田園調布の山荘

「和を以て貴しとなす」・・ 日本人の気質はこの言葉[平和愛好]に象徴されていると思われる。この観点から現代を透視したい。

170712 朝の散歩、昼の散歩(74)・・・朝露と川岸の雑草道、水難事故?

2017年07月14日 15時50分52秒 |  身近な自然(植木、小鳥、川)、ペット

 

「演習か?」と一瞬思ったが、すぐに「馬鹿な」と打ち消す。消防車?の壁には『水難救急車』と横書きされ、車上には大きなゴム製ボートが結わえてある。数台の救急車からは屈強な消防隊員がシュノーケルをセットしたコスチュ-ムで3人5人と降りて動き回っていた。その中に警察官もバラバラと・・。

 

ふと100メートルは離れていようか、岸辺の方を見やると、水難者を担架に乗せて急ぎ足でこっちに近寄ってくる一団が目にとまった。担架の後ろには10人以上の人が従いてくる。そしてその一団は私の目の前で止まった。待機していた隊員たちがすぐさま応急手当をはじめた ようだったが・・・。でも白い救急車はきていない。担架の上の 人は白髪の男性だった。この方は、私と同じような、散歩者だったかもしれない。うろうろしていると邪魔なので、急ぎ足手帰途に。「あの救急隊の数をみると、水難事故者はあの老人だけじゃなかったのかな」と、大きな事故ではないことを祈りながら、急ぎ足で帰宅した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 170706 朝の散歩、昼の散歩... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL