すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

砂地に咲く・・千代萩(センダイハギ)

2017-05-17 09:09:24 | 日記、雑感

名前は仙台藩の伊達騒動を題材にした歌舞伎「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」に由来。

別名のキバナセンダイハギは、別属のムラサキセンダイハギと区別するため名付けられた。

 

 

マメ科センダイハギ属、本州中部以北の砂地・草地に生育、草丈は40~80センチ、

 

 

開花期は4~6月、花色は黄色で、花茎に総状花序に蝶のような小花をつけます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 谷間に咲く・・谷空木(タニ... | トップ | 山野に咲く・・金銀木(キン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記、雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。