Fitteの倉本です。

フィッテは熱き魂を持ったロードレーサー達の為の情報発信基地&「お店」です。
カテゴリーより店舗情報をご確認下さいませ。

'09ORCA

2009年10月30日 12時47分01秒 | ORBEA
スペインだけではなく、ヨーロッパを代表するメーカーの一つとなったORBEA。

そのトップモデル、Orca。

素材には高品質なカーボンを使用し、875g (付属品を除いたフレーム単体重量) という驚異的な軽量を実現している。

でもシートクランプ等の小物無し重量での表記はそんな事しなくて十分に軽いのでチョット残念。
でもでもシートクランプやヘッドのアウター受け等小物もデザインが優れているので良しと思って仕入れました。

サイズごとに剛性コントロールを行い、全てのサイズで同じ乗り味を引き出すSSN(Size Specific Nerve) テクノロジーを導入しているという所にも惹かれます。

小さいサイズが硬くなって、大きいサイズが軟らかくなるというフレームが昔は多かった。

「made in spain」

ちゃんと俺たちが創っているんだ!という誇り高きステッカーが張ってあるのも嬉しい。

乗り心地は腰のある「うどん」。
当たりは柔らかいのに芯がしっかりしている。
軟らかいのに気付けばスピードがどんどん上昇しているという不思議な感じを味わえる。
お箸が進みます。

踏み始めはソフトだが、踏み込むとフレームの芯がしっかりしている事が分かる。
単なるフニャOOではない。
気持ちイイ。

当たりのソフトさによって振動吸収性もかなりイイ感じで高速域(僕ぐらいの)での微振動もかなりマイルドになる。

急斜面での登坂性はとても得意としているフレームだと思う。
ダンシング時などのムラのある入力を、一端ならして平均化してから後輪に伝えてくれるようだ。
急坂でグイグイとダンシングしても加減速を繰り返すのではなく、スーッと上っていってくれるような感じがする。
気持ちよく昇りつめましょ。

ロングライドする人やクライマーには良いのではなかろうか?フロントフォークのしなりがイイ感じ。

マットブラックの51サイズが1台残っていますので、¥399,000→¥290,000で販売いたします。
お買い得だと思います。
このモデルにつきましては通信販売はお断りしておりますので悪しからず。
(11月1日に売れてしまいました。)





なお、2010年モデルはダウンヒラーの要望に応えてフロントフォークが大幅に太くなり剛性がアップしている模様です。
スプリンターにはこちらの2010年モデルのorcaがお勧めです。
こちらは¥375,000です。
消費税分位のおまけはできるかもしれません。できないかもしれません。お問い合わせ下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

入ってきちゃったの!

2009年10月28日 20時48分54秒 | セール

ホイールがいっぱい入ってきちゃったの。





出しちゃダメ~ッ!

と言われても入れたからには気持ちよく出さなくちゃ!

シャマルウルトラチタンカラー(クリンチャーカンパUD、シマノ10S用)

1ペア限り¥99,800で気持ち良く出しちゃおう





予断ですが、最近欲しいもの。

SIDIのシューズ。
50~60g位軽くなったらしい。説明にそう書いてあった。なんとイタリアン!!!
でも良い物創ります。
作るではなくて創るのです。わかるかなぁ~、わかんねぇ~だろうなぁ~。
単純に履きたいと思う。
良いソールです。
僕はこれで走りが変わったと思う。変わったんじゃないかな?結果は11月8日に出ます。

この記事をはてなブックマークに追加

遠征

2009年10月25日 21時25分25秒 | レース
往復の車の運転中も色々と話す時間があって、、、、。
こんなに話す時間ってなかなかない。
基本、オヤジなので同じ話しの繰り返しなのですが、、、楽しかった!
居眠り運転する暇もなかったグーッ

同乗者のお二人、楽しい時間をありがとうごぜーやす。
本当に楽しい880キロでした!
もう少し頑張って走ってみる気持ちになってきました。
鬼に笑われないように来年の目標は来年に自分のブログで発表します。

遠征の移動中の時間も必要なんだなぁ。

後方支援をしてくれているスタッフendがトイレや食事をも我慢して頑張っているから俺も頑張れる。
ツール・ド・ジャパンのポイントリーダーは死守しました。
オヤジになってこんなに一つの事に集中できるって素晴らしい!
こんなに素晴らしい世界がある事を伝えて生きていきたい。
今回は本来につらかったが充実感があります。
帰って来たら家族も風邪をひいていました。
今年はなかなか家族と触れ合う事ができないけれど我がままにさせてくれて本当にありがとう。
あと一つ、2週間で終わります。
それまで宜しくね。


さぁ、チーム員の皆さんあと一つ、場所は違いますがお互いに頑張りましょう!

そして、吉報をメールでバシバシ飛ばしましょうね!!

この記事をはてなブックマークに追加

燃えるハート

2009年10月22日 19時25分16秒 | DE ROSA
のセールです。



ドキドキして下さい。

赤く燃えております。つまりは赤字です。血惨、いや、決算なのです。

DE ROSA TEAM 56.5㎝(トップチューブ長が52.5cm)
シートポストはカットできます。(つまりは調整可)

完成車で¥260,000(税込み)です。

デローザならではの精巧な仕上がりは美しく、その美しさは他社の最上級モデルにも劣らないと思います。

もちろん1台限りです。('08ですが新車です。)

「お暇なら来てよね、ワタシ寂しいの~ぉ。」と言っているとかいないとか。(自転車が言うわけは無い。)

ところでカンパニョーロ搭載の完成車って少なすぎるような気がする。

触っていて気持ち良いパーツなんだけどな~。

操る楽しさにあふれている。

シフト性能だったら電動の方が良いのは分かっていますが、例えば車の場合でもオートマチック車よりマニュアルの方が趣味の乗り物として面白い。

オートマは便利だし、パドルシフトの方がマニュアルより速いのは分かっている。

でも、趣味で乗るんだったらマニュアルの方が操っている感じがして楽しい。

カンパニョーロには操る楽しさがある。

オートマチックなシマノの方が工業製品として優れていると思うが、僕はカンパのほうが楽しい。

「気持ちイイ!」ブラケットを握った瞬間にすぐにそう思う。

まあシビアなレーサーの方は、遊びの少ないシマノの方が良いと思いますが、僕はカンパが好きだと言うことが云いたかっただけです。

そんな、カンパで組まれたDE ROSAいい感じだと思うんだけどなぁ~。

この記事をはてなブックマークに追加

予定と実際(10/19~10/25)

2009年10月19日 19時44分48秒 | トレーニング
月曜日
積極的休養日の為トレーニングは休み。

練習は予定通り休んだ。これは簡単なことのようで実は難しい。
その代わりにゆったりとお風呂に浸かった。


火曜日
ロングを走りたい。(200km)

実際は、
オマタにできたオデキの為、サドルに座るのが苦痛。
人にはタコになるまで走れと言っているので、今日のメニューを変更してローラートレーニングでダンシングを1時間30分する。
距離は乗れなかったが強度は高くできた。
お陰で酸欠になって頭が痛い。
ダンシングの効率も上がったと思う。
練習後の体重が53.7キロになっていた。
過去最軽量。
パワーは最大。
夏場よりかなり走れる。あとは調整だけ。


水曜日
軽く乗りたい。(76km)

実際には、
実走する時間が取れないので、ローラーとなってしまった。が、しっかり1時間20分きっちり乗る。
メディオとメディオの間を回転で繋ぐ走り。

木曜日
軽く乗りたい。(76km)

実際には、
残業により睡眠時間が圧迫され、朝の目覚めが悪く時間が圧してしまったので水曜日と同じメニューで少し回転を上げておく。1時間20分のローラーで終了。


金曜日
強度を高く短時間(1時間25分)乗りたい。

で、実際はこんな大事な時に?風邪気味のため練習は取り止め、養生に専念する。
チーム員の1人も風邪で明日はDNSだと言う。
何と言う偶然。
今年が最後だと思っているので俺は走ると思う。
シーズン通してコンディション調整って難しい。

俺の場合、神様がくれた休養なのか?それともただの言い訳か?日曜日には結果が出る。

Capyさん宿はキャンセルできました。来年の為ゆっくり養生して下さい。


土曜日
移動で固まった脚をほぐすようなイメージで翌日のレースに備えて、軽くコースを試走したい。

朝から大きい方を4回もして軽量化しすぎた。
お昼に食べた小川精肉店の「やはらか」トンテキも出てしまった。
お腹に来たらしい。
それでも車の運転で浮腫んだ足を元に戻す為に試走する。
力が入らないままレースコースを5周(45キロ)実走。
どうにか走れそう。

日曜日
レース。

気持ちも体調もイケイケではないので、攻めのレースができなかった。
が、ポイントリーダーは譲りたくないので2番目の木原さんをマークして無難に走りきった。

走り終わって、ミラノの清水さんたちに指摘されてサドルバックに予備用タイヤと空気入れやボンベを付けたまま走っていたことに気が付く。
「あの人はパンクしても完走する為に付けているんだよ。」と噂していたらしい。

ナチュラルに取り外すのを忘れていました。

おまけに前後のライトも取り付けたままでした。
次回のレースではサドルバックを取り外すのを忘れないように頑張ります。

この記事をはてなブックマークに追加

総合とステージ

2009年10月18日 18時14分10秒 | レース
アートスポーツ杯100Km in群馬CSC兼JCRC第9戦の結果が気になる。

10月24~25日僕はツールドジャパン第4戦四日市stage兼JCRC第10戦に行ってきます。
世間的にはJAPAN CUPですかね?
まあ普段一緒に走れない関西方面のレーサーに揉んでもらいに行ってきます。

お店には敏腕スタッフENDがおりますので夜露死苦お願い致します。

さて、ホビー(と言う割に本気)レースで初めての経験です。
今年はステージレース?で本気で遊ばさせていただいております。
一年が長く感じます。
小学校の時って1年長くなかったですか?あんな感じです。

総合のライバルはもう既に5人だけですかね。
落車やパンクやらで1戦完走できなかった事によりだんだん総合をあきらめる人間が増えていく。

ステージという意味では30人全員がライバル。

皆さん強そうなので最低限の目標は完走ですかね。
総合狙いの安全着実な走りってツマラナイけど誰にでもできるものじゃないと思う。

清水さん、JCRCチャンピオンになると思うので頑張って下さい。
僕も頑張ります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

先頭の人は合図を出しましょう

2009年10月17日 12時48分23秒 | 思ったこと
いつも練習の帰りに思うこと。

すれ違うときに感じること。

サイクリストが増えるのは悪い事ではないけど、マナー違反が増えるのは悪いことだと思う。

普通、対抗とすれ違う時には1列でしょ。

道を譲ってくれた相手には「ありがとう。」でしょ、言えなくてもお辞儀でしょ、普通。

先頭交代のタイミングで重なってしまう事はあるかも知れないけどそんな場面は先頭の人が長引きしてできるだけ1列を保ちたいもの。

そして、先頭の人は対向車がいる事を後ろに合図すべきです。

最近事故が増えています。
事故が増えるとサイクリングロードの使用自体が制限されてしまいます。

で、時間も無いのに今日は何でこんな事を書いているかというと本日すれ違った集団で一番膨らんでいてあぶねぇなぁ~と思ったのがTeamFITTEの「肉汁うどん又は天麩羅そば」ツーリングご一行様だったのです。

ロードレースでもそうですが、集団がユックリの時には横に膨らむものです。
スピードが上がれば1列棒状になります。
ツールドフランスの映像などで皆さん分かっていると思います。
緊張感のない集団はえてして横に広がります。
早く走れる人もゆっくり走っている時は緊張感がなくなります。
つまり、これが危ないのです。

別に速く走りましょうと言っている訳ではありません。
ゆっくり走っていても場面場面に応じてきちんと1列走行しましょう。

すれ違いざまに指を1本立てて「一列!」という意味で言ったのですが引き返して言うべきだったかな?(帰宅時間に余裕があまりなかったのでスルーしちゃいましたが、、、。)

それと最近、クレームメールを良くもらいます。
「信号無視をしているTeamFITTEの人を見た。」とか「マナーが悪いですね。」とか。

そんな時には前輪に棒でも突っ込んできちんと教えてあげて下さい。
「そんな事しちゃ駄目だ。」と。
誰がやっているか?なんて分からないので直接ご指導をお願い致します。

私はTeamFITTEのチーム員は物分りの良い方達ばっかりだと思っておりますので、その時にご指導頂ければハッと気が付ききちんとマナーを守って走っていただけると思っています。
皆さん聖人君子ではないのでたまには間違った事をしてしまう事があると思いますが直に修正して頂けると思います。

そして、このような件に関するメールは送信していただいてもお答えできかねますので、直接のご指導のほど何卒、夜露死苦お願い致します。

チームの掲示板に書けば済む事なのかもしれませんし、みんな仲良く走っているのに水を差すのもなんなんですが必要な事はサイクリングロードを走る皆さんにもとりあえず伝えないとと思って書きました。
以上、駄文にて失礼!

この記事をはてなブックマークに追加

予定と実際(10/12~10/18)

2009年10月12日 13時40分53秒 | トレーニング
10月12日月曜日
走りに行く予定です。
チーム的には物見山周回練習ですが私は午前中限定なので往路も別行動かも?


実際は結局、出稽古とさせていただきました。
度々お世話になっている奈良さんにお願いしちゃいました。
さらに、清澄坂ではスーパーアシストまでしていただいちゃいましたが、前にはチョット届かず終いでした。
僕が弱すぎです。というよりチーム物見山のどなたでしょうか?強かったです。

今日はLOOK比率が高くてカッコイイ集団でした。
一緒に走っていただきました皆さんありがとうございました。


火曜日
いろいろな反省の意味も込めて白石峠にでも行ってくるかな。
できればベストタイム24分58秒を更新したい。
もしくは道中もビューッといって27分ぐらいで登れれば良いな。
起きられなかったらハードローラーします。

朝予定通り5時に起きる。
右膝の中が痛い、ハムストリングから右膝裏が痛い。
こんな時に無理をすると長引く。
よって本日の練習はお休みです。
白石峠は逃げていかない。
ローラーも乗らないことにした。
気休めに乗っても意味がないどころかかえってマイナス。
俺は練習番丁になりたいのではない。
と言い訳が沢山、山積み、てんこ盛りです。
展示会に行ってきます。そしてレースの宿の手配やら、お客様への御礼やら、銀行業務やらちょっとした仕事をして、明日の午前中をフリーにしたい。
そして超回復をして明日の午前中のトレーニングに挑みます。


水曜日
展示会の為、午前中早くからお仕事の為練習できない。
この日をOFFに充てることにする。
その為、定休日の火曜日はロングか追い込む練習をする。

実際は昨日展示会に行っておいたので午前中に練習いたしました。
つまらないけど一番効率の良いローラートレーニングです。
15分アップの後、1分ソリア×12本でソリアとソリアの間はメディオより少し低いぐらいで4分を90回転以上でつなぐレースに近い走りをしました。
30分を過ぎたあたりから負荷は変わらないのにレストの最中も心拍数が150拍を切らなくなりました。
1時間20分乗っておしまい。
しっかり追い込めたと思います。


木曜日
午前中、乗る予定。オフ日の翌日なので追い込む予定。

実際には、昨日仕事を引きずり遅くなってしまったし、昨日のトレーニングで追い込んでいるので5時に起きるも二度寝モードに突入。
本当は実走を3時間くらいしたかったのだが、結局ローラートレーニングとなりました。
筋肉の疲労回復に重点を置き回転数90回転を切らないように、1時間15分乗っておしまい。
ある程度のスキルトレーニングにはなっているはず。
でも、明日こそは3時間は軽くでも実走したい。


金曜日
午前中軽く乗る予定。

3時間走の予定で一度起きるも最近の荒川のことを憂えて(20キロって、、、。)、二度寝モードに入ってしまった。
でも情けない自分に鞭を打つ為?に水曜と同じローラー練習をやった。
鞭って響きが気持ち良さそう???
水曜日より気持ちいかった!
ではなくて、かなり楽に感じた。たぶん乗る前に食べておいたお陰。(二度寝する前だから3時間前)
補給っていうか、食事って大事。
30分過ぎから心拍は下がり難くなったが水曜日よりは本当に楽。
1~11本は53X14T、12本目は53X13Tで。
1時間20分チョット乗っておしまい。
やらないよりやった方が良い。確実な進歩を感じる。



土曜日
K練予定。
誰か一緒に午前中走る方いらっしゃいますか?
6時岩淵水門スタートで120km走って10時チョット前に帰還予定です。決定です。

自宅から岩淵水門までの往復を入れて140kmチョットいつものコースを走る。
同行者はFITTEの西東京支部のお二人。
サイクリングロードは抑えて走り、一般道に出てからアゲアゲで!
ちゃんと上げておきました。
古屋さんの走りが積極的で良かった。
あの走りを続けていけばすぐにステップアップできるはず。早く同じレースを走って欲しい。
おがわさんも明らかに足の形が変わってきている。確実に進歩していると思います。
お付き合いいただきありがとうございました。
参加者がいないと中止にしてしまうので本当にありがたいです。

明日はTeamFITTEが群馬100kmで暴れます。

AクラスはTeamFITTEに注目です。大挙して参加します。たぶん超積極的に行くでしょう。
逃げるかもしれません。そうじゃないかも知れません。たぶん作戦は立てないと思います。できれば優勝して欲しい。

Sクラスは残念ながら参加者がいません。(故障の為、不参加。)が、こちらも面白そうなレースになりそうですね!メンツが濃い!あ~、走りてぇ~。

実は僕が密かに期待しているのはBクラスでのチーム員の優勝です。
今日彼の足を見たときにあとは気持ちだけだと思いました。

皆さん頑張ってください!!!!


日曜日
午前限定で軽く走りたいのですが、誰か一緒に走る方いらっしゃいませんか?チーム員と新木場練習会をいたします。

新木場で午前中に100km走ってお終い。
参加表明して下さったチーム員のみなさんありがとうございました。
おかげさまで良い練習になりました。

この記事をはてなブックマークに追加

OPERA

2009年10月07日 21時17分20秒 | PINARELLO
プロロードでも使用されたPINARELLO製のOPERAとはどんな風に生まれたのか?

OPERAは言うまでもなく総合芸術であるが、そこを目指したのか???

PINARELLOがDEDAと仲良くアルミやマグネシウムの開発に当たっていた頃、そのしがらみから、なかなかフルカーボンフレームの製作にかかわれないでいた。

しかしながら、カーボンフォークやカーボンバックなどは当時、世界最高の技術を持っていたと思われるTIME社の技術力を吸収すべく新たなデザインを起こしてOEM製作してもらう。

その後さらに別ブランドを起こすという奇策とも思われる行為によってしがらみを越え、TIME社の技術を吸収することによって出来上がったのがOPERA。

そのフルカーボンモデルが、レオナルドFP。

今回ご紹介するのはTIME製OEMから脱却してピナレロが初めてフルに製作した二代目LEONARDO FPです。
イリュス・バレアレス時代マンセボーがツール・ド・フランスの表彰台に上った事もある二代目レオナルドFPです。

なんという事でしょう、この時代にして既にオーバーサイズB.Bを採用していたことが素晴らしいです。

PINARELLOの先進性が伺えます。(でも時期尚早で受け入れられなかったので今はアダプターを使ってシマノやカンパのノーマルB.Bを使います。)

半端な価格では皆さんが納得いかないと思いますので、一切の利益なしでご提供しようかと思います。
51.5cmの、この一本限り、¥230,000でお願いします。(通販番組風)

発売当時は
「スプリンターの爆発的な脚力を受け止める46HM3K カーボンの圧倒的な剛性感、クライマーのペダリングトルクを余すことなく推進力に変えるM.O.st オーバーサイズボトムブラケット、そして、トルクを掛ければ掛けるだけ加速していく胸のすくような加速感など、すべてが高い次元でまとめ上げられたプロ用機材だ。
それでいて振動減衰特性は非常に優れており不快な路面からの振動や、身体への負担は最小限に留める。
46 トン/mm平方という非常に高い引っ張り強度に耐える、ハイモジュールグレードのユニディレクショナルカーボンを採用したこと、徹底したR&D により設計された機能的なデザイン、プロの実戦によるテストによりレオナルドFP は誕生した。」
と謳われました。

カタログ重量は990gとなっていますがもう少し重いです。
たぶん色を塗る前の重量だと思います。
どうしても表記重量で1キロを切りたかったのでしょう。
でも重い分安心して使えます。
耐久性があります。
FITTEの登録選手が何年も使っていますが壊れておりません。

当時の価格:497,700円が¥230,000いかがでしょうか。
展示品1本限りです。
弊社としては1mmの妥協も入っていない価格です。
2008年までは現役モデルでした。2009年にスーパーレオナルドが出てくるまでは、、、。

ちなみに対面販売のみ受け付けさせて頂きます。
(お電話でのお取り置きには対応させていただきます。)
追記
二代目レオナルドFP10月9日に売れちゃいました。お早い反応ありがとうございます。






こちらはFPになる前のアルミチェーンステーモデルで、踏んだときの反応の良さを狙った初代総長です。
ではなくて、初代LEONARDOです。
ここから現在に至るPINARELLOのカーボンフレームの歴史が始まったと言っても過言ではありません。
フォークとバックフォークはTIME社製です。(残念ながらバイブレーザーは入っておりませんが。)
メイン三角はイタリアメーカーのORIAが製作に一枚噛んでいたはずです。

発売当時の価格は¥501,900(税込み)もしました。
OEMで妥協のないもの(当時としては)を創るとしょうがないのかもしれないが高くて買えなかった人もいるのではないでしょうか?
今回は54サイズ1本限定でずばり!¥150,000でのご提供となります。(またまた通販番組風。)
追記
こちらも10/10に売れちゃいました。ありがとうございます。





こちらは、レオナルドFP の血を引くハイスピードロングディスタンスモデルです。
「フラッグシップモデル" レオナルドFP" と同じコンセプトでコンピューター解析によって設計されたフレーム構造を採用しながら、カーボン素材の引っ張り強度を46 トン/mm 平方から30 トン/mm平方に変更することにより快適性を向上させたモデル。
その特徴は、" レオナルドFP" が持つ抜群の高速巡航性と反応性を保ちながら振動吸収性をアップして、さらに一般ライダー向きに、長距離走行に対応させたところにある。
フラッグシップモデル" レオナルドFP" の血を引くハイスピード・ロングディスタンスモデル。それが“カノーヴァ・カーボン”だ。

設計・開発から製作に至るまで全てピナレロ社の技術スタッフが担当し、品質面についてもピナレロ社により保証されているオペラ。
この“カノーヴァ・カーボン”にも高レベルのピナレロテクノロジーがふんだんに盛り込まれている。
“OPUS”フルカーボンフロントフォークおよび“OPUS”CRS カーボンリアモノステーは、ピナレロの“ONDA”同等の性能を持ち、高速コーナリング、直進安定性、振動吸収性の全てにおいて最高の性能を発揮。
互換性を考慮しノーマルBB ユニットを使用可能なM.O.st オーバーサイズBBシェルは、BB 周りの大幅な剛性アップに寄与している。
採用されたカーボン素材"30HM12K" は見た目も大きな網目で他のフレームとは差別化されている。
すべての面においてハイスペックを採用しながら、コストパフォーマンスに優れたマシンに仕上がっている。」
と言われていました。

重量:1,150g(たぶん塗装前の小さいサイズを測っているんだと思う)
サイズ:55(180cmぐらいの人用)
カラー:ホワイト
価格:368,550円→¥150,000(フロントフォーク内側に小さい展示傷がございます。)こちらも1本限りのご提供となります。






こちらはダビデの彫像を思わせる造形美と機能性の両立をしたモデルとしてチョットだけ話題になりました。
「とにかく高レベルの剛性を求める競技志向が強いライダーにお勧めなのが、ハイドロフォーミングされたアルミチューブを採用したリアルレーシングモデルの" ジョルジオーネ" だ。
イタリアの彫像を思わせる躍動感あふれるハイドロフォーミングチューブの造形に加えて、その性能に定評がある"OPUSカーボンフォーク" & "OPUS CRS カーボンバック"、そして爆発的なペダリングパワーを効率よく推進力に変換する"M.O.st オーバーサイズボトムブラケット" を装備した実戦マシン。

" ハイドロフォーミング" とは、チューブ内部から液体による圧力をかけてアルミを変形させて成型する高度な加工技術で、従来法では不可能だった自由な造形が可能になった。
日本国内でよく行われるクローズドサーキットでのレースなどに適した通好みのレーシングマシンだ。」と言われていた。

要は、DOGMA FPのアルミバージョンだと思えば良いんじゃないか?と思います。
TIME製のOEMフォークだけで10万円の価値がある。
TIME製のOEMカーボンバックだけでさらに10万円の価値がある。
私は本気でそう思っている。
剛性はあるがフォークとバックのおかげで乗り心地はハードではない。

サイズ:55
重量:少し重いがレースするには問題がない。
カラー:ブルー
価格:354,900円→¥150,000(これも一台限りです。)



ただ価格だけで買うのではなくそのものの歴史を含めた買っていただきたい。
I LOVE ROAD RACER.

この記事をはてなブックマークに追加

カーボンフレームは、、、。(ちょびっと加筆しました)

2009年10月06日 17時46分42秒 | TIME
TIMEとそれ以外だと思います。

言い過ぎなのは分かっている。

こんな事を言っていると他ブランドが売れなくなっちゃうし、、、。
まあ、高いし誰しもが買えるブランドでもないのでいいか、、、。

でも僕が、何らかの形で証明しまっせ。
(新城選手の開花とTIMEフレームの出会いは偶然じゃないと本気で思う。)


ちなみにRXR ULTEAMがお安くなりました。699,000→¥538,000です。


Bboxカラーは専用カーボンハンドルが付いて\568,000です。
ハンドル単体が45,000なのを考えるとお買い得です。
ステムとハンドルは同じメーカーでないと怖いと本気で思います。

ステム付きTIMEに乗るならこのハンドルはマストだと思います。
現在私はTIME RXRのMONOLINKステムにシマノPROのVIBEカーボンハンドルを使っていますが、ステムクランプ部が動きます。
恐ろしいことです。

TIMEのカーボンハンドルはクランプ部分の内部にアルミを入れて強化して潰れ難くなっています。
なのでそんなに軽くは無いです。
でも私は使おうと思います。

で只今、予約受付中です。(消費税分ぐらいはおまけがあるかも、、、。)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

予定と実際(毎日加筆)

2009年10月05日 12時43分42秒 | トレーニング
今週は天気がずっと悪そう。

月曜日
練習はOFF(予定も実際も)

仕事は?
月末のレースの宿の手配等をしていてあまりはかどらなかった。
でもお陰で4人分良い部屋が取れた。

火曜日
天気予報があれだけど、一応外走り予定。
ローラーにする時にはSFR53X11T 負荷は最大の予定。

実際はローラートレーニングとなった。
アップ20分の後、予定通り53X11Tで1時間5分やりきった!たぶんこれぐらい走れれば目標を達成できるはず。
他人にとってはどうでもいい事だろうがたぶん46歳にして自分としては1時間なら過去最強の出力だ。
ダウンは10分。

定休日だけれども、午後から1件展示受注会。
TIMEのカーボンハンドルと振動吸収素材入りカーボンソールのシューズがとても気になった。
熱成型できるシューズというのが当たり前になってきた。
来シーズンはTIMEのシューズを2足かって履き回そうと思う。


水曜日
軽くローラーの予定。実走の場合も軽く走りたい。
(本当は荒川土手を走りたいのですが煽って抜いていく人がいらっしゃるので、、、。)

朝起きたらメチャクチャ腰が痛い。起き上がるのに1時間かかった。ウソではありません。
たぶん、昨日のローラートレーニングでのSFRのせい。
過去最強のトレーニングができた翌日は、過去最強の腰痛に襲われた。
それでも軽く血の巡りを良くしておいた方が良いと思われたので1時間軽めにローラーに乗ろうと思い自転車にまたがる。
初めの30分は本当に軽く回していたが後半は飽きてしまいチョビット負荷をかけてさらに30分合計1時間乗った。
これ以上は腰に悪い。と思う。
お風呂に入って仕事前のアップをさらに入念にした。

仕事は相棒がお休みの為そこそこにしたいな。→本当にそこそこになってしまった。

呼吸が困難なほど腰が痛く仕事どころではない瞬間が何度か訪れる。
とりあえずは今現在の体の状態で、できる仕事をすることにした。
セールの企画を立てましたので木曜日のブログは要チェックですよ~。

木曜日
天気次第ですがしっかり実走又はしっかりローラー(ソリア)予定。

台風で外は大変な事になっている。
夜は酷い腰痛&雨音で目を覚ますし、体調は強い運動を望んではいないようだ。
で、ローラーに乗る。
初めの20分は本当に軽く、実走だったらママチャリにも抜かれるような速度だ。
今日は心拍計まで動かなくなってしまった。
購入して4ヶ月の間に2回目だ。
気持ちがクサル。
腐ったまま練習していても意味がない。
いつでも練習をしない言い訳はいっぱいある。

人には「BIGネームに負けちゃだめだ!」とか言っているくせにお前は何をやっているんだと自問自答する。
「勝ちたくないのか?」と、、、。

スピードとケイデンスはきちんと表示するので心拍数の当たりをつけて後半40分は頑張った。

たかが1時間、されど1時間。

やったのとやらなかった事の差は大きい。

腰痛も少しうすらいだ。さて、今日はしっかり仕事をするぞ!



金曜日
軽くローラー又は軽く実走。

荒川の河川敷が汚れているのではないかと思い、ローラーに乗ることにした。
軽く20分アップの後、昨日あまり追い込めなかったので追い込むことにした。
ソリア&ペース走という変わった事をやってみた。

レースでは一気に心拍が上がる場面がある。
その後回転でペースを刻むのだがなかなか心拍数が下がらない。
そんな感じで70秒頑張って230秒ペースで走って心拍数が下がるのを待つ。
そしてまた70秒頑張る。
これを12本、プラススプリント60秒を1本。
死にそうに辛かった。
最後は目の前が真っ白になった。
アップ+1時間5分頑張りきった。

明日は天気が良いみたいなので距離と時間を稼ぎたい。午前中限定だが、、、。


土曜日
午前中はしっかり走りたい。(天気なら)
どなたか一緒に走ってくださる方(チーム員以外でも)いらっしゃいませんか?140kmを高速風味で。

前日に出稽古する事を決める。
チーム内だけで走るのではなく積極的に外に出て行くことも大事だと思っている。
「FITTEが動いたらマークORチェックしに行かないといけない。」と思ってもらう事も必要だから。
主にホビーレースのお話ですが、、、。

天気予報が外れ雨に濡れたが、かまわず待ち合わせ地点に行く。
羽倉橋を過ぎると何やら後ろにただならぬ気配を感じる。
なんと奈良さんでした。
「おはようございます。」
「本日はよろしくお願い致します。」などなどご挨拶。
チョコッとオシッコ休憩でプチ切れ。(まだ始まってもいないのに、、、。)
第二集合場所には若いのやらチョー若いのやらオヤジやら大勢の猛者たちが、、、。
拳を握り十字を切って「ヨロ乳首!」皆さんに一礼する。

若い子が走っているのが新鮮だった。なかなか頼もしい。

外に出ると自分の得意な所と苦手なところ、今の自分の相対的な状態が把握できて大変勉強になる。

現在、自分は2時間を越えると急に踏めなくなる。
練習量が足りない。
今年は仕事の都合上、練習量が確保できない事が初めから分かっていたのでここは気にしていない。
それで沖縄は初めから考えていなかった。

平地のスピードについては予定通り、まあまあ上がってきていると思う。

登りもボチボチ登れている。
ただ、今回は体重オーバーだったのか?上村さんー奈良さんのポンズラインに軽くあしらわれてしまった。
もっと精進してきますのでまた遊んで下さい。

皆さんのおかげで折り返し地点までは高速風味で走れました。
上江橋でサイクリングロードに入ってからは激遅ポタリングペースになってしまった。
それでも羽倉橋まで後ろに付いてきた人がいた。
見知らぬ人に後ろに付かれるのは不気味なものです。
「後ろに付かせて下さい。」
と言われれば気持ちよく合図も出します。お互い気持ちよく走りましょう。


日曜日
チームの新木場練習会。(天気なら)
アップ3+10周、アップと同じペースで13周走る予定ですので良かったら後ろに付いて下さい。
抜いていくときには車間距離をとって下さい。
宜しくお願い致します。

金曜日の筋肉痛が今頃出てきた。
間違いなくオヤジ化している。
朝から、脚をそっと触るだけで痛い。

それでも予定通り13周走り、2周ダウン走。
アベレージ心拍数130拍でこれまたピッタリ予定通り。
新木場はペースで走るのが良いかなと思った日でした。
ご協力ありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加

癒しの、、、

2009年10月02日 20時41分30秒 | LOOK
みみかき。

ってか、お掃除中(O.H)です。

只今、LOOKがお買い得ですよ。585と595ですけど、、、。

セール“ネタ”はいくらでもあるんだけれどもチョットづつにします。
「チョットだけよ!

この記事をはてなブックマークに追加