店舗情報をご確認下さいませ。

GRANFONDO PINARELLOのお詫び

2010年07月29日 16時58分03秒 | PINARELLO
ブログに「自転車がもらえるかも・・・」というような記述がありましたが、これは「100位以内でプレゼント」とかいうヤツのことでしょうか?
他の販売店さんからも現地で同様の問い合わせをいただいたのですが、過去、第1回、第2回のオフィシャルツアー(一般ユーザー対象)の時に、そのような企画はしましたが以後は実施しておりません。
また、今回のディーラーツアー実施に際しても、そのような企画をするというアナウンスは一切していないので他の方からも対象者が多く出たので急遽取りやめた風に言われて困惑しております。

というメールをいただきました。

確かに仰る通り、正式にアナウンスされたものではございませんでした。

確認もせずに、ブログに面白おかしくアップしてしまい関係者の方には大変ご迷惑をおかけいたしました。
謹んでお詫び申し上げます。

FITTE 倉本佳明
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カンパニョーロ2012モデル搭載車

2010年07月25日 13時34分02秒 | 自転車パーツ


空飛ぶ自転車。

電動の実車は写真を撮ってはいけなかったのでこんなんでご勘弁。

実は電動はすでに実動していました。(耐久テストをマシンでも行っていました。)

「2011年モデルのカンパニョーロの定価は電動を近い将来埋め込む為の価格だと思う。」と偉い店長さんが言っていた。偉い人は考える事(考え方)が違いますね。

並行輸入防止対策と併せて考えた場合、まあ良い事なのかな?と私も思います。
在庫分は安売りするしかないな。


工場見学の前に歴史の勉強もしました。


村井さんが設計図を見つけられたりヤッパリ偉いテンチョさん達は目の付けどころが違うな。

工場を出る瞬間に一台のロードバイクが私達の目の前をゆっくり通過、、、。

あれ?

電動バイクでした。イタリア人は粋だね。プレゼンの仕方がお洒落です。

PS.
2011年のスーパーレコードのデリバリーですが10月から11月位でしょうかね。
カンパニョーロ&カンパニョーロジャパンの発表ではなくて輸入元の予想ですがこちらの方が的を得ていると思います。
現地ではすでに2011年モデルのスーパーレコードが組み込まれたパリカーボンの自転車が走っていましたが完成車用マーケット(ショーモデルやカタログモデル)が優先されるのでたぶんアフターマーケット用のデリバリーが始まるのはやっぱり3か月位は遅れるのでしょうね。
細かなサイズが揃うのはさらに先の事でしょう。
2010年のスーパーレコードを持っているレーサーのインプレッションですが、2011年モデルの変化は正直分からないと言っていました。
同じ自転車で乗り比べて少しだけ気づくかもしれない程度の差なのかもしれません。






お次は


こんなのや


タイ焼きのはみ出したのや


圧力測定や


おばさんが二人がかりでしごいてくれたり


はみ出た我慢汁を


おねーさんが優しくフキフキしてくれたり


パイプカットしたものがイッパイあったり


それ以外にも科学的検証はシッカリしていたり


オヤジも頑張って検証していました。


お尻の調査も欠かしていません。
プリップリの良いケツしているなぁ~と思ったら結構なお歳のおばさんだったりしました。

2011年モデルです。


もうお分かりだと思いますがフィジークの工場見学でした。
お昼御飯を御馳走になりました。
例によって例の如く食べ物の写真はありません。





〆は

ピンポンダッシュです。







やっぱりタイ焼きがはみ出していたりしました。


タイ焼きでズイブン儲けているみたいでした。


屋上からの風景。これで既に午後7時過ぎです。1日が長い。

プレゼンが終わってからまたまた夕飯を御馳走になりました。
写真は当然ありません。

この日はこれでお終い。

ホテルに帰るとすぐに12時位。

------

翌日は、一般ユーザーと一緒に再度PINARELLOの工場見学です。

午後は自由行動なので体が痛い僕はHOTELに戻って半日眠っていました。

------

朝、5時に起きて帰りの支度をして朝飯も取らずに6時半にホテルを出発。

また丸一日かけて飛行機で日本に戻るのかと思うとめげましたが、空港で少し元気になるのでした。









私にとっては良いカンフル剤です。

お土産を買おうかどうか迷っている時に山崎テンチョさんが耳元で「いっときましょ!自転車のパーツだと思えば安いもんでしょ!」と言うので思わずカーボン製のアレを買ってしまいました。

映画を6本位見るうちに成田へと帰ってくるのでした。

1週間のうち2回しか自転車に乗らずに食ってばかりいたので体重が激増しておりました。

お医者さんに行ったら程度にして2度の脱臼だそうです。

今年は復活はできずに終わるのか?

夕方から輸入元の展示商談会に行って長い一日が終わって行くのでした。フゥ~ッ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

GRANFONDO PINARELLO(今年からは la pinarello)

2010年07月24日 19時45分24秒 | レース
金曜日、土曜日と38度39度とメチャクチャ暑かったらしいのですが、日曜日の未明すなわち当日の朝は雷雨&暴風で街中でも木が倒れるほど。



みんなどこへ行くの?


屋根のあるところへ退避


雨が上がったらまた並び直します。


オヤジと有名人も並んでいます。


結局、道路のチェックの為2時間位待たされて、さらに山は倒木のお陰でモンテグラッパがキャンセルになりました。

コース的には自分向きのコースになりました。

100位以内に入ったら自転車もらえるっていう噂話があったので気合は十分。
そうでない場合は、買い取り、、、。
本気ではなかったかもしれないけれど別府匠選手が一昨年だか、去年だか走って100位以内に入れなかったらしいので輸入元もPINARELLOも冗談混じりで言っていたのではないかと、、、。

GRANFONDO PINARELLO と言ってもそういうレベルのレースペースのサイクルイベントです。
現地の元プロ、プロになれなかった賞金&賞品稼ぎの連中が先頭集団を固めます。
日本で開催されているGRANFONDOとは意味合いが違います。
その為イタリアの現地で説明されるGRANFONDO用と言われる自転車もそういう自転車の事になります。
ちなみに怒熊さんはGRANFONDO用だそうです。
今は妙に納得できました。

今回はポッツァートもゲスト参加していました。(たぶん足馴らしの為のサイクリング)

そんな中僕は、第一チェックポイントをバイクや車を従えながら気分はツールで一桁番手で通過するも、その下りで落車。

ちなみに、現地で用意されていた怒熊の自転車はブレーキが前後逆のセッティング。
換えときゃ良かったと思ってもアフターカーニバル。

まあなぜそんな事になったか検証すると
第一チェックポイントをサニーサイドの宮田さんがトップ通過した事。(ちゃんと見ていましたよ~ん)熱くなりました。
「日本人頑張れ!」と鶴見選手を抜く時に声をかけられた事。熱くなりました。
自転車がもらえる可能性が非常に高くなっていた事???熱くなりました。
下りと平地で普通に走ればそれまでの展開的に先頭集団にはいられるであろう事。冷静に熱かったです。
等々の要因でもう先走り汁が出そうなほど熱くなっていました。

で、先頭を追いかけて下りでアタックをかける人に抜かれて同じ様に走ろうとして同じように走れなかった為?ブレーキをロックさせてしまいコケチャイマシタ。

曲がったハンドルやブレーキレバーを適当に戻している間に何百人かに抜かれました。

まあ自転車を守って体で受け止めちゃった感があって左肩を脱臼しちゃいました。
(メチャクチャ痛かったけどそれは自転車が新車だった事であり、体はエンドルフィンやら我慢汁やら出ているのでゴールするまで心の痛み以外はあまり感じませんでした。)

あと100kmもあるのに「あ~あ」と言う感じです。

正直、これ以降のカーブが怖かったです。でも、みんな上手くて速くて変なストレスがありません。

本場の走りは何気ない平地や下りがメチャクチャ速かったです。
アウタートップ回しっぱなし。
踏んでいると切れる。
良い経験をさせていただきました。

まあ何とか、もう一度先頭集団に復帰する事が出来たのですが、脚も肩も終わっていて力が入らず最後の丘で切れてしまい58位でした。

体力的な差ももちろんありますが、走りの上手さの差を実感しました。
特に下りは速いです。
伊太利亜人と勝負するには、やはり向こうでの修行が必要なんですね。

キズものにされた「うぶ」な怒熊さんはどうなるんでしょうか?
走り終わるとなるしまの二戸さんやスペースの佐藤店長、宮田さん、僕、バルバワークスの酒井さん等が100位以内に入ってしまったので距離が違うからとか何とかと、、、どうなることやら、、、。

でも日本人は大躍進でしたね。これもARASHIRO効果かな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カンパニョーロ2012モデル(発表までの序曲)

2010年07月23日 21時02分39秒 | PINARELLO
飛行機がこんなに辛いとは思いませんでした。


荷物が重かったです。

実はGRANFONDO PINARELLO と言うイベントに参加しに行ってきました。(今年からは lapinarello と言うらしいです。)

エアーフランスの飛行機を乗り継いで24時間位かけてイタリアのトレヴィゾと言うところに行きました。

腰が逝けました。


HOTELはこんな感じです。


有名なてんちょさん達と一緒です。



------お休みなさい。



土曜日は朝一でサイクリング用の自転車を受け取りPINARELLOの工場に行ってきました。

こんな感じで。


怒熊はちゃんとPINARELLOで検査&組み立てをしていました。





売るほどイッパイあります。


みんなそこらじゅうを漁っています。


こんなのが

こんな感じで

こんなふうになって完成するまで順番待ちです。

もしかしてうちの会長のカモ、と思いましたが、、、イタリア人がそんなに仕事が速い訳がない。

ホテルに帰ってからはお勉強会です。



洗脳されています。


「だから、RACING ZEROってあるんだ。」と妙に感心してしまいました。

イタリアの料理は美味しかったです。

そういう訳で料理の写真は一切ありません。

つまりは撮る前に空になってしまったっていう事。

と言う事で長い1日でした。(本当は金曜日と土曜日の2日間)

明日は左肩を脱臼した件について、書けたら書きます。



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

新しいカンパニョーロの真実

2010年07月13日 00時00分01秒 | 自転車パーツ
ホイールは以前の情報と同じく変更なし(CXモデル追加のみ)


コンポーネントのマイナーチェンジは、Revolutional Elevenというテーマで
変速性能を向上させるために行われます。
チェーンリングの刃先形状、エルゴパワーの内部部品、フロントとリアの変速メカの
ケーブル取り付け角、リアメカの取り付けボルトの構造などの変更です。

FC:クランクセット
RD:リアメカ
FD:フロントメカ
CN:チェーン
EP:エルゴパワー
BR:ブレーキアーチ
SP:スプロケット


コーラス
・ロゴを少し変更(10スーパーレコードっぽく)
・RD:メカの取り付け方法が変更(ボルトがアルミ製2ピース構造で黒に)
    スプリングを強くして、さらに精度の高い変速を
・FD:変速ケーブルの取り付け角度を変更、より効率的にパワーが伝わるように
    プレート形状も変更し、変速性能向上 
・EP:ボディの樹脂を変更して耐久性を向上
    インデックスの溝を深くして遊びを少なく
・FC:XPSS(Xtreme Performance Shifting System)の採用
    (チェーンリングのギアの刃先形状を改良し、さらにスムースに変速できる)
    チェーンリングをとめるボルトの変更(ナット側をなくして軽量化)
    ウルトラトルクのスピンドルを軽量化(構造的に問題のない部分を切削)
・BB:軽量化(構造的に問題のない部分を切削)
・BR:ブレーキシューの素材、取り付け方法の変更(金属パーツでフネにロック)
・CN:そのまま
・SP:そのまま
・トータル51g軽量化



以下、レコード、スーパーレコード、アテナの変更ポイントは、上記に追加もしくは
上記ポイントと違っている場合のみ記載。

レコード
・ロゴを少し変更(ちょっと赤色が入る)
・RD:プーリーにセラミックベアリングを採用
・EP:レバーが2010スーパーレコードと同じように形状に(上部に穴あり)
・CN:チェーンピンの穴を少し大きくして軽量化
・トータル41gの軽量化



スーパーレコード
・ロゴを少し変更(ちょっと赤色が入る)
・RD:メカのボディが完全にカーボン製に
   (3Dモールディングプロセスと呼ぶ加工=ヨジレがなく、強度が大幅に向上 ⇒ 正確な変速)
    プーリーのボルトがアルミに
・FC:通常のクランクセットに追加して、チタンシャフトモデルが追加
    (チタンシャフト用ボルトは混乱のないよう逆ネジに)
・トータル48gの軽量化(チタンクランクの使用で88g)



アテナ
・ロゴを少し変更
・BR: パッドだけ新コンパウンド
・トータル70gの軽量化(カーボンクランク)
・トータル90gの軽量化(アルミクランク)

てな感じで、言うほど大きな変更点はございません。

現行モデルも初期型から比べると内部の部品がかなり改良されて良くなっています。

つまりは現行モデルがチョットお安くなっていれば買いだという事です。

僕の考え方が間違っていたらゴメンナサイ。

ちなみに、7月16日から7月22日まで自転車の本場イタリア方面に行っておりますがお店は営業していますのでヨロ乳首。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

時代は君のものだ!

2010年07月12日 12時19分17秒 | トレーニング
7月10日(土曜日)
岩淵水門スタート
川口さん、生原さん、古屋さん、引率の先生役の飯沼監督&会津大地君、途中まで一緒のポッキー西海持さん、そして倉本。
他にどなたかいらしゃいましたっけ?チーム掲示板に書き込みがなかったので思い出せません。

秋ヶ瀬公園入り口
奈良さん、柳瀬さん、鬼塚さん、西村さん、西村さんのお父さん、他にもどなたかいらっしゃったような気がしますが週末がハードワークだったので思い出せません。スミマセン。

上江橋付近
上村さん



現在僕の中では
カンチェラーラは一番強い。
コンタドールも一番強い。
カベンディッシュも一番強い。

で、世界一強いのは誰なのか?はそれぞれタイプが違うので決められない。

一般の方からするとロードレースって分かりにくいが、奥が深くて面白い。

前から分かっていた気もするけど今日、改めて分かった事。

カンチェラーラ的なのは鬼塚さん、上村さん。(走ってみればわかるはず。)
コンタドール的なのは西村さん(もはやジュニアと呼ぶのは失礼か?)
カベンディッシュ的なのは奈良さん(ポッキーが良くなれば必ず復活してくれるはず。)

清澄に行くまでもその走り方はエアロ的に見てどうか?と思う上体が起きたブラケットを持ったダンシングでリズム良くクルクルとペダルを回して先頭方面で頑張っていた西村君は、体幹が太くなってシティングで走れるようになったら間違いなく化ける。

冬に走った時にはあまりその脅威を感じなかったのですが(もちろん速いなぁ~とは思っていましたよ)今は、むしろこちらが揉んでもらう側。(揉みくちゃにして下さい。)

若いって「いいよねぇ~。」なんて思ってしまう時もある。
若いなりの苦しみや、苦しみや、苦しみや、楽しみがある事はオジサンは知っている、、、つもり。

その年齢に戻れるなら30年分、3,000万円払ってでも戻りたい。
でも戻れないのは知っている。

だから頑張ってほしい。

時代は君達のものだ!

「あいつは昔俺が揉んでやったんだよ。」とテレビの前で酒を飲みながら自慢させてほしい!!!

君らには可能性がある!



でもオジサン達も残された少ない可能性がある限り頑張りますのでまた揉んでね。


今日はチーム的には川口さんが清澄坂の2段目を越えても生き残ったので一緒に頑張って物見山まで行きました。
と言うか逝けました。
一緒に戦えるのは嬉しい。
しかも、私より1こ上の先輩です。

新しいマシンに乗った古屋さんも平地のスピードが上がっていて頼もしかったです。
さすがTIME。(いやいや、努力の賜です。)





7月11日(日曜日)
日曜日はチームの新木場練習会
その前に軽く朝練。

岩淵にチームの皆さんが集まっていたが、マリアの今井さんとそのお友達が来たので彼らをひるサイにジョイントさせられるように秋ヶ瀬まで引いて走りました。
集合時間より10分弱、早く着いちゃった。(ウゲ~、シンドイ)
皆さん涼しい顔。
1人だけ汗だく。

CUBE青木さん、エルドラ小野寺さん、正義の味方なのに恐い顔の柳瀬さん、来週JCRC群馬Aクラスで衝撃的デビューなるか?の鬼塚さん、体調不良のshangri-la飛田さん、Pの影のエース屋代さん、「来週は全日本MTB選手権入賞を目指す!」と力強いお言葉をいただいた合田さん、そして最後に登場したリーダー奈良さんにご挨拶して羽倉橋の出口まで御一緒させていただく。

そこからしばらく流して折り返しチームの新木場練前の飯沼監督主催の朝練に混じって帰ってくる。
(湊さんの熱い走りが楽しかった。)
そして新木場練へ。


なかなか充実した週末でした。

この記事をはてなブックマークに追加

自転車に関わる事だけは、、、。

2010年07月09日 10時36分34秒 | 思ったこと
妥協する事なく生きたい。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ポッキー奈良さんとオイシイ仲間達(パイン風味あんぱん???)

2010年07月06日 23時53分09秒 | トレーニング
7月3日(土)

岩淵水門スタート4人
レッドストーン赤石、西山テント、ゴトシ生原、倉本

秋ヶ瀬公園入り口(7人だったと思う)
奈良ー屋代(ポンズ)、西村ー松村(パイン)、柳瀬(アンパンマン)、鬼塚、飛田(シャングリラ)

上江橋2人
秋郷(パイン)、丹羽(物見山)

敬称略。

------

同日は実業団レースが被っていたり、なんかしたりしていたので一緒に走ってくれる人はいないかななんて思っていたのですが、ひるサイの人達がたくさん集まってくれてとっても嬉しかったです。

やっぱり、これもひとえにポッキーさんの人柄&人望ゆえでしょう。(あんたは漢です。)


ブログネタ用に本気でグリコのポッキーを持って行こうかと思ったけど溶けちゃいそうなのでやめました。


道中で秋郷先輩から「パインのOOさんはバツ1なんだよ。」とか聞いたんですが本当ですか?

僕はXXXXです。つまりはダメ男。

ぼちぼちのペースで清澄坂手前まで。(1か所だけ高速道路下信号で無理しちゃってごめんなさい。)

屋代さんが清澄坂前で先行、そのまま行っちゃった。スゲ~!

付けたのは鬼塚さんのみ。こちらもスゲ~!

奈良さんはオジサン達の引率、後10年もすれば周回コースを徘徊する老人の引率になるところ。ポッキーなのにスゲ~!

パインのオジサン3人衆、ウェアーが揃っていて格好良かったです。走りも格好良かったです。惚れちゃいました。(嘘です。言い過ぎました。その気はありません。お間違えの無いように!)

5人のオジサンパックは平均年齢がアラウンド50歳。スゲ~!

物見山も屋代ー鬼塚ーパインのオジサン達3人で通過。みんなスゲ~!

でもやっぱり若者に負けちゃった。若者、スゲ~!(残念ながらここで言う若者は30代)

トイレ休憩でチョットした事件があったけどなんてことなく帰れちゃうポッキーさん、スゲ~!

トイレ休憩でパインヒルズの大塚先生の凄さをたっぷり拝聴しました。やっぱり大塚先生もスゲ~!

秋郷先輩がパインの練習で「100回に1回ぐらい大塚先生にスプリントで勝つ事があるんだけど、その次の練習が大変なんだ。」とか西村さんと松村さんが「俺は勝てね~ですよ。」とか変な日本語で話していたのがチョット壺っちゃいました。

「一緒に練習している人の中から全日本選手権ロード完走者が出るとスゲ~ですね。」とか、

「ポッキーさん、屋代さんお願いします。」とかとか。

こんなひと時が最高に楽しいのでした。

最近は色々とあり朝、早く起きるのが無理な私は「おはサイ」をキャンセルしてまで「ひるサイ」に備えて全力を尽くしましたがダメダメで、皆さんの後塵を浴びるだけ。
反省いたします。

皆様、もう少し早く起きてしっかり朝食を食べてしっかり走れるように準備をしておきますのでまた揉んで下さい。
チョットセクシーに大汗かいてウェアーが透けて見えちゃったのも、ビチョビチョだったのも準備を怠ったからだと思いたい。

私が世界最高の補給飲料その名も「コーラ」を飲んでいるとポッキーさんはビールみたいなERO(これじゃエロになっちまうな。)コカコーラZEROのゴールドを飲んでおられました。ZEROなのはスゲ~!

世界最高の補給飲料を飲んだのでどうにか帰れるまでに回復した私は、帰路序盤はアメ車的走りの松村さんに引きずられ、後半は鬼の鬼塚さんに引きずられて(引きちぎられて)帰ってくるのでした。

道中のアンパ~ンチ的な柳瀬さんも強力でした。

レッドストーンさんは「来年登録だね。」という走り。

みんなナイスな走り屋でした。スゲ~!

また夜露乳首!

この記事をはてなブックマークに追加

TIMEの歴史

2010年07月05日 16時24分50秒 | TIME

ペダルから始まったTIMEの歴史。

実はビンディングペダルで大成功したLOOKのペダルを創った人が独立して、さらに良い物をとTIMEのペダルを創ったのです。

写真のペダル、その第2作目のペダルですかね。

非情に懐かしいです。

オーナーの方が、高校生の頃の思い出と一緒に大切に保管していた物です。

非常に綺麗でした。

本日、自転車(COLNAGO MASTER X-LIGHT)に取りつけて納車致しました。







右から
VX SPECIAL PRO(ボンジュール レプリカ?)
VXRS(la BRIOCHES Boulangere レプリカ?)
VXRS ULTEAM
RXR ULTEAM

TIMEと一緒に歩んできたFITTEの歴史が集まってきました。

なんだか嬉しいです。

ただそれだけ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

最終発注締め切りまであと1週間

2010年07月02日 12時26分00秒 | TIME
2010年モデルのカラー、ノーマルB.Bが良い方はあと1週間でご決断を!

TIMEの最終オーダー受け付けは締め切りは7月11日です。






さて、練習のお知らせ
日 付:7月3日(土)
集 合:岩淵水門 5時55分位、秋ヶ瀬公園入り口(秋ヶ瀬橋真下)6時30分位
時 間:6時00分~9時30分
目 的:練習
ルート:岩淵~荒川CR~秋ヶ瀬公園入口~物見山大周回(1周)遅れた人は直接岩殿トイレを目指してください再合流しましょう~荒川CR~岩淵
    ※休憩は岩殿トイレワンストップ(トイレ&水分補給のみ)
距 離:130km位
速 度:無風40km/h目安(中ぐらいの強度)
主催者:倉本
参加者:現在はおりません。
同行要請者:練習をしたい方。
追記事項:雨天中止。


オジサンからのお願い聞いてチョ。

大声で「自転車通るよ~。」等々叫ぶ光景が見られている様です。

自ら及び一緒に走る皆さんの為、安全の為に言われているのだろうと思いますが、
「荒川CR」はサイクリングの為だけの道路ではないので「すみませ~ん。右側通ります。」とか「すみませ~ん。自転車通りま~す。」位でお願い致します。

そして、通過する時にこちらを少しでも気遣っていただけたのが分かったら「ありがとうございます。」の一言も付け加えて頂けたら幸いです。

ここのところ、色々な事があるので私は平日は外を走っておりません。

ちなみに、河口から戸田市まで「荒川下流河川敷利用ルール」として
① 自転車はいつでも止まれるスピードで走行すること。(目安として時速20km以下)
が平成22年 4月1日~運用開始されます。
たぶん。
現在は試用期間中です。
土曜日、日曜日に岩淵水門のスタートの時に(流しているのですが)毎度同じ人(役人風味の方)が写真撮影されております。

まあ、上流でも同じ事だと思いますので私の個人的な練習はそのうち(4月以降)秋ヶ瀬公園集合OR入間大橋集合になるかと思います。

「ありがとうございます。」の一言、宜しくお願いしちゃいます。
そんなこんなの倉本からのお願いでした。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加