MR.コールマンの挑戦日記

セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴っています。

中学合唱祭

2016年10月01日 | 地域活動
芸術・文化の秋を迎えて地元中学校の恒例の合唱祭に招かれ、市立文化会館で開催された「合唱祭」に参加しました。
秋の文化祭として全校生が参加して歌唱力を競う合唱祭は、生徒会自らの企画で各クラスの実行委員が発表曲の選定から毎週の練習スケジュールなどを決めて、この日の合唱祭を迎えたそうです。
今年のテーマは「努力の結晶 高みを目指して 笑顔の歌声 響かせようで、会場一杯にその熱意が溢れていました。

各学年のクラス毎に選ばれた曲では、1年生では「COSMOS」や「大切なもの」「変わらないもの」・・・2年生では「愛の歌」「心の瞳」・・・3年生では、「信じる」「虹」・・・など、コンクールなどの聞き慣れた名曲が選曲されたいました。

各クラスとも7月から練習を重ねてこの日の発表会を迎えその意気込みを感じていました。
保護者席もほぼ満員となって子ども達の唄う曲に心を躍らせていたようです。

全校生徒と教職員、保護者、来賓が一緒に唄う全員合唱では「夢の世界」を唄い、 「微笑み交わして・・・さあ 語り合おう 素晴らしい僕らの 夢の世界を~」 と会場一杯に歌声が響き亘っていました。

全クラスの発表後には一番盛り上がる「職員合唱」で、生徒席からは先生の名前を呼びながら”ガンバレ~”と檄が飛んでいました。

唄い終わった後には、客席からアンコールを求めて「アンコール~アンコール・・・」の大声援が飛び、手を振り足音を鳴らして、先生と生徒の大合唱となっていました~

最後に優秀賞の発表では張り詰めた緊張が漂い、賞を勝ち取った瞬間には飛び上がったり、抱き合って喜びを表していましたが、その熱い気持ちが伝わってきました。
グランプリに輝いた3年生の「信じる」の合唱がアンコールされて、全校生が心一つになって歓喜を分かち合っていました。

合唱祭までの過程を振り返り仲間との絆を強めて充実した学校生活を過ごして欲しいと願い会場を後にしました。
会場の開館前に置かれている親子像も歓喜の表情示していたようです。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀ブラ~歌舞伎座・銀座プレイス | トップ | 第62回 一陽会絵画展 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アルルkan)
2016-10-01 10:23:15
全国的に学校での合唱、吹奏楽ととてもレベルも高く盛んになりましたね。我が周辺の街の学校も、毎年何か賞を取って大したことです。勿論ご指導の先生の熱心さでかわります。
孫の吹奏楽も先生も生徒も、年中休みなしで練習に明け暮れています。
声がきれいな時ですね (maria)
2016-10-01 14:42:22
こんにちは。
中学生の頃は声も良くて、さぞきれいな合唱だったことでしょう。
先生達も合唱されるのは素晴らしいことです!
korman さん達も地域の子ども達のサポートもご立派だといつも感心しております。

私も合唱をしますが、こちらはそろそろ引退の年頃かしら?、、、(^^;;
合唱祭 (korman)
2016-10-01 17:53:34
アルルkanさん  コンニチハ
中学合唱祭には、毎年参加していますが、小学生時に通学ボランテイアで見ていたあの子がこの子の見事な成長ぶりに驚きでした。
小学校とは考えられない先生と生徒が一緒になった盛り上がりでしたね。
合唱祭 (korman)
2016-10-01 17:57:56
mariaさん  コンニチハ
中学生では、心身共に成長が見られ、声も高音・低音が見事に調和して素晴らしかったですね。
教職員の方々も歌とパフォーマンスよろしく生徒達に大受けでした。
日頃見られない先生と生徒のコラボ演技でしたね。

コメントを投稿

地域活動」カテゴリの最新記事