すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

深山に咲く・・筑紫石楠花(ツクシシャクナゲ)

2017-04-29 17:04:30 | 日記、雑感

名前の由来は九州地方に広く分布していることから。日本固有種で天然記念物に指定。

葉の表面は無毛で濃緑色、裏面には赤褐色のビロード状の綿毛が密生します。

 

 

ツツジ科、紀伊半島・四国(南部)・九州の深山に生育、樹高は2~4メートル、

 

 

開花期は4~6月、花冠は淡紅色で花径4~6センチの漏斗状で7裂します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本牡丹・・島大臣(シマダ... | トップ | 湿地に咲く・・沢小車(サワ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記、雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。