すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

和風の花・・京鹿子(キョウガノコ)

2017-06-19 15:19:13 | 日記、雑感

名前の由来は、京都で染めた鹿の子絞りに見立てたものです。

古くから庭園などで栽培され、茶花にも利用されてきました。

 

 

バラ科シモツケ属、下野草と越路下野草の交雑種、草丈は50~80センチ、

 

 

開花期は6~7月、枝先に集散花序を出し、ピンク色の小さな花をたくさん付けます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野に咲く花・・蛍袋(ホタル... | トップ | アルプスの妖精・・エーデル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。