私色の花

まだまだなんとか頑張って、私なりに咲いています。
離婚歴あり、40代後半女の日常などなど。
地味目なお話です。

「自称お父さん」の言葉

2017-04-06 00:06:25 | つぶやき


仕事帰りの買い物。
ドラッグストアの前で
以前の勤め先の同僚と会い、長々と近況報告。
懐かしいなぁ〜 ♪(´ε` )

彼女にはもうすぐ孫が生まれるらしい。
同い年の女同士で
人生こうも違うもんかと笑ってしまう。
今のところ、
離婚の事も、子供がいない事も、
少しも、一度も、
後悔はしていない。

私は、これでいいのだ。バカボン。


彼女とは、部署は違うけど
某ホテルで一緒に働いていたことがある。
私はホテル内の売店に所属していて、
勤務時間は昼から夜の閉店まで。
かなり充実した温泉施設があったためか、
夜はリラックスしたお客様と接する機会が多々あった。

ある日の比較的暇な時間帯。
お風呂から上がったばかりの、
自称、エステをしている娘を待つお父さん
(本当は娘じゃなく彼女じゃないんですか)

と、しばらくお話しをした。

お隣の市に在住、会社の経営者。
(自分はいかに社員のことを考えているかを力説!)
少し前まで私と同じくらいの歳の愛人がいた。
(なぜ別れることになったのかを詳しく説明。そんな話いらんし。)
長女は元モデルだが
彼氏にフラれてから精神的に病んでしまった。
(美しい長女の写メを見せながらの結局は自慢なのか?)
桑田佳祐とは大学の同級生で
この間一緒に食事をしたばかり。
(嘘なのか本当なのか…)

結構色々話してくださった。

そして最後に、
『今度一緒に食事しよっか!』
と自称お父さん。
『いえいえ、ご結婚されてる方とはちょっと…』
と私が笑うと、

アナタぐらいの人は
もう僕らみたいなのしかいないよ ( ˘ ³˘)


なんてお笑いになった。

えっ?なんだって? (´・Д・)」 失礼じゃねーか。

って思ったけど。
まぁいっか。
こっちが離婚暦有りの40代半ば(当時)だって話もした訳だし。
自称お父さんの口調も
軽いタッチで嫌味が無かった。
まぁそういう見方もあるかなって思って、
大して気にもしてなかった。
あれ以来、すっかり忘れてた…。

…けれど、昨年の後半、
あの自称お父さんの言った言葉が…
ずっしりと重く私の肩にのし掛かる。

アレは自称お父さんの口を借りた、
私の守り神様からのお告げだったのかも。
( ゚д゚)!


なんて思ったりもしてくる。

もう夢を見るのはやめなさい。
一人でちゃんと立って生きていきなさい。
もうこんなのしかいないんだから…。


ってことだったのかな…。


昨年後半にあった出来事は、
また今度ゆっくり。

本当に気持ち悪い! (;゚Д゚)

の一言。
そして更に、
なんだか自分が情けなくなって落ち込んだ。
その気持ちは、今でも微妙に続いている。



今日も最後は綺麗なお花で。


















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過ち | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。