すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

変わった花姿・・アカンサス

2017-07-12 15:19:05 | 日記、雑感

名前はギリシャ語のとげに由来し、苞にとげが生えることから。

和名の葉薊(ハアザミ)は、ギザギザな葉が薊の葉に似ていることから。

 

 

キツネノマゴ科、原産地は地中海沿岸、草丈は90~120センチ、

 

 

開花期は6~9月、花穂は長く60センチ程で、多数の花が咲きます。

花は上部に赤紫色のガク、下部に刺のある苞があり

その間に白~淡いピンク色の花ビラがあります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草原に咲く・・河原撫子(カ... | トップ | 花壇の花・・イソトマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記、雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。