すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

道端に咲く花・・西洋蒲公英(セイヨウタンポポ)

2017-03-07 15:22:05 | 日記、雑感

「蒲公英」は漢名の「ほこうえい」に因み、タンポポの葉を乾燥させた生薬名です。

開花時総苞片と呼ばれる、萼のように見える部分が反り返るのが特徴です。

 

 

キク科タンポポ属、原産地はヨーロッパで明治時代に渡来し帰化、草丈は15~30センチ、

 

 

開花期は3~10月、中空の花茎を出し、黄色い舌状花の頭花をつけます。

舌状花の花冠裂片の先は5つに浅く裂けます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山野に咲く・・雪割一華(ユ... | トップ | ミモザの日・・銀葉アカシア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記、雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。