ひよりみっ!

俺にとって伊藤かな恵ちゃんはミジンコ!(かたなしくん風に)

乱歩とかドイルとかの方向性、つまり正しく子供向け

2016-12-13 20:27:29 | 雑記
さて、「びっくり館の殺人」を読み終わりました。
そりゃ、もとが子供向けだから、読むのは速いよ。
でも、館にちゃんと隠し通路があって、それに意味があるあたりは館シリーズでした。
そのうえで、あまりトリックを複雑にしすぎないあたりは配慮されてます。

内容ですが、犯人が誰かというところを追いかけるとあまり面白くありません。
そこは主題じゃなくて、むしろ犯行現場の状況がどうだったかというほうが重要。
そういう軸のずらし方は面白いですね。

すごいと思ったのは、誰でも知ってる時事ネタを作品に絡めてきたことよ。
私も、なんか引っかかるところはあったんですが、そのときが来るまでつながらなかったわ。
しかも、それについての伏線が不気味な形で張られていたというね。
というのは、やっぱりこの作品ホラーオカルト寄りなんだわ。
その不気味な感じは、冒険系推理小説のそれだと思うんですね。
そして、こういうのが入ってた方が子供にはうけるだろうと。
私はアレだ、ミステリはクリスティから入ったから、逆にホームズにはまらなかったんですけど。
まだらの紐とか、大人になってから読んだけど「これはないわ」と思ったw
ホラー系の文脈で読むと面白いんだけどね。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いたたまれない | トップ | キュアマリンみたいな感じ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL