gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なぜ…無資格で中絶手術、6日後に新妻死亡

2016-12-11 08:41:52 | 報道・ニュース
 東京・武蔵野市の産婦人科病院で、中絶手術を受けた女性が手術の6日後に亡くなった。遺族は中絶手術を行う指定を受けていない医師が手術を行ったとして、この医師を6日、警視庁に刑事告発した。

■今年7月6日に、結婚した2人。しかし、その8日後、妻(23)は突然、自宅で死亡した。

■夫(26)「(妻は)本当に病気とかも何もなくて、本当に健康だった。健康な人間が急に死ぬのかって」「これから3人で…幸せに暮らせていけたはずだった。それが1週間たらずでこんな結果になってしまったので」

■解剖の結果、死因は急性うっ血性心不全と説明されたという。原因はわからないが、心臓に大量の血液がたまり、心臓の機能が低下、突然死亡するというもの。

■夫によると、当時、みごもっていた胎児の発育が良くないと診断されたため、人工妊娠中絶手術を受けたところ、その6日後に急死したという。死亡と手術との因果関係はわかっていない。

■夫は6日、指定を受けていない医師が、中絶手術を行ったとして、医師を業務上堕胎容疑で刑事告発した。

■手術を受けたのは吉祥寺にある「水口病院」。この病院では、豪華な設備を売りにしていて、まるでホテルのようなベッドが。1人で個室を利用した場合は、1泊8万円だという。

■人工中絶手術の案内には「経験豊かな医師による安全な中絶手術」との文字がある。中絶手術は、母体保護法で都道府県の医師会が指定した医師のみに、認められている。

■これまで、病院は「法律に基づいた安全な手術」を宣伝してきたが5日、文書で、指定を受けていない医師が執刀したことを認めた。

■さらに、この医師は、今回の女性を含め12件の中絶手術を行っていたという。

■夫「手術が本当に原因じゃなかったのか、ちゃんと調べて欲しい」

■警視庁は刑事告発を受け、調べをすすめるとしている。

ちゃんと調べてちゃんと対処してほしいですね。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保育園前の横断歩道で親子は... | トップ | ホームで女性2人を次々突き飛... »

コメントを投稿

報道・ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。