すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

湿原に咲く・・大苦菜(オオニガナ)

2016-10-14 13:52:35 | 日記、雑感

学明のPrenanthesは、下垂れした花の意味で、頭花を下向きにつけることから。

土地開発の影響を受け減少しつつあり、絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

 

 

キク科、近畿以北の山中の湿原に自生、草丈は60~150センチ、

 

 

開花期は9~11月、花径4センチ程の淡い黄色の頭花を咲かせます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パイナップルの香り・・パイ... | トップ | ユニークな果実・・風船唐綿... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。