Fitteの倉本です。

フィッテは熱き魂を持ったロードレーサー達の為の情報発信基地&「お店」です。
カテゴリーより店舗情報をご確認下さいませ。

ジミーに速いのは誰だ!(完結編)

2010年06月29日 15時23分05秒 | レース
そんな選手権が、「日本一速いのは誰か?」を決める全日本選手権ロードレースの開催日と同日にひたちなか市で行われておりました。

ーーーーーー

ジミーに速いのは誰だ!選手権の正式な名称は
「ツールドジャパン第3戦ひたちなかstage兼JCRC第5戦」

前置き

私の今年の第一目標は、全日本選手権ロードへの出場であり、まずはそこへ行くためのハードルを越える事にありました。
実は簡単に越えられるハードルもあるにはあったのですが、まあ、簡単に越えられたところで出場できたとしても瞬殺されるのは目に見えています。
簡単に越えられるハードルを越えたところでそれでは、本当に世界へ出て行こうとして頑張って走っているプロ(走りのプロ)達に申し訳ない。
必要のない「シケイン」になる位なら出ない方が良いかなと個人的には思っています。

まあ、春に色々ありましてもしかすると頑張って越えられたかもしれない自分で設定したハードルが、実は走り高跳びのバーくらいの高さになっちゃっていて越えられませんでした。

私は実業団レースもたまに出ているのですが我がチームは、TR登録をするほどにチームとしては強くはない。
TR登録をしたところで完走できないか、何人かがぎりぎり完走の目があるかもしれない程度のレベルです。
(それでもTeamFITTEの皆さんは一生懸命、楽しく苦しく頑張っています。ナイスで素敵なチーム員です。)

で、走ることで食べているのではないので楽しく走れる限界が現在のチームではBRレースだという事で参加しています。
実業団レースは1年間10数戦もあるので全てに出場して総合ポイントで上位に入るという事は土曜日と日曜日がいわゆる稼ぎ時である個人商店のようなサイクルショップの店主には無理なこと。
去年は3レースだけ出て(うち2レースは日帰りで帰ってきてから仕事をこなす)BR残留確定としたのでそれ以上にレースには出場できませんでした。
今年はあと1戦、出場できるかできないか?するかしないか?といった感じです。



さてそんな中、楽しく走れるキチンとカテゴライズされた市民レースがあります。
それがJCRCのシリーズ戦です。
走力に応じて、SABCDEFとWの女性クラス、Oのおじさんくらす、Gの爺さんクラスと分かれています。
Sクラスはたまに、プロも出場しますが、それは調整として練習の代わりに走るのであって本気ではないので良い記念になったりします。(当たり前ですが、プロは初参加でもSクラスです。)

初参加でもSクラスに申し込む事はできるのですが、できれば以前Sクラスだった人、現在の実業団でTRで走っている人位にしてほしいと私は願います。

せっかく皆さん、安全でレベルの高い楽しいクラスで走りたいと下のクラスや認定級のもらえるXクラスから頑張って努力を積み重ねて上のクラスに上がって来ているのですからチームに所属もしない人がいきなりSはあり得ないと思うのです。
チームでSクラスで走る人がいてその人が「彼は俺より速いので初参加ですがSで出場させて下さい」みたいな推薦制度にすると良いのではないかなと思います。

初参加者は、SABCのどれかまたは認定級がもらえるXクラスということになっていますが、SABCは登録クラブチームの推薦が必要というような何かしらのハードルを設けてほしいなーと思います。

ハードルの話は、ここまで。

------

「今更ながら今年の目標訂正版」

今から2年前にBクラスから始めた私は(チーム員のほとんどがAクラスだったので)その年に2戦で目標だったSクラスに上がることができ、どうにかこうにかその年の群馬100kmのSクラスもギリギリ完走できてめっちゃくちゃ充実した1年を送ることができたのでした。
そして、昨年はツールドジャパンシリーズだけは頑張って走り、周りにいた人達の御協力によりまあ何とか最後まで走りきることができました。

で、今年も全日本選手権への参加の目がなくなった時点で目標はおきなわORツールドジャパンシリーズかと言う感じになっています。
「おきなわ」はたぶん今は、肋骨を3本も骨折していてまともに走れないながらも走っているお友達が頑張ってくれるでしょうから僕は来年以降にしようかな。

つまりはツールドジャパンを取りに行くという事。

------

「ツールドジャパン第3戦ひたちなかstage兼JCRC第5戦」

雨でした。
ときどき前が見えなくなる位、水飛沫が上がっていました。
平地のこんなレースは落車の危険度合いが高くなってきます。

思いっきりバックアタックをかますか、逃げて格好良く走らなくてはなりません。

レース前に、チームミラノのお友達の皆さんとお話をしたところ、「みんな調子が良い。」みたいで誰がエースという事でもなくチームで何回でもアタックをかけて決まったらそのまま行き、潰されたらまた誰かが行くという作戦だそうです。
4人とも実力的には同じようなものらしい。
今回のSクラス最強チームです。
4枚看板です。
ミラノ須佐さんが、「痩せて調子が上がってきました。」と言っていたのでおらは「須佐マーク」を秘かに誓っていたのでした。

で、序盤はミラノの誰かが行ったら必ず反応する作戦で行きました。
やっぱり須佐さんが何度も行く光景が僕の目の前で繰り返されました。(つまりはきっちりとうまくマークできておりました)
が、ミラノチームのある意味走る監督のような存在の(勝手にそう思っていました)鎌形 総光選手へのチェックを見逃した時に(もしかすると走りながらの作戦変更だったのかもしれません)決まってしまいました。

逃げが、、、。3人の逃げだったと思います。

すぐに追えば追えない事も無かったのかもしれませんが、僕の中では基本「ミラノは須佐マーク」でしたので一緒に逃げた選手が誰なのかも気にする事無く「垂れて落ちてくるだろう」と自分がミラノ4選手のチェックで足がいっぱいだった事を大きく棚に上げて見送っちゃいました。

情けない、、、。

で、暫くするとミラノの選手全員が先頭に上がってきます。

僕も続いてのアタックを誘うように先頭で走ったりもしていたのですが、「社長、悪いけど俺たちにコントロールさせて!」となんと須佐さんからお願いされちゃいまいた。

そして「分かった。」と応えちゃいました。

ミラノコントロールで進めば集団は安定するだろうしできればこのシリーズ、危険は避けてゴールだけは絶対にしたい!という思惑がチョコットだけ働いたのも間違いのない事実です。

がなんだか、もの凄くへんな感じなんですが俺この時はチームミラノになっちゃいました。

これはネタでも何でもないのですが、コブクロの「君という名の翼」という曲をレースに来る時にリピートさせて聞いていたのにも原因があると思います。

「勝ち負けだけじゃない何かを 教えてくれたレースがある
 一緒に走った 冷たい夏の雨
 青いしぶきに重なる残像 水際に浮かべた感情
 喜びや悲しみの傷さえ 包み込んだ 約束の光」

たぶん、須佐さんに言われたのでなければ俺は絶対にあとには引かなかったと思うのです。
なんだか同じ趣味を持った仲間って良いですよね。

臭いですかね?

で、その言葉を信用して集団の後ろまで下がっていったのでした。

が、やっぱりそこはデンジャラスゾーンである事は間違いのない事実であり、デンジャラスは避けなくてはならない最重要項目であり、もしかすると先頭が垂れてきたらカウンターでアタックがかかるかもしれない。

で、カウンターに乗れるように前前で走れば玉置浩二(安全地帯)だし集団の速度を上げるのでなく一人(もしくは2~3人)で千切れてデンジャラスゾーンを通過すればさらに安全なのでそんな感じで知り合い方面とおしゃべり(相談)をしながら淡々と走る。

そのうち、逃げで頑張っていた人が一人こぼれてきて集団に吸収され、最終周へ突入。

Team ARIの木口 勝海さんがシケインで集団からアタック!

一瞬遅れたけれど、チェックに行く。(男気あるアタックでした。強かったです。)

最後のヘアピンカーブはTeam ARIの木口さんに続き4番手でクリアー絶好の位置です。

後ろは少し離れています。

が、黒船が近付いております。

その名もマシン?James Machin氏。

その後ろに何人か引き連れてきています。

あまりにもでかすぎるその後ろに何人いるのか全然見えません。

思いっきりもがこうとした瞬間!腰からお尻に痛みが、、、。

どうやら終わっていました。

全力は出し切れたと思います。

でもボロ負けです。

ズブズブと沈んじゃいました。

格好悪すぎです。

このままでは終われません。

いつかきっと!

------

トップは藤田 勉 選手でした。
面識はありませんが川越でチェックすべき最有力候補の一人としてお友達から教えてもらっていた選手なのでした。
残念な事に川越では大量ポイントをゲットしながら落車によって、完走できませんでしたが、今回は本当に強いところを見せていただきました。
見えませんでしたが、、、。
おめでとうございます。

2位はおめでとうございます。
鎌ちゃん、こと、チームミラノの鎌形 総光 選手でした。
いやー、本当にめでたいです。
同じチーム員として誇りに思います!(って、違うかぁ~)
なんか他人事のように思えないです。
嬉しくってワザワザ?握手しに行きました。

以上のお二人は私が言うまでもなく「派手に強かった!!!」です。

もうひと方、逃げていた選手も素晴らしく強かったです。(チームやお名前を存じ上げずに済みません。)

リザルトには反映されていませんがTeam ARIの木口 勝海さん、坂本選手も強かったです。

じてんしゃの杜の馬場選方も頑張っておられました。

リザルトに反映されている方もそうでない他の方々もSクラスですから私からみても(上から目線ですみません。)相当速いとは思うんです。

でも、やっぱり思うんですよ。

「男なら一人でも行け!」と、、、。

これからも格好悪くても格好良い走りをしたいと思います。

オシマイ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

revolution11S発表!

2010年06月26日 10時21分12秒 | セール
ゴメンナサイ7月13日までは内緒にしておかなくてはいけませんので、その前に完成度&精度の高い最終現行型のセールです。


カンパニョーロスーパーレコード8点セット250,000円です。
間違いなくお得です。

と言う事で仕入れしました。

残り5セットです。

お求めいただく方には変更点をお教えいたします。

crank170mm,52X39
フロントディレイラー直付(バンドは)
BBは68か70
カセットスプロケット12ー25
STI,RD,BR,Chainのセットです。

6月27日は営業はしておりますが、私はおりませんのであしからず。

この記事をはてなブックマークに追加

三宅島復興支援レース第3ステージ

2010年06月22日 14時12分04秒 | レース
第3ステージ 6/20(日)
7:00選手集合
7:20開会式
7:30~11:30レース開催

9時30分が僕のレーススタート時間、朝ご飯は6時にお願いした。
15分前に集合が義務付けられているので、9時10分くらいに集合場所に行く事にした。
前日の良からぬ液体を出すためのアップの時間は、8時10分から9時10分の間に設定する。
コースが通行止めなので、コース外に出れない。
ちょっと焦ったが、どうにか諦めずにアップする方法を模索する。
時間通りにスタート地点に行くとスタート時間が早められるとの事。
天候を加味した大変良い判断だったと思いますが、もしこれが9時15分より早かったとしたら問題の出るところだったと思います。

レースではゴールを狙うのはもちろんの事ですが、ゴールだけを狙う男らしい走りではなくて、道中も積極的に動きできるだけ人数を絞ってさらにゴールも狙って逝くという女らしい走りを目指して走る!


突っ込みすぎです!!!(やっぱり男の子です。)

まあ、ナニをかこうが、ナニをかくまいが、ナニは出る。

まあ、何を書こうが、何を書くまいが、結果も出る。

まあ、お久しブリーフにボチボチ走れましたよ。

観客のいない所で頑張るのが「裏好きのFITTEの走り」です。

一緒に走った人には分かってもらえたと思います。

春のレースで落車して腰椎の横の「乳頭突起」というブログネタみたいな助平そうな名前の骨を骨折(と言ってもヒビ程度ですが)してからというもの、ここ最近は、3レース続けてDNFだったので完走できて良かったです。

植物の種が、花や実になるまでに時間がかかるように、成果を出すにも時間が必要です。

皆さん慌てないで、楽しく生きましょう。

マジで引退を考えちゃったりもしましたが楽しみが減る事に気がついたので続けています。

(チョット、感動したかい?続きを読むと幻滅するよ!)

11:30表彰式

あんたが一番!

勝ったのが右京さんで良かった(本当は、自分か若しくはチームの福岡君で勝ちたかったですが。)彼は同い年。
富士山での事故からの復活。
ここもモリモリッと盛り上げなくてはいけません!





トリャッ!!

いっこ先輩の高橋さんに相談して、嫌がる右京さんをお姫様抱っこならぬ、ベティーニ抱っこ!

右京さんの「恥ずかしいからやめて~ぇ!」なんて言葉は聞き入れません。

忘れられない表彰式にしてやる~!!!「やめて~ぇ」と言われればますますやってやるぞ~!






イマッチも可愛かったよ!(まあ人の彼女だからどうでもいいと言えばどうでもいいのですが表彰式の為に化粧直しする女心がやっぱり可愛い!)


12:00昼食
実は先に風呂へ入った!(ま、どうでもいい)

13:00温泉へ
前後するが、昼飯は食わずに結局アルコール燃料を摂取する!!!(ほんとどうでもいい)

14:20三宅島出港~船内にて後夜祭

このおやじマジで眼がやばい!!!

右京さんも黒木姉妹(妹の方です。どうでもいいですが僕は妹の方が好きです。)も呆気にとられていました。
各方面にご迷惑をおかけしております。
どうもすみません。







弘瀬酒造店主

スミマセン今回もお世話になりました。また乾杯の一口だけで我慢していただきありがとうございました。





そんなこんなで我々は見事「復興支援」という重大な任務を果たし、南海の孤島「ミヤケジマ」を後にするのであった。


そう言えばP王子観光社案内に
「海からみるとモスラが住んでそうな火山島です。島に近づくとどこからかザ・ピーナッツ(古~!)の歌声が聞こえてきそうです。」
と、あった。

さよなら、モスラー!さよ~なら、ザ・ピーナッツ!(会わなかったけど)

霧がかった遠くに、ゴジラの住むという「ミクラジマ」を見た後、船底へと深く潜入していった一般市民であるところの我々FITTEは船底でゴジラよりすごい物に遭遇するのであった!

これだ!







そしてついにストライクゾーンの広い私はこんなものにも手を出してしまった!



これだ!


老人会のおばちゃん達だ!(おばあちゃんかもしれない。)

隣のおばちゃんが近くに寄ってきたのでちょっと肩など抱いてやったら、「あんまりオサワリしないでよ!」だっておこられちゃった!

それを聞いていたイマッチが「触ってもらえるだけ、ありがたいと思いなさいよ!どうせ触ってもらってないんでしょ!」と切り返し運転をしてくれた。

なぜか俺もおばちゃんも納得してしまって勢い仲良くなった!

右端には、ついにチームの酒も底を突いたのでドサクサにまぎれながら酒の匂いに釣られてやってきたオヤジが約一名。






そういえば往路の東陽さんの座席番号が893だった!





20:30竹芝桟橋着 打ち上げ後、解散

実は、打ち上げも解散もできず。

会長と一緒に路上生活をしていたところを国際救助隊に救っていただきました。



以下、会長と国際救助隊隊長の日記より。

会長のコメント
「えろうすんまへん。
最後の最後に醜態をお見せしてしまい面目ないです。
ツアー企画者としてはあってはならん無様な最期でありました。
次回は二度とこういうことのないよう鍛錬いたします。」


国際救助隊隊長の日記より抜粋
「竹芝桟橋に帰り着きましたが最後の事件が勃発、何と社長と選手会長が泥酔状態でフラフラこれは危険と判断して船で飲んでいなかったので会社にタクシーで戻り国際救助隊キャラバン出動で二人を竹芝桟橋で無事に保護し無事に自宅に送り届けました。」



お詫び
各方面にご迷惑をおかけしたと思いますが、「楽しそうだろ~?」

という事で現在、仕事に精進しております。(オシマイ)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ツールドジャパン第2戦三宅島stage兼JCRC第4戦復興支援レース

2010年06月21日 18時13分38秒 | サイクリング
第1ステージ 6/18(金)20:00 竹芝桟橋ステージ

リゾート気分でゾクゾク集合。

カンパEー!との合図によりいよいよレースはスタートした。

初めは集団走行でおさえ目のジョッキ2杯。

補給食であるところのカレーを食し、


俺のがデカイとか、いや俺の物のがデカイとか、ナンが美味いとか、ナンとか言いながら程々に流し込んで、3,000円弱。

21:30自転車積み込みに成功!

今年は奇跡的に自分達で積み込めた(当たり前だ!ばかやろ~!)

22:30出港 船内にて出陣式

長い夜の始まりです。

その後前々夜祭


本人の希望によりぼかしを入れております。
決して酔っ払ている訳ではありません。

だんだんと記憶がなくなっていきます。

さようなら大都会!



第2ステージ 6/19(土)5:00三宅島着後、民宿夕景へ
仮眠後7:00朝食⇒爆睡
10:00受付
10:30ミステリーツアーへ(雨天の場合は宿で終日宴会です)
けっこう微妙な天気でしたがとりあえず走り始めます。
こんな感じで。

まずは島一周。






デンジャラスゾーンへの決死のヒルクライム

今年はガスマスクが配られておりません。
本物のスリルとサスペンスが待ち構えておりました。





東陽さんが道をロスト!

先頭はP王子が押さえていて、オケツは私が持っていたので間違うはずがないのですが、、、。

本気で捜索隊を呼ぼうかどうか、途中通り過ぎたパトカーに向かって大声でイマッチが「おまわりさ~ん!」と呼んだりしました。

まあ、ほどなくして本人が現れて事なきを得ました。(実は毎度の事DEATH)





「危険地区への極秘潜入を試みますので、ガスマスクは必携です。」
との案内が出ていたので今回はガスマスクが配られていないので「雄山ヒルクライム」は中止だろうとたかをくくっていたのですが、良く考えてみればP王子観光がこれしきりの事で計画を変更するなどと言う事はありえません。

「決死のヒルクライム」はなんと決行されました!!!

その先はあまりにもデンジャラスだったので写真はございません。

実はここはチームの立ち位置を決める為に重要な戦いの場だったのです。
そして、私にはここでの2連覇がかかっている!
一番後ろから登り始めて一気に行きました!
やりましたよ!
ゴール付近は「ピピピピピッツ!ピピピピピッツ!ピピピピピッツ!」なんて言うデンジャラスな音(濃いガスが出ている時の警告音)がしているのですぐさま下山して最後尾からまた登り返す。
みんな頑張って登り切りました!
あ~、生きてて良かった!






宿に帰って来てから生きている実感を味わいます!

忘れてはいけません!!!

これは復興支援なのです!

地元にお金を落とす事!

最重要項目です!

我々に課された使命です!

一人平均約7,000円は島に落としました。(飲み代としてね。)

昼から飲んでビール大瓶18本!

ナイス復興支援です!


スミマセン、持ちこんじゃいました。

だって、途中でお宿のビールが売りきれちゃったんだもん!

まあ、後から酒屋から夜の部のビールがケースで届けられたのは言うまでもありません!

16:00前夜祭
あまり記憶がありません。
ただイマッチと「スターにしきの」のデュエットのアシストをした事は覚えております。
そして踊ったかも?

18:00夕食 

20:00前夜祭2次会

そしてサッカーワールドカップを見る事もなく

チ~ン!






チ~ン!





チ~ン!

チ~ン!の3連発です。

で、復興支援の大義名分は果たされました!

翌日のレースに脚を残しておこうなどというセコイ考えは止めて、目一杯楽しみました!!!



第3ステージ 6/20(日)7:00選手集合
7:20開会式
7:30~11:30レース開催
11:30表彰式
12:00昼食
13:00温泉へ
14:20三宅島出港~船内にて後夜祭
20:30竹芝桟橋着 打ち上げ後、解散

第3ステージの模様はまた後日

------


この記事をはてなブックマークに追加

B.B30になっただけの様です。

2010年06月21日 13時55分09秒 | TIME
RXRSが来年モデルとして出てくるようです。
http://www.bikerumor.com/2010/06/18/2011-time-rxr-s-ulteam-road-bikes-leaked-images/

僕のRXRもレースやら輪行で悲しい事になってしまったので、来年あたり買い替えかな?


白にしようか?赤にしようか?今からすでに悩んでいます。

ラグ構造も変わっていないので、見た目はB.B30になっただけの様です。

すでに、他の人のブログでもお目見えしているので色々調べて下さい。

ある意味、今年モデルもお買い得です。

この記事をはてなブックマークに追加

大人の都合によりデュラエース差し上げます。

2010年06月17日 16時24分08秒 | 自転車パーツ
昨日あれだけカンパニョーロを褒め千切っていたのですが、今日はチョビットばっかし大人の都合により、シマノのデュラエース8点セット1セットだけ、本当に1セットだけ、下記フレームお買い上げの方に差し上げます。セット内容(リアディレイラー、フロントディレイラー、STIレバー、ブレーキ本体、チェーン、クランクセット、ボトムブラケット、スプロケット)

LOOK595Mサイズ¥472,500。大人の都合によりフレーム価格は定価です。

フレームだけ欲しい方は、御相談下さい。(極秘OOプライスにて販売中です!!!)

日本のレースの現場では最強の組み合わせの一つです。

明日からこの週末は私はおりませんが、スタッフ遠藤が頑張って営業しておりますのでご来店をお待ちしております。

私は、ホビーレースの現場でリサーチしてきます。


この記事をはてなブックマークに追加

カンパニョーロが変わった!

2010年06月16日 20時18分47秒 | 自転車パーツ

左のレバーがクリック感が弱くなってしまった(アウターに入っている時に不意にインナーに落ちる事があるようになった)ので内部パーツの交換。




交換後、明らかに新品時よりもクリック感が強くなっている。
スプリングが強化されている。(ような気がする。)
たぶん初期型からは目に見えない所をマイナーチェンジしている。
名前が変わろうが変わるまいが、こういうマイナーチェンジは大歓迎だ!

カンパはレース用パーツとしてスモールパーツが高いがこんな時レバーユニットごと交換をしないといけないシマノ製よりも逆に愛着を感じる。エコだし、、、。

シマノを使っている時には実際にSTIレバー交換をした。(買い換えたという事)

カンパニョーロジャパンの市川さんはメカニックとしても凄いがパーツに対する姿勢が素晴らしい!
カンパニョーロの考え方を実際の消費する現場に合わせてアレンジしながらも、確りと我々に伝えてくれる。

カンパニョーロジャパンに市川さんがいる限り、レース用パーツとしても僕はカンパニョーロを使い続けて行きます。

と言う事で、あとはスモールパーツの価格が安くなる事を期待しています。

「カンパニョーロ®、何年経っても使えるように、作られています。」が実現できるのはそこ(スモールパーツの日本独自の戦略的価格)もあっての事ですね。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

店頭展示車に限り30%OFFなんてど~でしょう?う~ん、どうでしょう?

2010年06月14日 20時00分38秒 | サイクリング
まずはP王子観光社から届いたお知らせ。

メッチャクチャ楽しみなミステリーツアーの観光案内です。

以下、内容抜粋。

いよいよ今週末となりました。
各自当日まで肝臓を鍛え、乗船準備を怠りなくお願いいたします。
居酒屋ひ○せ特選の極上酒が大量に船積みされる予定です。

乗船券は当日集合した時点で各自にお渡しします。
全員集合後に近くへ夕食を食べに行きます。
当日は、集合時間に遅れないようにお願いします。(遅刻すると泳いで来てもらうことになります!)
竹芝の客船ターミナル1Fにて、自転車を輪行袋へ詰めてご用意願います。
尚、自転車は輪行袋のまま船のデッキ上に置かれますので、海が荒れると波を被る危険もありますから、不安な人はあらかじめビニール袋にくるんだ上で輪行袋に入れることをお勧めします。
(初めはかなり真っ当な観光案内です。)

各ステージで逃げを決める選手が出てきそうですが、実業団4名で集団コントロールします。(ムリか?)=(ムリです。)

第1ステージ 
6/18(金)20:00集合(竹芝桟橋客船ターミナル1F)
(多分ここで一発目のアタックが繰り広げられるはず。)

21:30自転車積み込み
(昨年はこの時点で既にヘロヘロで、自転車の積み込みに失敗した。PASSOな皆さん、昨年は積み込んで頂きありがとうございました。)

22:30出港 船内にて出陣式 その後前々夜祭(夜風に当たって飲み過ぎないように!)

第2ステージ
6/19(土)5:00三宅島着後、民宿○○へ、
仮眠後7:00朝食 
10:00受付
10:30ミステリーツアーへ(雨天の場合は宿で終日宴会です)

(今回もミステリーツアーがメイン!!!)

16:00前夜祭(飲み過ぎに注意!)
18:00夕食(飲み過ぎに注意!!)
20:00前夜祭2次会(飲み過ぎに注意!!!)



第3ステージ
6/20(日)
7:00選手集合 
7:20開会式 
7:30~11:30レース開催
11:30表彰式 
12:00昼食 
13:00温泉へ
14:20三宅島出港~船内にて後夜祭(飲み過ぎに注意!)
20:30竹芝桟橋着 打ち上げ後、解散(輪行です)



6/19(土)の新・ミステリツアーコース
今回は、新たに「大久保浜」、「長太郎池」、「大路池」等の観光スポットを巡り、さらに「火の山峠ヒルクライム」+「雄山ヒルクライム」の2つのデンジャラスゾーンへの決死のヒルクライムを加え、スリルとサスペンスが盛りだくさんな企画となっております。
同時開催の「○○ツーリング」とは一線を隔す、P王子観光が自信をもってお勧めする、とっておきの裏ツーリングを是非お楽しみください。
(この任務?を遂行するに当たりガスマスクは必携です)

毎回参加している皆さんはお分かりだと思いますが、このツアーは、あくまでも前日のミステリーツアーがメインです。
翌日のレースに脚を残しておこうなどというセコイ考えは止めて、目一杯楽しんでください。
それでは、当日よろしくお願いします。

------

同様な案内が昨年も届き、ミステリーツアーでトップをとったものの宇宙ステーションのような音が鳴り響く荒野にて後続を待ち一番長く滞在してしまい、ガスも摂取し過ぎてしまい、頭が痛く、体も動かず、上りが登れず、レースでは散々な結果となったのでした。
でも楽しかったからOK!!!
今回も思いっきり、思いっきり楽しませていただきます。レースの方も無くなった脚で思いっきり走らせて頂きますよ!



と言う事で私は今週末はお店にいませんが「105搭載の展示車全て約30%OFFセール!!」等をご用意してスタッフ遠藤が皆さまのご来店をお待ちしております。(通常通り営業しております。)
8台ほど在庫がございます。
以上宜しくお願い致します。

この記事をはてなブックマークに追加

ひるサイ

2010年06月12日 14時24分51秒 | トレーニング

「俺のB.Bには小人が詰まっている。」だとか、「それはやっぱりエロオヤジですか?」、「ホイールにはハムスターを詰めた方が良いんですかね?」、「それはやっぱりエロハムスターですか?」等々、便所前で楽しい会話中。





本日は、岩淵水門スタートは赤石さん、生原さん、西山さん、倉本の4人。
(西山さんは秋ヶ瀬公園出口離脱予定、生原さんは戸守ローソン離脱予定)

秋ヶ瀬公園まではボチボチと移動。

秋ヶ瀬公園入り口合流
アンパンマンさん(本名は「柳瀬さん」僕はこの名前を聞くとどうしても正義の味方「アンパンマン」を思い出してしまうのです。原作者はやなせたかし。)
安曇野のおくさん(今週も宜しくお願い致します。)
ここまでは想定通り。

嬉しい誤算
想定ガイの鬼塚さん(ヤバイ若者)、西村PTAさん(ヤバイオヤジ、僕と同い年くらい?)

上江橋付近で合流の方が何人かいるかもしれないのでそこまでは脚を貯めてゆっくり走ろうと思っていたのですがこの集団を抑える事は無理。
しょうがないから一列になれる速度で走りますか。ボチボチと、、、。

上江橋付近で合流のポンズ山本(慈)さん
うまく合流できて良かったです。
集団は一列棒状でそこそこスピードも乗っていたのですが、ナイスジョイントでした。
さすがです。
再来週は全日本選手権ロードを走られるとの事、流石きわまってます。応援しております。

車道に出てからペースアップ。皆さん健脚なので誰もこぼれ落ちません。

早俣橋までは全体の様子見をしていたのですが。
早俣橋で鬼塚さんが行く、誰かが、、、追わない。追えない?
早く追わないときっと逃げちゃうよ。
せっかく来てくれたのに放置プレーでは申し訳ないのでボチボチと交代を促しながら次の信号前に追い付く。
今日は、鬼塚さんが一番調子がよさそうだな。
それでは鬼塚さんが一番きつくなるように作戦を立てて走ろうと番手に入ってきつくローテ。
実は自分にもだいぶダメージがあるのですが、「そんなの関係ねぇ~」(古!)

清澄坂突入前に信号ストップ。
「岩殿ストップまで頑張りましょう!」と言うと、みんな笑っている?余裕なんですか?それとも逝っちゃっているんですか?
まぁ、もうすぐわかる。

わかりました。

ヤッパリ鬼塚さん強いわ!で放置はヤッパリ失礼なので一段目終わりの左に曲がる所で捕らえてカウンターを当てようとしたらポンズ山本(慈)さんがカウンターを当てて来た!
流石です。

ボコボコにやられてばっかりもアレなので、アレをこうするとトリプルクロスカウンターになる?と言う事で、やってみたら決まっちゃいました。あら、珍しい!

で下りで後続を待って、、、あれ?鬼塚さんしか来ない?
「逃げ切れますかねぇ~?」と聞かれたので「大丈夫じゃないですか。」と言う事で逝っちゃいました。
ゴメンナサイ。
まあストップ場所を決めていたし、この練習ではOKと言う事でよろしく哀愁。


で、冒頭の便所ストップとなった訳です。

ここでこの後の身の振り方を決めて、帰る人(柳瀬、おく、赤石、倉本)と山に行く人(山本、鬼塚、西村PTA)に別れて帰ってきました。

帰りは帰りで柳瀬さんのアンパンマンアタックを喰らって2人がヘロヘロになって帰ってきました。
赤い彗星も速かったです。
おくさんは両脚が攣っちゃったみたい。
僕も仕事をしながら脚が攣っちゃった!

今月はもうできませんが、またヨロ乳首。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

応援できるって

2010年06月11日 21時34分26秒 | 思ったこと
素晴らしい!!!

他の生物を応援できるって人間にしかできないらしい。

人を応援できるって素晴らしい!!!

頑張っている皆さん頑張って下さい!

頑張り過ぎている皆さんあんまり頑張らなくて良いんですよ~。

この記事をはてなブックマークに追加

週末の予定など

2010年06月11日 15時45分58秒 | トレーニング
先週の日曜日のブログが途切れていたので軽く。

「おく」さんが朝練効果で速くなっていて辛かったです。

金村さんとおくさんの2人に引きずられて帰って来た事が昨日の事の様に思い起こされます。
で、今週も先週と同じように水曜日から金曜日まで扇風機の耐久テストをキッチリとこなしましたので、また引いて下さい。
夜露乳首。

そうそう、ツイッターの連絡をいただいたのですが、ログインできなかったので諦めました。
なかなかつぶやく時間もないし、ブログも切らしちゃう位なので、、、。



6/12土曜日は「ちあきなおみ」

「いつものよぉ~に♪幕~があ~き」

いつもの時間帯でいつものように飽きもせず物見山へ行きます。

関係者の皆様、宜しくお願い致します。



6/13日曜日は「チーム練」

第2日曜日と第4日曜日はゆっくり走る人も速く走る人も一緒に練習できる海方面の周回練習です。

往路&復路とも車道を走行しますので安全第一でお願い致します。
(第2と第4のチーム練の移動時は河川敷は走らないようにしましょう)



今月はこれにて週末の練習は打ち止めです。(残念ですが都合によりできません。)



6月13日(日)は栂池ヒルクライムがあります。
お友達が大勢出場致しますが皆さん是非とも予選を通過して、決勝で良い走りを!
応援しております。

6月18日~20日は船旅「利き酒」大会に行ってきます。

6月27日は広島で全日本選手権ロードが行われます。
お友達何人かが出場しますが、その日私は残念ながらナゼか茨城にいます。

全日本選手権ロードに出場するお友達みんなは頑張って下さい!!!熱く応援しております。



可能な限り火曜日&木曜日に朝練にご挨拶に伺いますので宜しくお願い致します。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ケルヒャってみた

2010年06月10日 15時13分10秒 | メンテナンス

オーバーホールの際に一番大変なのが実は掃除。

ケルヒャーにも色々な種類があり、2万円で買えるものはSC1002、SC1040やジャパネットタカタオリジナルのSC1000であった。

水の勢いが強すぎるともしかするとシールや塗装などに悪影響があるのではないかと今回はスチームクリーナーを買ってみた。

SC1000の品番とSC1002の品番の差はスチームの温度&タンク容量によるところが大きかった。
前者は99℃、後者は130℃連続使用時間はタンク容量の差により前者の方が10分近く長持ちする。
約35分連続使用が可能。25分ではちょっと短いと思ったのでSC1000に決めた。

ジャパネットタカタにお電話しました。

僕は、インターネットでポチッも便利で良いとは思うんですけど、ある程度の価格のものは「物の売り買いにまつわる人間のコミュニケーション」って必要だと思うんですよ。

で、電話窓口もあるタカタに電話した訳です。

品番から言うと旧製品だけどなんとなく納得したので即購入とあいなりました。



で、使ってみた結論を言ってしまうと僕らが使うにはやっぱり家庭用ではダメで業務用が必要だなという事です。

家庭用スチームクリーナーは何でも洗浄できる万能マシンのように宣伝されていますが、実際はそうではありません。
オイルが固まってグリスの塊になってしまっっているリアディレイラー周りなんかは全然落ちません。

カセットに詰まったオイルや汚れもある程度落ちるもののちゃんと綺麗にはなりません。

ヤッパリ今まで通り全部ばらして丁寧に組み直す手作業が一番だと思いました。

人間の手間を上回る簡単便利な機械が20,000円以内で買える訳はなかったのです。

でも満足しています。

それはナゼか?

こびり付いたう○ちや干からびたミミズを手を汚さず自転車から落としてくれるから。

幸せです。

荒川河川敷を走っていると犬のう○こやミミズを踏んじゃう事ありますよね?

それに触れなくて良い。

スチームクリーナーで吹き飛ばせば良い。

幸せです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

先週の事(完)

2010年06月09日 14時25分43秒 | トレーニング
月曜日
相棒が病欠の為に、ちょっと仕事が終わらないのでおはサイは断念。

火曜日
遅出でも、外に行けば良いのですが、外走りをすると色々言われたりすることもあり、引きこもり。
ローラーでもやれば良いのですが、その準備の為に工場扇を組み立てたら、何か満足してしまったので、風向きと風力&風量をチェックしておしまい。

水曜日
今日こそはやる!
新兵器を導入したので、気合いを入れて、1時間。
来るべきヒルクライムイベントに向けて、SFR53×11で負荷最大!
扇風機のおかげで、やり切れました。
明日は潰れた脚でおはサイだ!
と意気込むも急遽残業。

木曜日
おはサイ時間の目覚まし時計より30分遅く起きる。
4時なので、二度寝へ、、。
出発の用意さえしておけば行けたかも。
この時間からローラーをやることはご近所迷惑なので7時から扇風機テストを開始。
来るべきヒルクライムイベントの為にSFRを1時間と回転の練習を1時間。
2日目なのでまだ行ける。

金曜日
明日の合同練習の事を考えたら、乗らない方が良い!でも、週末はいろんなレースが開催されるし、それに出場する人も多いことだしここは一発脚を潰しておいて、潰れた脚でツワモノ達に揉んでもラ王!
もしかすると調整の為にラ王も少しは流し目で走るかもしれないし、、、。
と言うことで来るべきヒルクライムイベントの為にSFR1時間と回転練習をする。
いくら良い扇風機があっても、もうダメダメです。

やめてぇ~!
イタズラするのは~!
やめてぇ~!

ビクビクしていますが、もう空打ちもできません!

ツール・ド・信州の4日目ぐらいの疲れです。

ーーーーーー

土曜日
岩淵水門スタート前。
明日はレースの人が多いのに結構な人数が集まっています。
皆さん今日も走るんですか?
他にやることがないんですかい?(嘘)
明日のレースではぜひいい走りを!
秋が瀬公園入り口までは安藤君と小島君が速かった。
なんと安藤君はここで離脱だったのです!
勘弁してクレヨン。

潰れた脚でなくてもかなりつらいと思います。

そして第二集合場所である所の橋の下へ。

奈良さん(明日の山登りボチボチ頑張って下さい)、屋代さん(今日はお手柔らかにお願い致します)、関根さん(おはサイでは何度か絡んでおりますが、こちらでは初めまして)、須佐さん(最近はレース前にサドルバックを外しましょうとアドバイスをくれたりありがとうございます。こちらでは初めまして)、などやはりツワモノ達が集まっちゃった。

奈良さん以外は特に明日はレースがないみたい。
ヤバいです。

そもそも奈良さんも明日は普通に山登りすれば良いだけなので、、。
栂池は頑張って下さいね!チームの枠を超えてマジで応援しています。

道中は淡々と坦々と進むも、上江橋で関根さんがお腹が減ったらしくを食う。
残念なパンクでした。
(捨て置いてスミマセン。第三集合場所の物見山の汁出し所で再会いたしましょう。)

そして時代は移り変わり早俣橋へ、、。

先頭で上り始めるも(嫌な気配)、奈良ー屋代のポンズラインに一気に抜かれて、はい、おしまい。

さようなら奈良さん、屋代さん。

としてはあまり今日走る意味がないので、とりあえず、全力で追いかける。

ビミョーな感じ。

何がビミョーかというと全力疾走すれば追いつけるがその後の力は限りなくペプシネックス、つまりはzeroな感じ。

でもレースならば間違いなくこれは決まる。

追いついたけれど売り切れました。

本日はここが全てでした。
これ以降は信号ストップのゾンビプレイなどあり、また一団となるも、ポンズラインに歯が立つ訳もなく、清澄坂で屋代さんが一気に行ってしまい、奈良さんが引率の先生宜しく物見山まで引いてくれておしまい。
だけど、小島君が頑張っていたので次回はお尻にかじりついてなんとかしまじろう。

物見山の汁出し所で関根さんと運命の再会を果たす。
僕らはみんな臭い仲、仲良く生きている。

帰りはレッドストーンつまりは赤石さんと流して帰東京、途中、別行動の川口さんと福岡君を拾って帰って来ました。

明日は走れそうもないな、、。

ーーーーーー

日曜日
走りました。
本当は休んだ方が強くなるかもしれない。
ひるサイ・ド・荒川に書き込みがあったし、走らないとストレスが溜まり落ち着いて仕事もできないので岩淵水門に向かってGO!
金村(カネムラと読みます、カナムラではありません。私ずっと間違えておりました、スミマセン)さんと生原(お子様の授業参観があるらしいので秋ヶ瀬橋まで)さんが来てくれました。
秋ヶ瀬橋まで3人なのにいつもと同じ時間よりチョビット速く着いてしまいました。
人数が少ないから急がないと第二集合場所に間に合わないかもしれないという危機感があったかどうかは知りません。
たぶん秋ヶ瀬橋までで帰還する生原さんがアゲアゲにしたんでしょう。
そして火がついた金村さんが飛んでいった為でしょう。
なんだか脚が終わっております。アップになっていません。既にアップアップです。

第二集合場所秋ヶ瀬橋下
あずみのの「おく」さん(一応断っておきますが女性ではありません。ナイスガイでもありません。ナイスオヤジです。)、安曇野のタチバナさん(はじめまして、最近自転車を再開されたらしいです。昔がどんな方なのかは存じ上げませんが、おくさんと一緒だから相当な方なのでしょう)が合流。

秋ヶ瀬公園内でスナイパーに打たれて後輪がパンクした私。
たまたま先頭だったので切り捨てられずに皆さん修理を手伝ってくれました。
ありがとうございました。
チャチャッと直して再スタート。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カンチェラーラ

2010年06月07日 18時48分17秒 | 思ったこと
なんだかどーでも良いけど、パリルーベで使った自転車が電動アシストであるとか何とか。

ホントどうでもいい。

使っていようが、いまいが「本人がそれで満足なのかどうかだ。」

使っていたならば、どこかに負い目が残るはず。

使っていなければ「自分はそんな事を言われるほどに凄い事を成し遂げたんだ。」と思って下さい。

プロは、そのプロとしての走りについて色々言われるのはしょうがないのです。

僕はカンチェラーラの事は凄く好きです。

だから噂のユーチューブとかも見ない。

以上。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2011年カンパニョーロが大きく変わる?

2010年06月04日 19時01分42秒 | セール
上位グレードのスーパーレコードからコーラスまでの11Sコンポーネントパーツに変更はありません。

ホイールも、現行モデルに変更は無いそうです。

つまりはその辺のパーツでの購入を検討されている方々は「迷わず行けよ!行けば分かるさ!」てな感じですね。
カンパニョーロの11Sパーツの出来は良いですよ!

スーパーレコード8点セット特価¥250,000継続中です。

チューブレスについては重量が重かった為、あまり肯定派ではなかったのですが、最近のハッチンソンのチューブレスタイヤの乗り心地の良さと真円度の高さとパンクに強い(刺さったままにしておけば帰ってこれちゃう事もある、というか帰って来てからパンクしていた事に気づく)事、さらにグリップの良い事などから使おうかと思っています。
練習で走る時に。

シャマルウルトラ2-WAYFIT ¥136,000(入荷待ち)
ユーラス2-WAYFIT     ¥111,000(在庫あり)
ゾンダ2-WAYFIT       ¥ 77,000(在庫あり)

いずれも現金特価ですが在庫があれば、上記ホイールと同時にご購入の方はチューブレスタイヤ(HUTCHINSON Fusion3)¥8,400/1本をお試し価格¥5,000/1本で販売致します。(仕入価格以下?なのでメッチャクチャお得だと思います。)
しかもお取り付けサービス!!!これがめちゃくちゃシンドイ!

雨天時のウェットな路面でも某4000とか言うタイヤの晴天時のグリップ性能を上回るというデーターがあります。
まあ、この比較も4000Sでないところがアレです。






余談
来年カンパニョーロから、シクロクロス系のパーツが出てきますがここは日本にとってあまり影響はないかな。
ジミーに増えてくる事に期待します。

2011年のカンパニョーロ製品はあまり大きく変わらないのですが、コンポーネントは完成車のマーケット拡大を狙っているようです。
FULCRMブランドでホイールマーケットで成功したので今まで本格的に参戦していないマーケットの拡大を狙って会社をいかに大きくしていくか、というテーマで製品開発を進めているのではないかと言ったところが自転車業界関係者に共通する大方の予想です。

そんなこんなで安い?パーツ(10速コンポーネント)がたぶんコストダウンされるはずです。
ここはあまり歓迎できないかな。
低コストで良いパーツができる訳がないので、信用を落とさなければ良いのですが。

そしてアフターの問題がまだ十分に整備されていない現在、完成車マーケットを狙っていくのはどうかと思います。
特に日本は、シマノのお膝元。
高過ぎるスモールパーツの値段、低すぎる店舗のマージン、お店がカンパニョーロを扱いたくない大きな理由の一つだと思います。
あっ、好きだからこその苦言ですよ。

私は、カンパユーザーですから。


更に余談です。
6月5日&6日の土曜日&日曜日、いつものようにいつもの時間で走ります。
夜露死苦。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加