gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

父親の車にひかれ3歳男児死亡 「全く気づかなかった」 佐賀市

2016-11-26 09:11:53 | 報道・ニュース
23日昼すぎ、佐賀市で、3歳の男の子が父親の運転する車に自宅前ではねられ、死亡した。

午後1時20分ごろ、佐賀市の市道で、3歳の本村四道ちゃんが、43歳の父親が運転する乗用車にはねられた。

四道ちゃんは、病院へ搬送されたが、頭などを強く打っていて、およそ40分後に死亡が確認された。

四道ちゃんは、5人きょうだいの末っ子で、父親が、ほかの3人の子どもを連れて、昼食の買い物に出かけようと、車を発進させた際、右側の前輪に四道ちゃんがぶつかったとみられていてる。

四道ちゃんは、母親と留守番をするはずだったが、何らかの理由で外に出てしまったようで、

父親は「いることに、全く気づかなかった」と話しているという。

警察は、当時の状況を両親から聴くなどして、くわしく調べている。

辛い事故ですね。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死亡の3人は親子と判明 無理... | トップ | 横断歩道ではねられ小学生3... »

コメントを投稿

報道・ニュース」カテゴリの最新記事