Y2Mnext

livre

湊かなえ

2016-12-28 | レビュー/感想
これまで、『告白』『Nのために』『贖罪』『夜行観覧車』『往復書簡』『絶唱』を読みましたが、
どれも面白くてハマりました。
それぞれの登場人物が同時進行の視点で描かれており、テレビのチャンネルを切り替えながらストーリーが
展開しているという印象です。
人物の描き分けが見事で、モノローグという手法で書かれています。

私が好きなのは、『夜行観覧車』で、ある事件をきっかけにして兄弟のきずなが深まるということや、
また別の家族の絆が試されたり、近所のおばさんの心境の変化といったものが、見事に描かれています。
『小説』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Kindle Fire HD | トップ | 角田光代と蝉 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む