すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

里山の春の訪れ・・紅白の梅

2017-03-06 14:34:44 | 日記、雑感

樹の花が殆んど咲いていない里山に、馥郁たる梅の香りが漂い始めました。

奈良時代の遣隋使が中国から持ち帰り、万葉集の頃は白梅が、平安時代は紅梅がもてはやされた。

 

 

バラ科、原産地は中国、樹高は3~10メートル、

 

 

紅梅;ピンク色の香りの良い5弁花です。桜に比べ幹がゴツゴツしているのが特徴です。

 

 

白梅;白色の香りの良い5弁花です。桜と異なり咲き方も散り方もゆっくりしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野に咲く花・・踊子草(オド... | トップ | 山野に咲く・・雪割一華(ユ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記、雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。