gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

医師妻ケイコの年齢について

2017-06-15 09:12:57 | 日記
若かりし頃はそれなりにモテていた。それなりに容姿も平均的によくて、性格良くて、すっごいバカでもない限り大体が持てるのではないでしょうか。男子もそれなりに背が高く、性格も良く、ちょっと頭良かったらモテ男の対象になるのだろう。
でも年齢とともに老化が激しくなり、ここ最近は肌も若い時のピチピチ感がなくなり、シワやシミも気になっていく始末。いや別にモテたいと言っているのではなく、年齢には勝てない衰えみたいなものを感じてきたなと改めて感じるのだ。こんなこと言うとおばあさんみたいと想像されるかもしれないので、一応年齢は40歳から50歳の間とお教えします。この年齢の女性って本当に微妙。20代、30代の時にママをしていた時は一緒になって子供と走っていたのに、40歳過ぎた途端に子供と一緒に走るなんてと思ってしまったり、なんか無理はしちゃいけないなと妙に保守的になってしまったり。子供たちは確実にどんどん成長しているのに、自分は衰えていくことをふと感じてしまったり。だからなのか初めてお会いする方にお若いですねと言われたりする時とても嬉しさを感じてしまうのである。
それを家に帰って家族に、今日ね、ママ若いって言われたのと言うと、へーそうなんだ、とかまた嬉しがってるこのおばさん、とか言われる始末。なんかもう少し良い言い方があるでしょうよ。日本は若さに特権がある文化らしい。それは神宮など20年に1度新しく建て替えるとこからきていると言うのを何かの番組で見たことがある。その点欧州などは年齢が上がるにつれ素敵に歳を重ねていくマダムたちが多く、若さというものに何ら特権などはないのである。そうお城や建物も古ければ古いだけ価値があるみたいな。私もそうでありたいと思っているが、若さを一番気にしているのは誰でもない私なのであります。この矛盾。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医師妻ケイコの医師の本音っ... | トップ | 医師妻ケイコの息子の話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。