すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

草原に咲く・・日光黄菅(ニッコウキスゲ)

2017-05-20 08:27:44 | 日記、雑感

名前は栃木県日光の戦場ヶ原に、多く自生していることから。

別名の禅庭花(ゼンテイカ)は、戦場ヶ原を中禅寺の庭に見立てたもの。

 

 

ユリ科、北海道~本州中部の山地の草原に生育、草丈は40~80センチ、

 

 

開花期は5~8月、黄橙色の6枚の花ビラがラッパ状に開きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メイフラワー・・セイヨウサ... | トップ | 幻の花木・・花瓢箪木(ハナ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。