またたき街雑記

仕事と日々のあれこれを綴った雑記

想い出の宝物

2007年03月31日 | Weblog
僕がまだ20代の頃でした。

「天空の城ラピュタ」という宮崎さんの
オリジナル劇場アニメの作画をやらせて頂いた事が
あります。

当初、スタジオジブリは吉祥寺スタジオから
出発したのですが、その記念すべき最初の作品が
「天空の城ラピュタ」だったのです。

当時は僕の住む自宅から吉祥寺まではアクセスも相当悪く、
距離もそこそこありましたので通勤は結構大変でした。
けれど憧れの宮崎アニメに参加出来る喜びは
それを吹き飛ばしてくれていました。

宮崎作品は幼少の頃から見て親しんで来ましたが、
実際仕事として取り組むとなるとそう簡単には
いかないものでした。
それ以前に元テレコムアニメーションの人たちから
宮崎さんや原画の篠原征子さんについて
恐ろしき先入観を散々植えつけられていましたので、
僕の頭の中ではスタジオ全体がまるごと
ホーンテッドマンションと化してしまっていた
くらいなのです。


精神的硬直状態が続く中、
どうしたら宮崎アニメになるのか自分自身との葛藤は
毎日続いていったのですが…
暫くして最初の1カットが仕上がり提出したところ
宮崎さんがわざわざ僕の机にやって来て
こうおっしゃって下さいました。

「全く動きのタイミング変えなかったからね!」と…

僕は本当に嬉しくなり、その時を境に気持も
少しですが楽になっていきました。

その後、まだ緊張が消えないまま作業している僕に
宮崎さんが近づいてきて肩を揉んで下さった事も
ありました。

当時のジブリは基本的に出来高でしたので、
慣れないキャラクターでの緻密な原画作業は過酷で
ギャラは酷い時で五万円にしかならない月もあった程です。
しかし宮崎アニメに参加出来る喜びは何にも変えがたく
僕を支えてくれていました。

「ラピュタ」完成後、自宅にエアコンのなかった僕は
ジブリさんに頼んで机を借り、漫画「チト」の作業を
そこでさせて頂いた事があります。
その許可を出して下さったのも宮崎さんだったと
制作の方から伺っていました。

漫画はペンで描くのが当たり前の時代に
ペンを使うのが苦手だった僕は鉛筆で漫画を
描いていたのですが、その事も宮崎さんは既に
キャッチされていて、僕にフィキサチーフというものを
一本下さり、使い方も伝授してくれた事がありました。

実は漫画「風の谷のナウシカ」も「スケジュールがタイトに
なった時、鉛筆描きをした事があるんだよ」と
宮崎さんは話してくれましたし、「締め切りを何日まで
伸ばした事がある?」と質問されて翌月10日発売の
アニメージュなのに僕は前の月の25日と答えると
宮崎さんは「俺は28日!勝ったー!!」と言って仕事に
戻っていかれた事もありました。


「金魚姫」は、
アニメ「金魚姫のシャーベット」(パイロットフィルム)と
月刊ニュータイプに一年間連載された絵物語
「金魚姫の銀魚姫なココロ」の2種類が存在します。

その中の「金魚姫のシャーべット」はスタジオジブリの
アニメーターさんが5・6人作画を手伝ってくれております。
ですので、僕の描いたキャラクター表もジブリさんには
ある筈で…
当時、そのキャラクター表を見たジブリの原画担当だった
篠原征子さん等は金魚姫のその特異な表情集を見て
大爆笑して下さったと漏れ伝え聞いています。

なのに…どうして…

過ぎ去っていった時間の中で何が起こり
そして変化していったのか…
自分なりに考えてみますが、今もそれが
何なのか見つけられずにいます。




金魚救い

2007年03月30日 | Weblog
先日のNHK放送を見て、
不思議な偶然(?)をまた幾つか
発見してしまいました。

僕の描いた「金魚姫の銀魚姫なココロ」の
ストーリーは世界観を作る上で重要な要素が
あちこちに散りばめられているのですが…

その中に、

「オフィーリア」

「ワーグナー」

「ワルキューレ」

等も登場するのです…。

先日TVで紹介された内容を見ますと、
今回の宮崎アニメのストーリーには直接関係
しない(?)所だったのですが、
モチベーション向上の為の(?)音楽鑑賞が
ワーグナーの「ワルキューレ」だったり、
イギリスの美術館で感銘を受けた絵画が
ミレイの「オフィーリア」(シェイクスピアの
「ハムレット」)だったりと…

…やや大袈裟かもしれませんが、
僕は不自然な流れを感じてしまいました。

これらの音楽や絵画は誰もが嗜むものとして
ごくごくポピュラー(スタンダード)なものかも(?)
知れませんから…

創作の過程で印象に残った作品として
紹介されても一般的にみてそれは普通に
映るのでしょう。

…しかし、
残念ながら僕はそう思えなかったのです。

「金魚姫」という限られた枠の中で
こんなにも共通点が多いのは、多分…
単なる゛偶然゛では無く、
限りなく゛意図゛に近い何かの作用が
あってこの様な流れになっているのだと
感じるからです。

新作宮崎アニメの全貌が徐々に明らかになるに連れ、
自分の中で心配していた事は嫌な形で次々と
現実として押し寄せて来ています。


正直とても辛いのです…。


このまま僕の「金魚姫」は経済と言う名前の
モンスターに踏みつけにされてしまう運命
なのでしょうか……


今は偶然を装った共通点がもうこれ以上
増える事の無い様、
取りあえず祈るしかありません。

金魚姫の未来

2007年03月23日 | Weblog
沢山のアクセス、応援メール
本当に有難うございました!

デリケートな問題なだけに自分の
今の心境をブログで公表する事が良い事か否か
散々悩みましたが、
思い切って気持を打ちあけることが出来て
良かったと今は思っています。

「金魚姫」で検索しますと色々と楽しいサイトが
沢山見られます。
しかし、それはあくまでも個人的に愉しむ趣味の
サイトだったり、アニメーションとは別業界の
ものが殆どです。

天野喜孝さんの「金魚姫」にもヒット致しますが、
この件につきましては数年前に十分なお話を
させて頂きまして、双方共に納得の上、何の問題も無く
今でも良い関係を築かせて頂いております。

今回の件は公の席で突如発言されたという事もあり、
それがとても一方的なものだった様に感じられましたので
今でも信じられない気持でいっぱいなのです。

世界観とストーリーの違い、
そして本編には金魚姫という単語が登場しなければ
一切問題は無かったと言う事になるのでしょうか?

頭から疑問符は消えませんが、前進する為にも
自分は自分の思い出や希望を込めた
「金魚姫」ストーリーをこれからも大切に
育てて行くしかないと考えています。

゛思い通りにいかない時だって
人生捨てたもんじゃないって゛
(詞・宇多田ヒカルさん)
を取りあえずココロの支えにくちずさんで…

これからも楽しい作品を沢山描いていきたいと
思います。

応援して下さいね!






金魚姫な事件

2007年03月20日 | Weblog
今日、信じられない悪夢のような情報が
巷に流れました。

それはスタジオ・ジブリの新作、宮崎駿氏監督作品の発表
です。
僕は偶然新聞や情報番組で知ったのですが、
内容は「人間になりたい金魚の話」とか。

しかもプロデューサーの鈴木敏夫氏曰く、宮崎氏はその
ヒロイン金魚を"金魚姫"とお呼びになっているというのです。

“こういう事”のないようにと
僕は「金魚姫のシャーベット」&「金魚姫の銀魚姫なココロ」の
資料もソフトバンククリエイティブさんから出していただいた
拙著「名倉靖博の世界」に掲載したのですが…。

「名倉靖博の世界」はスタジオ・ジブリ内でもどなたかのご厚意で
社内で購入希望者を募って下さっていたというお話は漏れ伝え
聞いておりますので、金魚姫の事はスタジオ内でも認知されている方が
いらっしゃると思います。
今回の事はどの様に受け止めていらっしゃるのでしょう、
とても知りたいです。

宮崎さん、鈴木さん、
ランチュウのお母さんやリュウキン、出目金等が大活躍する
「金魚姫の銀魚姫なココロ」は
今だ映像化、漫画化両面で現在企画進行中ですから。

とにかく、今日の報道で僕は物凄くショックを
受けています。

何故?どうして?

何度も何度も自問自答の繰り返しです。
これから先も同じ業界内で起きて良い事、そうでない事はっきりとした
区分けがされる世界を強く望みます。

力関係で申し上げたら、僕の存在は僅かな風にも揺らぐ一枚の葉っぱ
でしかないのかもしれません。
でも、今回のこの試練は敢えて引き受けなくては
いけないものなんでしょうか?
答えられる誰かにそれを聞いてみたいです。

とにかく…凄く残念でなりません。

今はそれ以上何も考えられない状態です。