ひよりみっ!

俺にとって伊藤かな恵ちゃんはミジンコ!(かたなしくん風に)

たいていの人は何者にもなれない

2016-12-24 22:47:06 | 雑記
「ガーリッシュナンバー」見終わりましたよ。
お話としては成立してるんですが、キャラに思い入れはないな。というか、基本的にそうさせないように作ってるわけだし。
まほいくは、お話は酷いんだけど(クズの主催者の趣味だけで殺し合いさせられた)、キャラにはすごく思い入れあるわ。

この作品を見てあらためて思ったのは、「世の中は自分を中心に回っている」と無邪気に思っている人がけっこうな数いるということだな。
いや、そういう人も世の中には必要なんだけど、そう考えてる「無能」は周囲をかき回すだけだから迷惑だw
他人が自分のほうに合わせてくれると信じて疑わないんだな。
経験上、他人に「お前、人に合わせろよ」という人間は、自分の側から他人に合わせる気はさらさらないね。
ちーさまは、まったくもってそういうタイプだったと思います。
友達イコール「自分に何かしてくれる存在」と考えるタイプで、逆に言うと「自分自身は誰かから友達とは思われてない」のさ。

そんなちーさまが、自分を尊敬してくれる後輩と出会って、自分が誰かに影響を及ぼすことを知ったわけね。
アインシュタインが、「人間の価値は、手に入れたものではなく、与えたもので決まる」って言ってた。
ちーさまは、人からもらうことばかり考えていて、それがもらえなくなる日をおそれていたけど、与えられる人間にはなれるポテンシャルがあった。
その、ほんの少しの成長を描いたことが、この作品の値打ちだと思いました。
マジで、ほんの少しなんだけど、だからこそリアリティがあると思うんですね。
だからといって、ちーさまのことを好きになれたわけでもないところにまたリアリティがあるwww
そもそも、時間を守れない人間というのは、私の評価では論外だから。
時間を返せっていっても、どうやったって返せないわけで、それを人から奪ってるんだからね。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曜日感覚が狂っている | トップ | 全部堅かった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL